2010年02月26日

EagleCreek Pack-It® Quarter Cube

普段、会社にいくときも荷物の量によってバッグを替えています。
スーツを着る仕事ではないのでバックパックだったり
ショルダーバッグだったりとかいろいろです。
そうすると、手帳やら名刺やらを移動させるのが面倒なことになります。
なにかをうっかり忘れることもしばしば。
そこで去年A&Fのファミリーセールで買った
EagleCreek Pack-It® Quarter Cubeの出番です。

packit1.jpg

この中に全部入れてこれさえ入れ替えれば大丈夫という状態。

packit2.jpg

中身は、コクヨの測量野帳のBePAL版の手帳とノート
3色ボールペン、シャープペン(大きめの消しゴムつき)
修正テープ、15cm定規、moleskinのカードケース
100円ショップで買ったコスメケース(目薬と絆創膏とお守り入り)
コンパクトカメラ、ビルの入館証

測量野帳がぴったり入るサイズなのが嬉しいところ。
なにげなく500円に惹かれて買ったCubeとQuickTripですが
普段使いとしてかなり重宝しています。
(QuickTripはチョークバックと液体チョーク、テーピング、歯ブラシを
入れてボルダリングのときに持ち歩いています。)

またセールのときに買い足そうと思います。

コクヨ測量野帳      Pack-It® Quarter Cube Pack-It® Quick Trip
  
posted by 書房 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

第44回青梅マラソン

ロードは好きじゃないとかいいつつもエントリーだけはなぜかしていて
ウダウダいいながらも最後は真面目に走っていたりとか。

oume.jpg

サハラで1日に走る最低の距離は30km前後。
青梅マラソンも30km。
このぐらいは楽に走れないといけないのかもしれません。
ゆっくりダメージを残さないように最後まで走ろうってことで
走り始めるわけですが、まぁ〜相変わらずなわけで。

走り始めてまもなく道幅が狭くなったところで渋滞。
キロ6分目標で走っていたら周りともペースが合わなくなっていて
チョイチョイ抜かすことになってしまうわけで。
気づかないうちに少しずつペースアップ。
3km地点でキロ8分ペースだと驚いてさらにペースアップしたけど
考えてみたらスタート地点までの時間が含まれていて
そんなには遅れていなかったことに後半で気づいたりしたわけです。

10キロぐらいでキロ6分に追いついてみたものの
なんとなくアップダウンが多くて嬉しくなってペースはそのまま。
折り返してあと半分で終りだと思うと力がでてきてペースアップ。
そんなこんなで後半はキロ4分半ぐらいでしょうか。
困ったものです。

そろそろ終わりだし平らで面白くないし、疲れたなって思っていたら
「まだ2時間半に間に合うぞ〜」
なんて、応援が聞こえてきて、うっかり間に合わせてみたりしてしまう。
そんな人間なのです。

当然ゴールしたらボロボロで。
次の日には走るつもりでいたのにそんな気力もなくなるほどに。
あーもう大丈夫なんでしょうか・・・・
posted by 書房 at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフ未満イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

久しぶりに御岳

mitake1001301.jpg

悪の組織の新年会の翌日。
お昼から御岳で久しぶりの外岩ボルダリングでした。
一人でデラシネに行く予定で準備してましたが
twitterをみたらHrobさんとワンワンとハンハンが
御岳に向かっているとのことでご一緒させていただきました。

今回は画像の溶けたソフトクリーム岩。
9級のスラブでウォーミングアップ。
って、これが本当に苦手でまだ落としたことがありません。
Hirobさんの熱血指導のもと何度もトライ。
腕に頼りすぎているのと左足に乗り込むのが苦手みたいです。
どうにかクリアできて裏側へ。

5級課題に取り掛かります。
これまた左足に乗り込む課題でかなりツライ。
と、いうか左足が上がらなくて大苦戦でした。
足がかかれば終わりなのに体が硬くて足が上がらないのです。
しかし、鬼教官はなんど落ちてもスポッターの位置から動かず
無言でもう一度と促してきます。
ひどい落ち方をして気持ちが切れそうになってももう一度。
硬い体をどうにかこうにか折り曲げて足を乗せ
踏ん張って乗り込んでクリアに成功。
教官にマジ感謝でした。かなり嬉しい。

