2010年01月18日

フロストバイト2010

横田基地内に入ってグラウンドシートを敷いていると
スタートが30分早まったとのアナウンス。
どんなですか?米軍さん・・・
(あとでネットで知ったところによると飛行機の離発着の関係だとか)
5kmの部は4キロもなかったとかなんとか
どんなですか?米軍さん・・・

fb2010a.jpg

暖かな日差しの中、サハラの練習をしてきました。
と、いうのも、あまりの練習不足。
ハーフでタイムを追うのは去年で終りにしたことですし
ここは一つ荷物を背負って走ってみるかと
RPMに着替え等の荷物を全部詰めて走ってみることにしました。
まぁ、逃げたともいいますが・・・

タイムによってブロック分けがありましたが
ゆっくり走るつもりだったのでだいぶ後ろのほうからスタート。
スタートゲートまで10分ぐらいかかってました。
にしても、すごい人。5000人越えてるとか。

fb2010b.jpg

辛くなったら富士山を見ろ!を合言葉に走っていきました。
今回は滑走路のすぐ脇を通るコースになっていて
飛行機や作業車が近くて写真撮りまくりでした。

fb2010c.jpg


給水所では立ち止まってバナナとオレンジを食べてレースを堪能。
重そうだね〜なんて声を掛けられたりしてニヤリ。
歩荷の部優勝狙ってますからね。
(この大きさで歩荷の部とか言ったら怒られるか・・・)

fb2010d.jpg

折り返してまた写真を撮って。
ゆるゆるとゴール。2時間15分ぐらい。
ちょっと腰が・・・
腹筋鍛えないといけないようです。

で、今回のトレーナー

fb2010e.jpg

青に青ってなにやってんのさ米軍さん・・・
クリーム色のトレーナーを着ている人がいて
ロゴもいいデザインだし期待できると思っていたのに・・・

それと今年はFinisherタオルがありました。
適当に配りすぎて最後のほうの人はもらえなかったみたいです。
かわいそうに。
posted by 書房 at 13:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

フロストバイト2009

寒さが和らいでいるハズのこの週末。
横田基地は寒かったです。
受付後には小雨もパラついたりしてました。
相変わらずスタート前はグズグズでゆっくり楽しく走れればいいかぁ〜なんて。

そんななのでスタートも微妙に中段から。
スタートラインまで1分少々でした。
始まってしまうといつもの通り。
自分の気持ちのよいペースで走れないので人をかわし続けているうちに
どんどんペースが上がっていきます(毎回同じこと書いてますねぇ・・・)

1kmごとに距離表示があるのでありがたいことなのですけども
倒れていたりとかないところもあったり、短かったり長かったりなので
あんまりアテにはできません。
さすがアメリカ!そこにシビレル憧れるぅ!

2〜3kmの表示ではキロ4分半。
去年参加したこの時期の駅伝5kmでボロボロになったペースですが
5kmを過ぎても呼吸は乱れることなく快調に走れています。
ずいぶん成長したものです。
いままで一番しっかり走りこみをしての参加だったので
その成果がでていたようでした。

そんなペースで10kmいけたら最後までいけてしまうのではないかと
考えながら滑走路の周りを走っていました。
広くて気持ちがよい空間です。
すごい遠くのほうまでコースが見えていてもうんざりではなく
あそこまで走ればいいんだと考えられました。
調子のよい証拠です。
その後の建物の奥の道が予想以上に長くて多少ぐったりでしたけどね(笑)

折り返してから後続とのすれ違いでは知り合いを探したり
仮装している人をみて楽しんだり。
ちょっと、それに気をとられすぎてペースが落ちたような気がしないでもなく。
14km過ぎても呼吸は大丈夫でした。
もう一度滑走路の脇を回りこんでゴールを目指します。
折り返しコースの後半は距離が感覚でわかるので気持ちが楽なのがいいです。
和太鼓の応援にも力をもらいました。

さすがに17km過ぎたあたりで呼吸が荒くなって疲れが出てきました。
モーレツに追い上げてくる人とヘバッている人に挟まれて
自分のペースがよくわからない感じ。
次の距離表示を目指して1kmづつ消化していく努力をしました。
それが最後の最後で痛い目をみるわけで・・・

20kmの表示が出てきて、やっと終われると喜んで走っていました。
ほんの少しペースを上げたりして。
でも、感覚的に1kmを過ぎてもまったくゴールが見えてきません・・・
少しずつ応援の人が増えてきてゴールが近いのはわかるんですけど
確実に1kmを過ぎているのにまだまだゴールは先。
辛かった・・・
アメリカは山梨ぐらいヤバイ!

