2008年11月16日

2008川崎国際多摩川マラソン

ようやく連続エントリーも最後になりました。

朝起きたらザーザー降り・・・
はいはいDNSDNSなんて思いながらノソノソと準備。
会場がいつものジョギングコースなので今日はゆっくりしてました。
これが完全に失敗。
まず、朝ごはんが遅い。2時間前に朝食とってるし・・・

さて、小降りになってきたので会場にむかいます。
2〜3人しか歩いていないのでちょっと心配になりましたが
等々力陸上競技場には大勢の人。
やっぱり、ロードレースはスゴイっすね。
受付にも長蛇の列です。来年は前日受付してくれないかしら。

todoroki20081.jpg

受付を無事済ませたら準備開始です。
家から全部着込んでいったので上着を脱いで番号をつけるだけ。
雨も上がってきました。う〜ん、しくじった感じです。
降り続けても寒くない格好でかなり重装備してました。
ロードのレースで初めてCW-Xを着たり、長袖でアンダーも着てたり。
気温もあまり低くなくて雨が降っていないなら半そでランパンでよかったのに・・・
予備は持ってきていないのでこのまま行くしかありません。
完全に失敗でした。

荷物をまとめて預けに行くと、ここも長蛇の列。
マイッタ・・・スタートまで20分ありません。
心の準備も体の準備もできないままトイレを済ませて
スタートに並んだのは2分前。当然最後尾。
それでなくても足の状態はあまりよくないのに。
今日はそれなりでいくしかありません。

スタートの合図からラインまで1分10秒
それからもうずーっと混雑の中。
CW-Xがまとわりついて足が速く動かないよ〜なんてことも・・・
コースは最初二子橋に向かって進みます。道路は完全規制で全面走れます。
広いはずなんですが・・・
橋の手前で折り返して土手の中に入って砂利道をガス橋まで走ります。
5kmのタイムは26分13秒。
23分ぐらいで走りたかったところですが混雑の中でどうにもならず。
タイムどうこういうより自分のペースで走れてなかったので気持ちが萎え気味。

混雑の中を蛇行を繰り返しているとペースいっしょの人がいました。
ずっと二人で並走して追い抜き続けました。
相手の人が意識していたかどうかは分かりませんけど私はすごい意識していました。
彼より遅れたらペースが落ちたということですから彼より遅くならないように必死で。

10km51分21秒。
ペースはあまりかわらず。ようやく人がばらけてきました。
丸子橋を過ぎてガス橋の手前で折り返してきた人とのすれ違いです。
100人ぐらいまで数えてみました。(意味不明)
ガス橋で折り返しと思っていたのにガス橋から折り返しまでがちょっと長い。
折り返してからちょっとペースが落ちてきたのか並走していた彼が前に出ました。
振り切られたら終わってしまうと必死でついていきます。
このころは抜くのも楽になっていてただ彼の姿を追っていけばよかったので
疲れてきてはいましたが、気持ち的には楽でした。
17km付近でその彼のペースが落ちてきたので前に出ました。
心の中で今度は自分がひっぱるぜぐらいの気持ち。
どうもちぎってしまったようですけど・・・

第三京浜の手前で折り返して舗装路に戻ったら後は野となれ山となれ。
腕時計のどこかのボタンを押していたらしくて途中のタイムも確認できない状態。
ストップウォッチに戻してみたらギリギリ自己記録に間に合わないペース。
でも、せっかくここまで走ってきたのだからと粘って走ります。
競技場の外周を半分回って中に入りトラックを半周してゴールしました。

todoroki20082.jpg

グロスで1時間38分58秒。記録証は即日ではないのでネットは不明。
グダグダのわりには速く走れてました。
足の状態もよくて服装も間違えず、並ぶのが早かったら記録更新できたかもしれません。
走ることに関してはそれなり満足できているので
準備段階での失敗が悔やまれるとこです。

ということで4週続いたレースもこれで終わり。
おつかれさまでした。


posted by 書房 at 16:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。