2009年12月29日

雲取山テント泊

今年最後のハイキングは雲取山1泊でした。
新しく購入した装備のチェックとアイゼン歩行の練習を兼ねて。

kumo1.jpg

鴨沢を8時48分スタート。
あまりにゆるゆるの道なのでここを走って下ったら楽しいだろうなと
ボンヤリ考えながら、今回は同行者がいるのでペースをあわせつつ
ゆっくり上っていきました。

kumo2.jpg

この日は暖かくて途中からCap3とFinetrackのアンダーだけで
歩いていても少し汗ばむぐらいになってました。
4人のお兄さん方と前後しながら11時24分に七ツ石分岐に到着。
今回はゆっくり雲取山までなので巻き道を選択。
ジワジワと高度を上げていきました。
前回のランでここを選択していたらどんなに気持ちのいい走りが
できたことでしょうか・・・
ダメな方を選んでしまうのがダメな大人の基本なのかもしれません。

kumo3.jpg

とりたてトピック的なことも起きずに石尾根縦走路に合流。
道の上の雪はすっかり溶けていました。

kumo4.jpg

振り向いた七ツ石の斜面には雪が。
巻いてよかった。

kumo5.jpg

奥多摩小屋の手前でお昼休憩。
小雲取あたりでは一面雪になってた記憶があります。
ちょっとこのあたりあやふやです。

kumo6.jpg

相変わらず富士山がキレイで以降富士山の画像ばっかりなんですよ。
電池切らすし・・・

kumo7.jpg

ということで雲取山に到着は14時30分。
ずいぶんゆっくり上ったものです。
一通りの記念撮影を済ませたら雲取山荘へ。

kumo8.jpg

北面は凍っていたのでここでようやくアイゼン装着。
エバニューのアイゼンは靴幅に合わせて調整が効くのと
装着が簡単でエバニューって?と思ってましたが買って正解だったかも。
ちなみにストックはBDのトレック、シューズはLOWAのメリーナGTX。

テン場は見事に凍った雪の中。
ピッケルがないので整地もままならず無理矢理設営開始。
細引きを石に巻きつけなんとか固定しました。

今回の夜のお道具
テント:ICI G-LITE。(画像がない・・・)
シュラフ:WMのヴァーサライト
マット:サーマレスト Women's ProLitePlus

気温は18時の時点で-5℃。真夜中でも-10℃はいってなかったかと。
外張り張らなかったせいで二人の呼気が結露して凍って
テント内に雪が降りました。
シュラフは三鷹のお店で騙されたと思って買ってといわれて
騙されてみることにした一品。
かさ張ることかさ張ること。荷物の1/3の体積でした。
そのぶんヌクヌクでしたけどね。
マットはジャストサイズだしサーマレスト中、最強の暖かさがあって
使い心地はバッチリ。でも、空気を吹き込むのがツライです。

野菜ラーメンをお腹いっぱい食べたらもうウトウトしてしまって
19時には就寝。
3時半に1度トイレに起きただけでグッスリ6時まで。
眠いときにアイゼン履くのが面倒でアイゼンの装着は
簡単なほうがよいと実感しました。

朝食に中村屋のレトルトカレーを食べパッキングしたら
8時を過ぎていました。
北面を三峰方面に向かって出発。

kumo9.jpg

ノソノソと凍った雪の中を下りていきました。
途中、抜いていく人すれ違う人がアイゼンをつけていない人ばかりで
自分たちの不慣れさを実感しました。
安全第一なので無理にアイゼンを外すことはしませんでしたけどね。
12本アイゼンで上っていく人もいたし。

kumo10.jpg

芋の木ドッケをすぎて白岩山到着は10時5分。
ここから結構な急坂。
降りきった小屋で一休みしました。

kumo11.jpg

途中まだ雪がフカフカなところも少しだけあって
スノーハイク気分を味いながら浅間山を眺めたり。
かなり下のほうまで凍結していたので完全にアイゼンを外したのは
お清平まで20分ぐらいのところだったでしょうか。

同行者がお清平直前でガス欠になったので最後の急坂手前で
お昼ごはんにしました。
山頂で凍りついたおにぎりはまだカチンコチン。
朝沸かしたお湯でカップラーメンを食べました。
今回、リッジレストをザックの下につけて歩いていたので
休憩のたびに広げました。かなり楽です。
座布団サイズではなくて大きい敷物があるといいですね。
背面パット代わりに外側にマットを収納させるザックが欲しくなりました。

お昼を食べたあたりで13時台のバスを諦めて
緩やかになった道をゆっくり下りていきました。
慣れない重いザックが体にズッシリと食い込みます。
グレゴリーのZ65を初めて使ってみましたけど
こういうザックは合わないかもしれません。
ピナクルかニンバスかなぁ・・・?

kumo12.jpg

てな感じで14時4分に三峰の雲取山登山口に到着しました。
宿坊でお風呂に入り15時45分のバスで西武秩父まで。
特急で帰途に着きました。

装備に問題があって納得もいかない部分も多いのですが
ハイキング自体はとても楽しくて帰ってきたばかりで
もうすぐにでもどこかに行きたい気分なのでした。


posted by 書房 at 13:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。