2008年06月02日

畦ヶ丸

我慢できませんでした。
雨が降っていようとかまいやしません。
キャンプする気マンマンです
nisitan.jpg
9時50分に西丹沢自然教室を出発。
橋を渡って沢に沿って進んでいきます。
雨は降り続いていますが雰囲気がよいので気分は上々です。
sawa.jpg
何度も川を渡り下棚、本棚を越えて沢と別れて山道へ。
それまでは緩やかな登りでしたがグッと急になりました。
ブナ、杉の中をゆっくり進み地味な畦ヶ丸山頂に着きました。(12時25分)
azegamaru.jpg
いやぁ、なんも見えません。晴れていても見えないですねコレは。
非難小屋で昼食。アルファ米に玉子スープ。
1時間ほど休憩してキャンプ場に向かいます。
モロクボ沢ノ頭、大界木山、城ヶ尾山を経由して道志村方面へ。
林道に出る手前で地図にない分岐であせりましたが
本来の道が崩落していてそのための迂回でした。
林道を川沿いに30分ほど歩いて道志の森キャンプ場に到着。
この頃にはもう雨もほとんど降っていなくて気分良くゴールできました。

風が強くてちょっと寒い思いをしましたが
21時ごろに止んでゆっくり寝ることができました。
道具の使い心地などはまた別に書ければと思います。

翌日はキレイに晴れて気分爽快。
とか歩いていたら暑いこと暑いこと。
アスファルトの上を1時間半歩いて道志山塊入っていきます。
山の中に入るとだいぶ涼しくて、「やっぱり山だよね」なんて。
今倉山から松山を通って二十六夜山、都留方面へ。
もうこのころはお風呂のことばかりを考えてました。
急な下り坂で足が痛くて耐え切れなくなったころ沢を抜けて舗装路へ。
芭蕉月待ちの湯でお風呂に入りました。
ぬるめのお湯で気持ちよかったです。
一息入れてから帰るのは初めてだったんですがかなり好いですね。
これからは温泉に入って帰るルートを選んでいきたいと思いました。

一泊してゆっくりあるく縦走ってほどではないけれど
いくつかの山を続けて歩くとハイキングの面白さが
広がっていくような気がしました。


posted by 書房 at 22:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまです。
天気に関わらずアクティブですね♪
畦ヶ丸から先は静かな山歩きが堪能できますよね。
ツツジはきれいに咲いてましたか?
キャンプのレポも楽しみにしてますね。
最近の私はぜんぜん山に行ってません…
記事を読んでいたらどこかに行きたくなりました。
Posted by hide at 2008年06月03日 00:09
>>hideさん

人がいなくて静かな山でした。
ツツジはもうちょっとあとみたいです。
道志山塊ではみることができました。

梅雨に入ってしまってなかなか山に行きづらい季節ですが
hideさんのレポート楽しみにしてます。
Posted by 書房 at 2008年06月03日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。