2009年11月30日

チームリガード第3回練習会

あー写真がー・・・・・・・・・・・・・ないです。

今回は私的ホームコースの青梅丘陵でした。
風の子太陽の子広場の管理棟に荷物を預かっていただいて
まずは広場でウォーミングアップ。
寒いのでその場でモソモソストレッチではなくて動的ストレッチで
大またで歩いたりスキップしたり。
どうも右に曲がってしまうのは、やっぱり体のバランスが悪い?

体が温まったところでハイキングコースに移動してラン開始。
行き慣れたコースなので距離感もあるしペースも分かりやすく
あまり良くないですけど、ちょっとユルユルモード。
曇りながら視界の開けたところで見る景色は気持ちのいいし
走れるところが多いのでかなり楽しいファンランとなりました。

いくつかのピークを過ぎたところでみやち隊長の個別指導が入りました。
マンツーマンで走って修正点を教えてもらえるという貴重な経験。
メンバーかなり全力で走っていきますが・・・
私はレースペースでゆっくり下ってみました。
脇が開いているのを直したほうがよいそうです。

それからまたしばらく快適に走って急坂を登ると雷電山。
少し休憩をとって体が冷えきる前に戻ります。
後半はフリーラン。
以前よりは走れているような気がしました。
途中からゆっくりジョギングペースで晩秋の青梅丘陵を味わいました。
最後は矢倉台付近に集合してゆっくりダウンジョグ。

走り終わったらトレーナさんから足のオーバーユースチェックの指導。
膝のお皿をグリグリこねたらゴリゴリしてどうもオーバーユースのようです。
対処法はアイシングだそうです。
私は足首のこともあるので走ったらとにかく足全部をアイシングしないと
あとあとヒドイことになってしまいそう。大事にいきたいと思います。

みやち隊長の誕生日祝いということでサプライズケーキプレゼントありーの
かなり薄着のまま寒い思いをして河辺まで移動して梅の湯に入って
いっぱいやりーので充実した1日となりました。

そういえばトレイルを走っている人ってみんな足が細い?
posted by 書房 at 15:57| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | チームリガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

チームリガード結束の会

週末は書くことがいっぱい。

re.jpg

講師みやちさんの経営する(笑)カレー屋さんフレンチ&パスタのお店
カフェ・ド・シテでリガードの飲み会が開かれました。
お住まいが遠かったり都合のつかない方もいて
全員というわけにはいきませんでしたが楽しい会になりました。

メインの話は・・・なんだったか・・・
ワンダーXワンダーだったかなぁ?
鏑木さんの話が多かったかな。
チームリガードの女性陣は鏑木派が多いみたいです。

UTMBに出たいよねって話やら
リガード製品は黒すぎるやら
今後のレースのこなどなど
とりとめなく話は続いていくのでした。

講習会はあと1回。本番までひと月ありません。
短い間のチームですが、最後まで楽しく走れたらなと思います。
posted by 書房 at 12:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チームリガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

チームリガード練習会2回目

カメラの電池が切れているのか壊れているのか不明ですが
使えなかったので写真がありませぬ・・・

みたけ山のケーブルカー滝本駅に集合して
レースコースの試走をしました。
今回は取材が3つ入っていてかなりの大所帯。
小学生のころの遠足を思い出しました。

記念撮影と雑誌用の撮影をしてから準備体操をして
スタートの長くて急な舗装路を山頂に向けて上がっていきました。
走ったのは1/3ぐらいですか、もっと少なかったですかそうですか。
体育の日の24時間かけっこ以来、足が重くて仕方がなかったのですが
山に来るとそんなことはすっかり忘れてハシャぐのは仕様ということで。
山頂近くではお約束のダッシュ。
無駄に体力を使うのが山の男なのです(誰?)

