2009年03月15日

第1回房総丘陵トレイルラン&ハイク

小湊鉄道に乗って養老渓谷駅で降りるとそこが受付。
スタート時間もゆっくりめなので遠い場所にも関わらずあまり不便を感じません。
300人の大会なので混雑もなくて楽しい1日が期待できました。

競技説明が終わってあと10分後にスタート地点まで移動ですとアナウンス。
結果、スタート時間にスタート地点までたどり着けなくて
みんな小走りで移動するという異例の事態(笑)
なかなかいいアップになりましたけどね。

スタートしたら川沿いに進み渡渉を繰り返します。
私がエントリーしてきたレースではなかなかこういうコースを
走ることがないのでなんだか嬉しいです。
でも、速く進もうとすればやっぱりボシャッとなるわけで・・・
ウールの靴下でよかった。

川から離れるとグッと高度が上がっていきます。
でも、このコース上りっぱなしはここだけであとはユルユルと
アップダウンの繰り返しなのです。
ここだけは我慢して少しずつ進んでいきます。

上りきったら舗装路まじりの林道をひたすら走り続けます。
前半の1/3ぐらいは林道な感じです。
こういった足場の安定しているところでは抜かされることが多いです。
高低差のあるロードの練習が必要かもしれません。

林道が終わると真綿で首を絞められる感の強いシングルトラックです。
と、いうのも
ギリギリ走れてしまう上りが多いんです。これがつらい。
トレイルランなんだから走れるところは走るのが当たり前。
あと、もうちょっと角度があれば歩くところ。
ちょっとがんばって走ればすぐに下りがくるので走ってしまうわけです。

10kmを過ぎてからしばらくいったところでコースアウトしてしましました。
幸い係りの人がすぐに気づいて注意してくれましたが
このコースは分岐が多くてしかもメインとわき道のふみ跡の差があまりない。
テープでコース指示されていてもコースアウト続出だったみたいです。
係りの人の配置をもう少しずらしていれば、問題なかった場所もあり
第1回はしかたがないので第2回に期待したいところです。

そこから徐々に前後に人の気配がしなくなり
たまに疲れて歩いている人を抜かすほかは人に会いません。
ずっとずっとシングルトラックを一人で走り続けました。
私がこんなに走れるレースは珍しい。
ああ、なんかトレイルランナーっぽいなぁ〜なんて思ったりして。
ひたすら走り続けます。
景色がそんなにいいわけでもなく、足場は前日の雨でグチョグチョ。
細い道も多くて少しバランスを崩せば滑落してしまうところも少なくない。
条件がいいわけじゃないんです。
後半は下り基調だけども上り返しだって多いんです。
呼吸だって楽なわけじゃない。
でも、でも、楽しい。
ただただ山の中を走っているのが、走れているのが楽しい。

16.5km地点の給水を過ぎると上り基調の林道。
ゴールはお寺。お寺は山の上。
そして、この林道も微妙に走れてしまって最後まで苦しい。
途中、ブラッキー、いや、きゃらぶき、いや、K様が逆走で
出迎えてくれてちょっと力が出ました。
一山越えて山門を抜けてゴールに飛び込みます。
2時間29分7秒(ちなみにトップは1時間40分ぐらい)
楽しい時間が終わりになりました。

bousou.jpg

ゴールするとすぐに荷物が出てきます。
すぐにお汁粉もらえます。ウマイです。
境内のわきにお風呂が用意されてます。
集団でゴールしていないのでお風呂もすぐに入れます。
気分がいいです。

その後、一緒に参加したどららさんの帰りを待ちつつ山門手前で応援。
みんないい顔してます。
どららさんがコースアウトして戻るところで滑落というすごい展開で
かなりゆっくりのゴールを待っていたら、ジャンケン大会が始まって
小湊鉄道1日フリーチケットと飴をゲット。ちょっと嬉しい。
それからシャトルバスに乗ってスタート地点まで。
至れり尽くせりに感じました。

第1回なので運営の細かいところを気にしたらキリがありませんが
かなり満足度の高いレースだったと思います。
posted by 書房 at 21:48| ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
房総丘陵トレイルランお疲れ様でした。
自分はエントリーしましたが、残念ながら仕事でDNSでした。
微妙に走れてしまう大会で、なかなか面白そうですね。
前日の天候が嘘のような素晴らしい天気で、本当に良かったですね。
二回目があることを期待します。
Posted by yoshio715 at 2009年03月16日 07:24
はじめまして。

そしてお疲れ様でした。
僕も3回迷子の1回頭強打のレース展開となりましたが、コースは最高でしたよね!
しかし、中々走りこまれている感じですね。
トレイル最高!また遊びに来ます。
Posted by おっさんガッツ at 2009年03月16日 10:34
>>yoshio715さん
お仕事お疲れ様です。
天気がよくて今年初めて半袖、半パンだけで走れました。
私も2回目がよりよい形で開催されるように願っています。
Posted by 書房 at 2009年03月16日 14:18
>>おっさんガッツさん
はじめまして。
残念ながら私のほうがおっさんのようですよ(笑)
お怪我は大丈夫ですか?
かなりの人が道に迷ったみたいですね。
次回は改善されているとよいのですが。
コースに変化があって楽しいトレイルでした。
トレイルは最高ですね。
Posted by 書房 at 2009年03月16日 14:23
いや〜楽しかったね♪
ゴール待たせてごめんなさい。
帰りの人生相談コーナーも楽しかったっす(笑)
Posted by どらら at 2009年03月16日 23:24
>>どららさん
お疲れ様でした。
なかなかハードなレースになってしまいましたね。
なんの解決にもならない人生相談でしたけども
あんなのでよければいくらでもどうぞ。
Posted by 書房 at 2009年03月17日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115703299

この記事へのトラックバック

第1回 房総丘陵トレイルラン&ハイク
Excerpt: スタートは千葉県市原市養老渓谷。不便な場所にあるのだが、都内からでも当日入りできるし大会側も考慮して東京駅から往復バス(事前申し込み・有料)も用意している。どららさんが、ちーとばっかし不便..
Weblog: お茶の時間
Tracked: 2009-03-16 23:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。