で、ようやくゴールが見えてくるわけです。
その手前でまだ30分に間に合うよとの声。
あと30秒ってのも聞こえてきました。
これはいっておかないと!
全力です。
ゴール前では写真に写るように人とずらしてゴールするのが常なんですけども
今回ばかりはそんなことをいっている状況ではなくて
とにかく必死でゴールしました。

1時間29分55秒。
自己ベスト更新です。
狙っていたわけではなくても記録が更新されるのは嬉しいものです。

ゴール後はお楽しみのはんばーがー・・・
frost1.jpg

並んでみましたが、あまりの列の進まなさに断念・・・
冷たいホットドックとチリビーズでカンベンしてあげました。
次参加するなら走る前に食べようと固く誓いました。

今年のトレーナー
frost2.jpg

地味になってませんか?
もっとアメコミでいいんじゃありませんか?
来年はよろしくお願いします。
posted by 書房 at 18:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

2008川崎国際多摩川マラソン

ようやく連続エントリーも最後になりました。

朝起きたらザーザー降り・・・
はいはいDNSDNSなんて思いながらノソノソと準備。
会場がいつものジョギングコースなので今日はゆっくりしてました。
これが完全に失敗。
まず、朝ごはんが遅い。2時間前に朝食とってるし・・・

さて、小降りになってきたので会場にむかいます。
2〜3人しか歩いていないのでちょっと心配になりましたが
等々力陸上競技場には大勢の人。
やっぱり、ロードレースはスゴイっすね。
受付にも長蛇の列です。来年は前日受付してくれないかしら。

todoroki20081.jpg

受付を無事済ませたら準備開始です。
家から全部着込んでいったので上着を脱いで番号をつけるだけ。
雨も上がってきました。う〜ん、しくじった感じです。
降り続けても寒くない格好でかなり重装備してました。
ロードのレースで初めてCW-Xを着たり、長袖でアンダーも着てたり。
気温もあまり低くなくて雨が降っていないなら半そでランパンでよかったのに・・・
予備は持ってきていないのでこのまま行くしかありません。
完全に失敗でした。

荷物をまとめて預けに行くと、ここも長蛇の列。
マイッタ・・・スタートまで20分ありません。
心の準備も体の準備もできないままトイレを済ませて
スタートに並んだのは2分前。当然最後尾。
それでなくても足の状態はあまりよくないのに。
今日はそれなりでいくしかありません。

スタートの合図からラインまで1分10秒
それからもうずーっと混雑の中。
CW-Xがまとわりついて足が速く動かないよ〜なんてことも・・・
コースは最初二子橋に向かって進みます。道路は完全規制で全面走れます。
広いはずなんですが・・・
橋の手前で折り返して土手の中に入って砂利道をガス橋まで走ります。
5kmのタイムは26分13秒。
23分ぐらいで走りたかったところですが混雑の中でどうにもならず。
タイムどうこういうより自分のペースで走れてなかったので気持ちが萎え気味。

混雑の中を蛇行を繰り返しているとペースいっしょの人がいました。
ずっと二人で並走して追い抜き続けました。
相手の人が意識していたかどうかは分かりませんけど私はすごい意識していました。
彼より遅れたらペースが落ちたということですから彼より遅くならないように必死で。

10km51分21秒。
ペースはあまりかわらず。ようやく人がばらけてきました。
丸子橋を過ぎてガス橋の手前で折り返してきた人とのすれ違いです。
100人ぐらいまで数えてみました。(意味不明)
ガス橋で折り返しと思っていたのにガス橋から折り返しまでがちょっと長い。
折り返してからちょっとペースが落ちてきたのか並走していた彼が前に出ました。
振り切られたら終わってしまうと必死でついていきます。
このころは抜くのも楽になっていてただ彼の姿を追っていけばよかったので
疲れてきてはいましたが、気持ち的には楽でした。
17km付近でその彼のペースが落ちてきたので前に出ました。
心の中で今度は自分がひっぱるぜぐらいの気持ち。
どうもちぎってしまったようですけど・・・