御岳山駅で荷物をピックアップして終了後お風呂でお世話になる
宿坊、駒鳥山荘へ。荷物を置かせていただきました。
駅まで戻って饅頭を2つ食べて再出発。一路大塚山へ。
やっぱり、トレイルはいいものです。
平行移動で走っていって大塚山手前の分岐でコースの説明がありました。
去年のレースでミスコースをした場所。
大塚山をぐるっと回って同じこの分岐にでてきます。
ミスはもう1度大塚山に向かう道に入ってしまったということでした。
あやうく無限ループに陥るところだったのです。

そこから少し進んで広めの上りでレクチャーを少し。
大塚山頂へ着いて記念撮影をしたら下りのレクチャー。
レクチャー直後にナゼか走りたくてウズウズしている人に
見えたらしく先頭で出発。
スピードを出せる気持ちのいい下りで嬉しかったのは事実ですけども。
一度神社に出て階段脇から鍋割山方面へ。
天狗岩手前で転倒した人がいましたが大事にはいたらず。
岩に登って一休み。
ロックガーデンには人が多いのでゆっくり観光気分でキレイな景気を
堪能しました。
太陽がよい位置にあって神秘的になってました。
綾広の滝では滝行する青年実業家の人まで現れるしまつ。
トレイルランのいいところは走りながらも自然を味わえるってところですが
はしゃぎすぎには注意です。

綾広の滝からグッと高度を上げてアクバ峠へ。
トレイルに入ってからは一番の上りですがスタート直後からみたら
かわいいもんだと個人的には思います。
このあたりで参加者に疲れが見え始め静かになっていました。
それを察したブルータグスタッフが鍋割山手前の上りで猛ダッシュ。
盛り上がりましたね。少し下を向いていた顔が笑顔に戻っていました。
残念ながら着いたのは1つ手前のピークでしたけど(笑)

そんなこんなで鍋割山に到着。
一息いれたら急降下。のところで急な下りのロープレクチャー。
の、直前に足を滑らせて尻餅・・・ハズカシイ・・・
レクチャー後はみんな慎重に下っていきました。
奥の院へ上り返してまた急な下り坂。
レースでは追い越し禁止区間のはず。
長くて下りにくいのを我慢して降りきると、ゴールまでもう少し。

最後もやっぱりお約束の階段ダッシュ。
あの、最後の角を曲がってからやっぱりちょっと心が折れます・・・

ストレッチを済ませたら駒鳥茶屋でお昼。
おそばが美味しいといわれているのにお米が食べたくて親子丼。
それから駒鳥山荘に移動してお風呂でゆっくり。
山荘のご主人馬場さんや参加者の人と少しお話をしてから帰宅しました。

で、肝心のリガードのお話。
チームに参加してから山で走るときは必ずタイツとソックス履いてます。
前にも書きましたがタイツはかなり効いている気がします。
少なくとも走っている間は足がだるくなることがありません。
ハセツネでも最後まで走れましたし。
膝より上にほとんど締め付けじがないので後半脚を曲げるのが
面倒になるようなことにもならず、股ズレもしにくい気がします。
ソックスの効果はいまひとつ判らず。

3つほど問題があります。
1つ目は上のほうの締め付けがゆるいのでズリ下がってしまうこと。
紐でしばってもちょっと厳しいかなぁ。
2つ目はタイツとソックスの間に皮が挟まってしまうこと。
これは個人的な問題ですけどね・・・
3つ目はソックスの足裏についているゴムで中すべりしないのは
いいんですけども、そのソックスに指が当たって爪が死んでしまうこと。
ハセツネのときにも書きましたけど。痛いです。
このゴムとってもらえないでしょうか・・・?

新しいソックスは足袋型でないものを用意してもらいました。
タイツも履かないといっていた33のものを送っていただきました。
(足首がゆるい人にはいいそうなので・・・)
またそれで試してレポートしたいと思います。
posted by 書房 at 12:49| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | チームリガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

チームリガード練習会1回目

今回は武蔵五日市の駅から日の出山のコースでした。
ハセツネの最後の部分を逆走する感じです。

reg101.jpg

足をみれば全員真っ黒。リガード製品着用済みです。
駅前でストレッチを軽くやって中学校まで歩いて移動しました。

reg102.jpg

そこから軽くジョギングをしながら登山道へ。
初めてトレイルランをする人もいたので無理せずゆっくり上る感じで。

reg104.jpg

途中広いところでは宮地隊長の熱血指導が入ります。

reg103.jpg

走れるところだけ楽しく走ることを基本に休憩を挿みながら
ゆっくり日の出山まで。

reg105.jpg
(がんばっているメンバー(中央))

アクシデントがあって全員たどり着けなかったのは残念なところですが
山頂ではみなさんいい顔をされてました。
山頂についたときの気持ちよさ、走っているときの爽快感に加えて
たいへんなことキツイこと全部含めてトレイルランを
好きになってもらえるといいなと思うのでした。
(で、なぜ山頂で写真を撮っていないのか・・・?)