つぎは3級課題。
Hirobさんもハンハンも初めての課題。
最初は初手からどこをとればいいかわからず。
あとから合流したばぶぅ先生のヒントでどうにか
Hirobさん、ハンハンとクリアしていきます。
私はといえば、5級課題でヘロヘロだったのと
初手の位置までどうやって体を持っていくかが分からず
まったくダメダメでした。
次に来たときはもうちょっとがんばりたいところ。

二人は凹角右に挑戦していましたが、左足上げる課題だったので
スタートすることもできず。
ここで休憩にしました。

mitake1001302.jpg

*450、Esbit titan wing stoveでお湯を沸かしてカップラーメン。
自作風防は使い物にはなりましたが、熱で変形したもよう。
使用回数に限度がありそうなので、テンプラガードと大差ナシかも。

この間に遅れていたワンワンが到着。
またスラブ面にいってワンワンの挑戦を見守ります。
なんかすぐにできるようになっててつまらない・・・
私も再挑戦してみましたが、またまた苦戦。
ワンワン師匠に教えを乞うことに(笑)

それから世界の7級王ワンワン師匠が7級を落すのを応援し
5級をカンベンしてやってるあたりで日が暮れて解散となりました。

つぎは3級ボルダーになれるようにがんばります。
posted by 書房 at 21:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

サハラへいきますよ。

いろいろな人に話をしているのでいまさら感が漂ってますけども
第25回サハラハラソンに参加登録をしました。
これから健康診断書を書いてもらわなくてはいけないので
確実にいけるということではないのですが
もうエントリー料も払いましたし書類も送ってあります。
会社も休めることになってます。

テレビで紹介されたりしているのでご存知の方も多いかと思いますが
なんとなくの概要。

6泊7日でモロッコを走るサハラマラソン。
水は毎日支給されますが食料は全部自分持ち。背負って走ります。
1日は18〜42km。
1回だけノンストップステージがあって2日で80kmぐらい。
今までのレースレポートからの参照なので今回はどうなるかわかりません。
現地にいかないと1日の距離とコースがわからないそうです。
募集のときには230km書いてあったのに
「25回大会だからちょっと増やして250kmにしておくね。」
と、年末にアナウンスがありました・・・
どうなることやら。

このレースを目標にいままで走ってきたわけで。
まぁ、そのうまくゴールできるといいんですけどね。
目標達成で終わるのか、それともその先があるのか?
いまから楽しみです。
posted by 書房 at 13:44| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サハラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

GOLITE ION

ion1.jpg

鳥さんに安売り店で買ってもらい、
昨日の飲み会のときに受け取りました。
えーRPMを持っている人が多くて山でよく見かけるようになったので
ちょいと外したくなるのは人情というものです。

ポケットもなければパッドもない。
シンプルな作りで形もきれい。
使い勝手がいいかといわれると微妙なところ。
でも、それは使い方の工夫次第だと思います。
とにかく軽量なのが魅力です。

ion3.jpg

たぶん、個人的に感じるであろうRPMとの一番の違いは
ショルダーパッドの厚みでしょうかね。
かなりペラペラです。

ion2.jpg

何度か開閉してみたらジッパー噛み易いです。
ちょっと注意。

って、廃盤になるザックの紹介をしかもまだ未使用で
やってどうするって話ですよね。
挑戦を叩きつけられたのでこれで冬山一泊を無理のない形で
やってみちゃってやろうと思ってます。
(無理のないような場所を選びます。)
posted by 書房 at 15:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 道具:袋系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

フロストバイト2010

横田基地内に入ってグラウンドシートを敷いていると
スタートが30分早まったとのアナウンス。
どんなですか?米軍さん・・・
(あとでネットで知ったところによると飛行機の離発着の関係だとか)
5kmの部は4キロもなかったとかなんとか
どんなですか?米軍さん・・・

fb2010a.jpg

暖かな日差しの中、サハラの練習をしてきました。
と、いうのも、あまりの練習不足。
ハーフでタイムを追うのは去年で終りにしたことですし
ここは一つ荷物を背負って走ってみるかと
RPMに着替え等の荷物を全部詰めて走ってみることにしました。
まぁ、逃げたともいいますが・・・