第三京浜の手前で折り返して舗装路に戻ったら後は野となれ山となれ。
腕時計のどこかのボタンを押していたらしくて途中のタイムも確認できない状態。
ストップウォッチに戻してみたらギリギリ自己記録に間に合わないペース。
でも、せっかくここまで走ってきたのだからと粘って走ります。
競技場の外周を半分回って中に入りトラックを半周してゴールしました。

todoroki20082.jpg

グロスで1時間38分58秒。記録証は即日ではないのでネットは不明。
グダグダのわりには速く走れてました。
足の状態もよくて服装も間違えず、並ぶのが早かったら記録更新できたかもしれません。
走ることに関してはそれなり満足できているので
準備段階での失敗が悔やまれるとこです。

ということで4週続いたレースもこれで終わり。
おつかれさまでした。
posted by 書房 at 16:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

第6回新宿シティーハーフマラソン

今年も参加してきました。
今回は諏訪湖マラソンで果たせなかった100分切りを
目指して調整、気合十分で臨みました。
気温は低いもののお天気はよくスタートに並んでいるときは
それほど寒さを感じなかったです。
地味だといわれないように新調したウエアのおかげかもしれません

目標タイム1時間35〜45分の場所に並びます。
久しぶりの緊張感に包まれスタート。
前回、前々回よりも前の位置で走っているにもかかわらず
場外へ出るときの渋滞が酷くなっていました。
それもそのはず。前回の参加者は3,760人で今回は4694人(エントリー)。
東京マラソン恐るべしといったところでしょうか。
外にでてもなかなか自分のペースで走れません。
日本青年館あたりまではかなりのスローペース。
そこからようやくペースが上がり始めましたが
競技場のわきを通って外苑東通りに抜けると
またちょっとペースが落ちました。
なかなかもどかしい・・・

そこから御苑トンネルまで我慢して徐々にペースアップ。
トンネル内の5km地点でのタイムは25分49秒
かなり遅れてしまいました。
さらにペースアップをします。
10kmまでなら自信をもっていけるスピードなんですが
ハーフの距離だとちょっと不安。
諏訪湖の最後が思い出されます。
ええい!ままよ!と。

その後は自分のペースで進めることができて気分良く走りました。
総武線(中央線)沿いに進むあたりのコースが好きです。
コース設計上、車が走れないようになっているので静かなので。

再び銀杏並木を折り返して10km地点を通過。
タイムは48分52秒(5km22分09秒)
どうにか遅れを取り戻すことに成功。
ギリギリではありますが・・・
どうにかこのペースを最後まで維持することができれば目標を達成できる。
大丈夫大丈夫と繰り返しつぶやいて進みます。
途中ワイナイナに抜かれたりしてうれしかったりしました。
(抜かれたタイミングの記憶があいまいですが・・・)

さらに1周して15km地点
1時間10分57秒(5km22分4秒)
この時点で100分切りを確信。イケルと。
なんだか重しが取れたように気分が楽になりました。
少し鼻歌まじり。(実際には歌ってなかったと思いたい)
気持ちが上向きだと体も動くようになっていきます。
同じペースのはずなのに今までよりも楽な気がします。
20kmは1時間32分51秒(5km21分54秒)
ちょっとだけですが速くなってます。
最後は疲れてペースを維持するのでいっぱいいっぱいでしたけど。
とにかくあとひとふんばり。
気持ちで勢いを作って進まない足を引っ張っていきます。
トラックで周りを見渡す余裕とかはなかったです。

そして、安堵のゴール。
1時間37分34秒で目標達成です。

なんだか不思議。
ずっと4分台後半で走れていたことになります。
いつからそんなタイムで走れるようになってたんでしょうねぇ・・・
月間走行距離も変わっていないし、スピード練習もしていません。
ただただ続けてきたことがよかったのかもしれません。
ここからが勝負のはず、本来なら。
でも私はハーフでのタイムアタックはもういいかな。
他のことにチャレンジしていくことで
ついでにハーフのタイムも向上していったらいいな。
楽しい距離のレースなので楽しく走っていけたらと思います。
posted by 書房 at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

諏訪湖マラソン

もう2週間前になりますが・・・

友達の参加に便乗していってきました、諏訪湖マラソン。
正直、足が重くてしかたがありません。
今回は1泊旅行ついでにゆっくり走るということで・・・
ゆっくり走るという・・・
ゆっくり・・・
今回は2時間ぐらいで・・・