大休止の後、有志で御岳山までを往復することになり
私もコーラ飲みたさについていきました。
ほとんど平行移動だったので気持ちよく走れました。
走ったあとのコーラは格別ですね。

つるつる温泉まで下りたところで全員集合し
みんなでストレッチをして解散となりました。
その後は、各人それぞれの選択で温泉へ。

ゆっくりお湯に浸かったら

reg106.jpg

フルーティーでおいしゅうございました。

今回は走っていてとても調子がよくて今日レースだったらなぁ〜
なんて思ったりしたわけですけども
もしかして、これはリガード効果だったりするかもしれません。
今回ぐらいの距離(約20km)だとまとわり着くうっとうしさも
感じないですみました。
長距離を走ったときにどうなるのか、
最後まで着ていることを気にすることなく効果がでることに
期待したいところです。
(あと、耐久性も確認しないと)
posted by 書房 at 19:35| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | チームリガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

チームリガード結成式

今回からチームリガード参加者、スタッフの方々が
見ているかもしれないということを少し意識してお送りします。

チームリガードの結成式が行われました。
reg1.jpg

先生は自称青年実業家の宮地ふじおさん
主催はBLUETAG.JP
BLUETAGにはサイトの作り方に100も200もリクエストがあって
主催の企画なのにTOPにリンクがないとか
担当者ブログにもチームリガード特設ページへのリンクがなかったり
とかは早めに直していただきたいところ。

そんなことはさておき

都内某所
5倍の競争率を勝ち抜いた運のよい20名中17名で顔合わせです。
リガード製品の説明などがございまして。

reg2.jpg

キツめのソックスのはき方の指導が、あったりとかしまして。

自己紹介などがございまして。
スベルという一番やってはいけないことをやってしまったりしまして。
質疑応答では、トレイルランってどんな感じなのかってことを
なんとなく固める感じで質問がでていたり。

最後に記念撮影をして解散という流れでございました。

その後、33というキツめのタイツの履き方講座を興味がある人は
どうぞということだったのですけども
なるべくならタイツを履きたくない私としましては
いただいたもので十分と思い帰ることにしましたが・・・
ほかのみなさんは全員履き方を勉強されてました。
帰りづらいのなんのって(笑)
宮地さんが気を使ってくださって角まで送っていただきました。

さて、ここからが本編

今回いただいたものの紹介
まずは、GOREのジャケット

reg3.jpg

本当にGOREのマークだけという珍しいもの。
GOREだけあってしっかりした作りですが、その分かさ張ります。
ハイキングでは重宝しそうですけどもトレランではどうかというところ。
フードの鍔のところには少しパッドが入っていて
帽子をかぶっていないときでも額に垂れてくることがなさそう。
あとは色が・・・好みの問題ですけどね。
クマに間違われたくはありません。

reg5.jpg

裏地はペカペカで見た目ではムレそうなんですけどどうなんでしょう?
結局は運動量の問題になってしまいますが、
いつもGOREのレインウェアを着ていると蒸しあがってしまうので
通気性があるので快適なんて思いをしたことがないのです。

reg4.jpg

袖の作りは好きです。こういうの持ってなかったし。
この冬の活躍に期待かなぁ

それから、リガードのタイツとソックス

reg6.jpg

reg7.jpg

当然ですが、これは履いてみないとなんとも。
タイツに期待するのは邪魔にならないこと。
締め付けるのはよいのですが、疲れてきたときに
足を曲げる動作が億劫になるのはカンベンです。

reg8.jpg

ソックスの裏はイボイボの滑り止め着き。
5本指ソックスですごいマメができたことがあったので
指は分かれていないほうがよかったなぁ・・・
選ばせて欲しかった・・・

と、こういうヒネた人間なのでどれだけチームになじめるのか謎ですが
参加するからにはみなさんと仲良く、モニターとして協賛企業に
よいフィードバックができればと思います。
posted by 書房 at 14:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チームリガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。