タイムによってブロック分けがありましたが
ゆっくり走るつもりだったのでだいぶ後ろのほうからスタート。
スタートゲートまで10分ぐらいかかってました。
にしても、すごい人。5000人越えてるとか。

fb2010b.jpg

辛くなったら富士山を見ろ!を合言葉に走っていきました。
今回は滑走路のすぐ脇を通るコースになっていて
飛行機や作業車が近くて写真撮りまくりでした。

fb2010c.jpg


給水所では立ち止まってバナナとオレンジを食べてレースを堪能。
重そうだね〜なんて声を掛けられたりしてニヤリ。
歩荷の部優勝狙ってますからね。
(この大きさで歩荷の部とか言ったら怒られるか・・・)

fb2010d.jpg

折り返してまた写真を撮って。
ゆるゆるとゴール。2時間15分ぐらい。
ちょっと腰が・・・
腹筋鍛えないといけないようです。

で、今回のトレーナー

fb2010e.jpg

青に青ってなにやってんのさ米軍さん・・・
クリーム色のトレーナーを着ている人がいて
ロゴもいいデザインだし期待できると思っていたのに・・・

それと今年はFinisherタオルがありました。
適当に配りすぎて最後のほうの人はもらえなかったみたいです。
かわいそうに。
posted by 書房 at 13:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

クレバス

やっとカメラを発掘できたのでバックリ割れた足元の写真公開。

DSCN3380.JPG

右上にのびている溝がトレース跡です。
怖かったです。
posted by 書房 at 12:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

青梅市のゴミ袋

ゴミ袋と言われすぎの我らがZpacks.comのBlastシリーズですが
2008年の東京都推奨から2009年の昔の青ゴミ袋を経て
今年から青梅市指定ゴミ袋に生まれ変わりました!!

zpackblast.jpg

いやぁ〜これはスゴイ。
昔、八百屋さんでみたような色をしています。
でも、これなら雪山に溶けてしまうこともありません。
草むらに溶けてしまうかもしれませんけども・・・

今回雪山で使ってみて、アタックザックとして使えるけども
あれやこれやのオプションが欲しくなってきてしまったところ。
買ってしまうかもしれません。
posted by 書房 at 12:11| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

白毛門

4時20分にワカンをつけて登山道へ入り14時30分に戻ってきました。
5人で7時間半のラッセル。うち二人(私含め)は冬山初心者。
疲労困憊でしたが、楽しい1日でした。

siragamon5.jpg

前日の夜に車で土合駅に入り。
天気もよく気温も高くて翌日雪の予報が信じられないぐらいでした。
車移動だったので食材も多目に持ち込まれていて
ステーキやらおでんやら豪華な食事になりました。

siragamon4.jpg

装備のチェックをして就寝。
最終電車で5人が降りて上ってきて駅泊は10人でした。

3時起床。
空には星が見えていましたが準備をしている間に雪が降ってきました。
仮眠用具を車に押し込んで歩き始めました。
登山道でアイゼンとワカンを装着して4時20分にスタート。
トレース後はまったくありません。
ラッセルをひたすら続けて上っていくのでした。

今回の装備は
ザック:Zpacks Blast26
ストック:BlackDiamond トレイル
アイゼン:BlackDiamond セラック(セミワンタッチ)
ピッケル:BlackDiamond レーベン Pro (60cm)
ワカン:なんか黒くて青いヒモのやつ
シューズ:Scarpa トリオレGTX
グローブ:BlackDiamond ガイド

FineTrack フラッドラッシュ(R)スキンメッシュ(ノースリーブ)
Patagonia キャプリーン3
Patagonia ウインドシールドジャケット
Montbell インナーダウン
The North Face マウンテンジャケット(たぶん・・・)
Smartwool ネックゲーター
Smartwool 靴下(なんだったっけ・・・)