ハーフの記録申告順ってことで3000番台でスタートラインに並びます。
申告のときは1時間50分ぐらいで出したはず。
全体だと真ん中ちょい前ぐらいですかね。
進み始めて1分ぐらいでスタートラインに到着したので悪くない位置でした。
湖を背にして川沿いを走り折り返して諏訪湖をまわります。
出だしの1km6分30秒。
確かに足は重かったんですが、自分としては6分で走っているつもりでした。
あわててペースを上げます。(これがすべての間違い)
周りのランナーとの距離が近いのが嫌いでとにかく密度の低いところに
出ようとしてもがいて走っているうちにどんどんペースアップ。
ゆっくり走ろうなんてどこへやら・・・
いつものことながら自分に呆れつつ、仕方ないのでそのまま進みました。

10キロ地点のタイムは50分。
このままのペースなら100分切れそうなところが、かなり微妙・・・
ちょっとがんばってみたくなっちゃうじゃないですか。
谷川真理ハーフマラソンのときに1時間45分で次の目標は100分切り
なんて書いたのを思い出して、これはひょっとしてなんて。

途中、明らかに塩分が足りなくて水を飲んでも吸収されてない感じで
私設エイドの人が用意してくれたスポーツドリンクのありがたいこと。
2回ぐらいお世話になりました。感謝感謝です。

どうにかペースを維持しつつ走り続けていたんですが、
16〜7kmの表示の位置がおかしい感じで
自分のペースが分からなくなってきてしまいました。
疲れもピークに達して足が前にでていきません。
18km以降もうどうにもなりませんでした。
とにかく歩くのだけは回避しなければと必死。

いつもなら最後の500mぐらいはスパートかけられるのに
まったくどうにもできなくて、ノロノロなゴールとなりました。
記録は1時間42分19秒(たぶんグロス) 総合1198位。
前半より後半のほうが遅いのは初めての経験です。
無理はするもんじゃないですね。

準備がしっかりできていないのだからゆっくり楽しめがよかったと反省しています。
そのくらい気持ちに余裕があるほうがこれからも楽しく走れるはず。
記録に向かってレースを走るのではなく、
記録に向かって練習して、レースでは楽しく走って記録更新がいいですよね。
ファンランナーなんですから。
posted by 書房 at 13:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

谷川真理ハーフマラソンの結果

ハガキで記録証が来てました。

タイム      1:49:59
ネット      1:45:01
10K通過タイム 0:59:14
種目順位     2542位/5780人中
総合順位     3099位/7179人中
(女性は10分ハンデ)

後半は追い風だったとはいえ、10Kまでのタイムと
その後のタイムが・・・
ちったぁペース配分ってもんを考えろって感じですよね(笑)
ってことで、ハーフのベストはこのネットタイムです。
ハーフの目標はあと5分縮めて100分以内かな。

さて、今日はなんだか調子よく走れました。
最初から最後までレースのことばかり考えてました。
走ることだけを考えられてるときは調子がいいし
気分もいいでものです。
走っていて楽しかったです。

エクステラ出たいなぁって・・・

今日11km 今月39km
posted by 書房 at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

新宿シティーハーフマラソン'07

今回は、どららさんのハーフ2時間切り達成をゴールでみようと
ずっとストーキング。(並走ともいいますが。)
足の裏が痛かったこともあって全力で走るのが怖かったとだけという話も。
マラソンに参加し始めて初めてゆっくり楽しく走った大会になりました。
それから、念願叶ってあの福田六花先生とお話することができました。
とても楽しいノリのよいおおらかなやさしい方でその後の食事にまで
誘っていただいてしまいました。

さて、ざっと走ったときのことを。

どららさんと六花先生のお友達の、りみさんと3人で
1時間45〜55分のところに並びます。
(ちなみに、りみさんは石川梨華似のお美しい方なのです。)
この大会はグロスでしかタイムがでないので、遅めの人はさらに
遅くなってしまうのが残念です。
スタート位置まで1分ちょっとかかりました。
そして、トラックの出口でまた渋滞。
この出口を全部開放するわけにはいかないんでしょうかね?

