2009年03月17日

徒然的なにか

・昨日の装備

房総トレイルは気温が高かったので半そでハーパンでした。
オニュー(古い)のMACPAC M's マウンテン バーサタイル T セロリ
下は相変わらずパタゴニャーの3年前のランパンです。
これにアンダーアーマーのキャップと
マーチンウィングに1リットルのMUSASHI リプレニッシュ。
ハイドレーションも異臭が染み付いてしまったので新型に買い替え。
チューブの取り付けに以前よりも楽になって万事解決。

ウェアにしてもパックにしても走っていてなんの感想も抱かなかったので
たぶん正解の選択だったのでしょう。
帽子は一考の余地アリですかね。
熱がこもってると感じことがあります。
真夏でなかったらサンバイザーもありなのかも。

・肩が凝るのです。

正確には筋肉痛に近い感じかもしれません。
パックを背負って走ると次の日は肩が痛いです。
無意識に力が入ってしまっているのでしょう。
力を抜くように努力はしてみていますが・・・

・サポートタイツについて

大山のときにサポートタイツが不快というか鬱陶しく感じました。
最後のほうがこれがなかったらもっと足を楽に上げることができるのにと。
最近はサポート機能というよりは寒さ対策で履くことがいのですが
窮屈だし足を曲げるのに力がいるしでどうも具合がよくありません。
今後はなるべく履かない方向で。

・スプーン

kiui2.jpg

どららさんからいただきました。
キウイフルーツ用だそうです。
耐久性を考えないならコンビニのプラスチックのスプーンで十分です。
余計なところにお金を使わないでも軽くていいこともあります。
でも、ちょいと見た目が・・・
今回いただいたスプーンなら見た目もバッチリ。
肉厚なので耐久性もちょっといいかもしれません。
重さもバッチリ

kiui1.jpg


posted by 書房 at 00:17| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週の集いにはおこし頂きありがとうございました。
今度はディープなグッズの話しを聞かせて下さい(笑)。

房総トレイルは楽しそうですね。
レポ読んでて出たくなっちゃいました。
コースに渡渉ポイントがあるなんて、いい感じに冒険心が
くすぐられる演出でナイスですね。

富士五湖112kmは、走り出しちゃえばなんとかなりますよ。
きっと(爆)。
一旦100kmオーバの世界を知ってしまえば、後はもう何か
リミッター解除って感じですよ。
応援しております。

Posted by アル at 2009年03月17日 16:19
なんかうちのかわいいこが体重計に乗ってる(^^)♪
ヤマケイ買ったのでお勉強します。
そしてやっぱり私のリュックはかわいいと再確認しました(笑)
Posted by どらら at 2009年03月17日 20:25
>>アルさん
先日は楽しい夕べをありがとうございました。
房総丘陵は変化に富んだ楽しいトレイルでした。
レースでなくても希望者募って遊びにいくのも面白いと思います。
富士五湖はみんなとスタート時間が違うのが大問題でして・・・
走ること自体はもう走るしかないですかねぇ(笑)
Posted by 書房 at 2009年03月17日 21:53
>>どららさん
道具の写真を撮るときの基本は量りの上ですよ。
忘れちゃダメですよ!

あのサイズのリュックを買ったらどこか山の中に泊まりにいかなきゃいけません。
義務ですからね!
Posted by 書房 at 2009年03月17日 21:55
暴走給料の企画いいですねぇ。
企画のご案内があれば参加したいです。
渡渉があるんで山ビルの出ない季節が良いかもしれません。

Posted by アル at 2009年03月21日 11:53
>>アルさん
マラニックぽく遊びにいけるといいですね。
道標がないのでしっかり道を覚えないとたいへんなことになりそうですが・・・
ヒルを避けるとなるとがんばって4月いっぱい、
それはイベント的に無理っぽいのでこの先は年末になってしまいますね。
それまでに一度下見にいってみようかと思います。
Posted by 書房 at 2009年03月22日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。