Blast26は完全防水ではないし外部のポケットも少ないし
見た目はゴミ袋だし白で保護色だし
ヒモが細いし形がしっかりしていないけど
生地はしっかりしているので不安がなく手荒に扱っても大丈夫だし
なにより軽いので今回はお試し運用。

siragamon3.jpg

山で浮浪者がパン食べてるとかいろんなことを言われました。
でも、なにか1つ自分のスタイルで上りたかったんです。
冬山で使う道具は直接命に関わってくる道具なので
軽いとかどうとか言っている場合ではないのですけども
1つだけ好きなものを入れてみました。
とかいってBlackDiamond好きなので好きなものばかりのような
気がしないでもありませんが・・・

siragamon1.jpg

汗をかいてはいけませんとか言われてますけども・・・
そんなの無理!誰よりも汗かきなのです。
結局、最初から最後までフラッドラッシュ(R)スキンメッシュと
Cap3とアウターだけで行動してました。

siragamon2.jpg

話は戻りまして

ひたすら交代でラッセルを繰り返し上り続ける一行。
雪はひたすら深いのです。
先頭を交代したら休憩ということで食事休憩とかまったくナシ。
雪庇の横を通り、急斜面を上がり、何度かニセピークに騙され
2回ほど雪を踏み抜きグッタリしながら
ようやく松の木沢の頭に到着したのは11時50分のことでした。
ここまで7時間半もかかっているので撤退を決めてしばしの休憩。

そこに後ろから3人の登山者が。
8時ぐらいスタートで追いつかれたようです・・・
そのあとからも4人の人が。
だいぶ感謝されましたが・・・ドッと疲れもでました。
トレースあると速いのね・・・

記念撮影をして戻ります。
吹雪までは行かないまでも風は強くて
変えるころにはトレースあとも薄くなってました。
慎重に降りていってはいたのですが
雪庇の脇を来た道通りにあるいていると
グモモという音を立てて、すぐ脇の雪が裂けていきました。
とっさに反対側に倒れこむ私。
足元が掬われたわけでないのでどうにか助かりましたが
危ないところでした。
ヤマケイJOYの記事にもありましたけど、人間恐い体験をすると
笑ってしまうようです。
倒れこんで助かったと思った瞬間に笑っていました。
無事だったから言えることですが、よい体験をしたと思ってます。
山の恐さを実感しました。

少し反対側の斜面よりにコースを取り直して無事に雪庇地帯を通過して
林間に入っていったら一安心。
気分を取り直して尻セード。
尻セード用に袖がしっかりカバーされたアウターと手袋の組み合わせを
探し出さないといけないなと思いました。
テンポよく下れるようになって登山口に到着したのは14時30分。
長い登山となりました。

ラッセルに向いているみたいです。
あの見えないなにかと戦ってる感がたまらなく好きで
体力が続く限りラッセルを楽しみたい。
もうちょっと悲惨な状況になるかと思って覚悟していたんですが
気温もあまり低くなかったこともあって
汗だくな以外は終始快適に登山できました。
うっかり手袋を濡らしてしまうのは次回から気をつけないといけません。

今回一番のの反省点は水。
汗だくだったのに、10時間で350mlぐらいしか飲んでいません。
ハイドレーションが使えない状況でこまめに水を飲むって難しいですね。
もうちょっと意識して摂取しないといけません。
posted by 書房 at 14:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

風防と蓋

軽くて使い勝手のいい五徳にこだわる人が多いのですが
なにが面倒って風防ほどやっかいなものはありません。
テンプラガードはすぐにグニャグニャになるし
市販のものは高いし。
ここは一つ自作でもしてみますか!
と、いうことで

f5.jpg

アルミ缶2つ使って作ってみました。

f2.jpg

缶の上下を切り取って展開し端を内側に折り返す。
カップのハンドルに干渉しないように切り取って終り。

f3.jpg

表裏で組み合わせて

f4.jpg

合体させたて完成。
ウラオモにすることでテンション掛けてます。

f12.jpg

パッキングはこんな感じ。
にしても・・・

f6.jpg

このスキマをどうすんだよホント・・・

ってなことをやっていたら、哀れに思われたのか
某I氏からいま流行りのブツを恵んでいただいた。

f7.jpg

照明の周りに巻くアルミの板(?)
難燃性の紙(だったと思う)の間にアルミが挟まっていて軽くて丈夫。

f8.jpg

なんのなんの!我が風防だって!

f1.jpg

悲しくなってきたのでこのへんでやめよう・・・

ダイソーで噂のスノピ450シングルマグにピッタリの蓋を買ってきました。
プレゼント用缶の裏蓋です。

f11.jpg

ピッタリすぎで笑います。
すぐ錆びると思いますけど100円なので。

f10.jpg
f9.jpg

取っ手の分だけ軽い感じでしょうかね?
蓋高いし品薄だしと思って躊躇している人にはオススメです。
posted by 書房 at 12:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。