競技場の周りをまわったら四谷3丁目へ向かって、それから新宿方面へ。
今回は初めて御苑トンネルをくぐります。
トンネルに入ると辺り一面セピア色の世界へ。
立体感も消えて回想シーンに入ったようです。
車で通るとあっという間に感じるトンネルもそれなりに長くて、
その不思議な空間を堪能できました。
そこから高島屋の右にみて千駄ヶ谷方面へ曲がります。
あーなんか、新宿だなぁって。
こんなことろを通行止めしちゃって大丈夫なのかなぁ・・・
なんて考えながら陸上競技場に戻っていきます。

ここでりみさんがちょっとペースを落としたいとのことで離れることに。
このときは2時間で完走というペースで走っていました。
そのへんを目標としている人にはスタート時のロスを
取り戻す必要があってペースがちょっと速かったのかもしれません。
でも、最後までそんなに差がでなかったので
そこがつらさのピークのようでした。

競技場の外周まで戻ってきて2周目に入ります。
10kmのタイムは59分43秒ぐらい。
出だしのロスを取り戻すことができていて、
最後の端数を考えるとちょうどいいペースです。
どららさんの息が上がってきてしまっていのだけが心配。
でも、「2時間切りがこのペースならつらいけどがんばる」と
とても頼もしいお言葉。がんばっていきましょうや。

ここからは1周5kmの周回。
最初に入ったトンネルの手前で左折して回ります。
15kmのタイムは1時間28分でかなりイケてます。
この5kmは28分17秒。
このままいけば2時間切れます。

が・・・

15km過ぎたあたりで、どららさんがイッパイイッパイ。
もう声をかけると負担になりそうだったので
気を使わないですむように、私だけちょっと抜け駆け。
間に合ってちょうだいって思いを胸に一人旅。
(見捨てた?いやいやいやいやぁ(笑))

私のゴールタイムは手元の時計では1時間57分40秒。
ゴール脇でどららさんの帰りを待ちます。
やっぱり、ちょっと厳しいかなぁと思っていたところで
どららさんがトラックに入ってきました。
トラックに入ってからの3/4周がちょっと長くて
残念ながら2時間を切ることはできませんでした。
去年の自分を見ているようです。

ゴール後のどららさんの顔はとてもよい顔をされていたと思います。
どららさんの公式タイムは2時間2分2秒。スゴスギです。(笑)
1分ちょっとスタートまでにロスしているので
本当にあとちょっとなんですよ。
今回は残念でしたが、もう次回は目標達成は間違いないところでしょう。

ゴール後は早めに会場を後にして御茶ノ水の銭湯へ。
立花先生とスイスでのトレイルランレースに出ようと盛り上がり、
秋の休みの計算とかを始めてしまうのでした。
そして、入浴後のお楽しみは中華!
うまいよ中華、中華うまいよ。

そんな楽しい日曜日。
posted by 書房 at 19:46| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

谷川真理ハーフマラソン

1年ぶりのハーフマラソンです。
新宿シティハーフに出る予定なので今回は様子見のつもりでした。
ええと・・・そのつもりでした・・・
短気は損気ですよ、桔梗やさん!

とにかくすごい人、人、人。
1万人オーバーだそうで。
男性と女性のコースを分けなければならないぐらい。
道幅が狭いところだと2mないですから
すごいことになっちゃってます。
女性は川下に向かって、男性は上流に向かって10分後にスタート。
荒川河川敷に1万人はやりすぎです。

そんなところで、スタートしてからスタート地点までは4分50秒。
チップ計測なのでそこまでは走らないように(走れないともいいますが)
体力温存しつつ行進。

最初の1kmは6分4秒。
普段のジョギングの出だしよりは速いペースなんですが、
もうちょっと速くしたくて、ちょっとだけスピードアップ。
次の1kmは5分33秒。
まぁ、このくらいでいいかと、辛くなったらペースダウンでいいしね。
と、最初は思っていたんですけども・・・
(ちなみにタイムは全部手元の時計です。)

自分よりペースがゆっくりな人を抜くためには、その瞬間ちょっとだけ
スピードあげないといけないわけで、それを繰り返しているうちに
徐々にペースが上がっていってしまったのです。

5kmのタイムは28分20秒(33分10秒−4分50秒)
別段速いわけではありませんが、私にしてみたらメチャ速い。
それでもやめるわけにもいかず・・・
7km地点で折り返してきたトップランナーとすれ違い。
それでなくても狭い道がとんでもなく狭いことになりました。

10kmは54分15秒(この5kmは25分55秒)。
どんどん上がっていくペース・・・
1年半走っていると普段の練習時でもちょっとスピードを出せば
5分を切るぐらいはできるようになっています。こんな私でもね。
ただ、それでハーフを走れるかどうかっていわれたら・・・
この時点で明らかにオーバーペースなんです。
そう思っていたんです。

そして折り返し。
ずっと向かい風できてましたからここからはずっと追い風。
ペースを変えていないはずなのに徐々にタイムが上がっていきました。
15km地点1時間17分54秒(5km23分38秒)
呼吸がつらくなっていきます。
でも、もうここまできたら最後までこのままとペースを維持。
同じペースで進んでいる人をペースメーカーにして
引き離されないことだけに集中して走りました。

そして、厳しさに慣れてきたころゴールを迎えました。
トータルタイムは1時間45分2秒(1時間49分52秒−4分50秒)
最後の100mぐらいでペースメーカーにしてた人に
ついていけなかったのがちょっと残念でしたが
かなり満足な結果でした。
ゴール後にもらえるお手拭の気持ちいいことったら。
しばらく冬の寒さを忘れて余韻にひたりました。

昨日21.0975 今月68.5975
posted by 書房 at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

新宿シティーハーフ

走ってまいりました。お天気よくてよかったです。
今回は完走を目標としていますんで、2時間10分〜のところにならんでみました。
スタートして歩きだしたら、トップの人に抜かれちゃいました。
同じ競技に参加しているとはとても思えない差ですね。出口でるまで渋滞してるし・・・
外にでるとすぐにおトイレがあったので速攻で入ります。直前に入ったのに、スタート待ちの間にもようしてしまって・・・初めからこの調子だとあとがおもいやられます。
それからちょっといって3kmぐらい走ったあたりで、もう先頭に抜かれて周回遅れ。
気にしてもしかたないですが、本当に同じ競技なのかと・・・公道を走るところは道幅が狭く抜きづらそうでカワイソウでした。先頭2人が遅い人にちょっと引っ掛かったりして、タイムに影響してそうです。周回コースなのでしかたのないことではありますが。
さて、そんな人のことはこの際どうでもよく、5km走ったところでのラップ(手元の時計で)は31分39秒でした。抑えて走っていることもありますが、やっぱり最初の渋滞とトイレがひびいてますね。まぁ、このペースなら関門に引っ掛からずにすみそうです。
そこから10kmまではなにごともなく順調。ラップは27分42秒(トータル59分21秒)です。大会の高揚感からくるんだとは思いますが普段走っているよりもだいぶ余裕があってまだまだいけそうです。ちょっと夢をみて2時間を目標に切り替えます。順調にいけばこのままでもいけるはず。でもちょっと余裕があるのでペースを上げてみたり・・・
経験者の人にはもうお分かりかと思いますが、初ハーフでまだ1度も20kmも走ったことない人間が10kmの時点でこんなことやっちゃいけないって身にしみるのはそれから8kmいってからのことでした・・・
15kmの時点でのラップは26分39秒(トータル1時間26分)。このへんまではよかったんです。気持ちにも余裕がありました。それからちょっといくと小回りの周回コースになって中段の人を合流することになるんですが、ここで人がどっと増えて混雑してきます。そして、中段の人たちもそう速くはないのでペースがバラバラ。初心者の私は自分のペースがわからなくなってしまい、辛くなってきました。あまりにも沢山の人に抜かれていくので自分が遅くなっているかと錯覚してしまうんです。これは堪えます。精神的にかなりキツイ。そしてもう1つキツイことが。4周目は1回競技場に入ってから外にでるんですが、5周目の人はそこでゴールなんです。この振り分けがキツイ。あと1周あるのかぁ〜と考えちゃうんです。ほんとシンドかった。無理気味で走ってきたので足にもきてましたし。
それでも、足を動かすペースだけは維持しようと足を動かし続けてゴールすることができました。タイムは・・・・公式だと2時間15秒。15秒って・・・トイレ負け?
自分の時計だと1時間57分48秒なんですけどね。スタートからスタートラインまでが長かったというのが本当の理由なんですが、トイレ行かなきゃそれでも2時間は切れていたんですよねぇ・・・まぁ、生理現象は仕方ないですけど。

そんなこんなで、無事に初ハーフを完走することができました。
よかったよかった。
posted by 書房 at 15:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。