2008年10月19日

清掃登山

ハセツネの清掃登山は晴天に恵まれ楽しい1日となりました。

st1.jpg

9時に集合場所にいくと人がいっぱい。200人を超えていたそうです。
事前に登録していない人は受付で名前を記入しなくてはいけないので
受付の列が長蛇の列。
私は事前にメールで登録していたので名前に○をするだけで済みました。
地図とクジをもらい公園の奥へ。
高台から写真を撮っていたらクジの引き換えが始まったので交換に。
どうやら当りのようです。(ハズレなしで末等はモンベルのティッシュ)

st2.jpg

左がスポーツドリンクを入れて持参したボトル。
右がいただいたもの・・・増えた!!
むーしばらくはストックしておきますか。

代表者や有名選手の挨拶やらあり、ソイジョイ、アミノバリューの配布あり
それからしばらくしてグループ分けが始まりました。
せっかくなので奥のほうに行こうと鞘口峠から第2関門までのグループに参加です。
都民の森まで車で移動してそこからとなります。

st3.jpg

予想以上の参加者になっているらしくて車のやりくりも大変そうで
参加者の車も使って移動しました。それでも1度には運べなくて
待ち時間がかなりありました。
あまりにお腹が空いたので団子やらあんぱんやら買い食い。
全員が集まったのは11時近くだったと思います。
ぞろぞろと鞘口峠まで移動します。

st4.jpg

ここから三頭山に向かうグループと第2関門までのグループに分かれます。
どう考えてもこの2つのグループはつらさが違います。
三頭山に向かうほうにはイーストウインドの田中さんがいてなかなか人気なんですが
この暑い中を三頭山越えはたいへんそうです。
ここでフト思ったのは、鞘口峠から第2関門てやたら近くいんじゃないかということ。
しかも、盛り上がるところもない・・・
まぁ、のんびりいきましょう(笑)

st6.jpg

清掃登山なので当然あたりを見回しながらゴミを拾うことになってますが
このあたりはほとんどゴミが落ちていませんでした。
たぶん、関門までいってから補給しようとか思って急いで走るところなので
うっかりゴミを落とすようなことがないんでしょうね・・・

あまり記憶のないアップダウンを何度か繰り返したら舗装路です。

st5.jpg

そこから一旦山に戻るとこれまたすぐに月夜見山・・・
これを下るとゴール。すぐに終わってしまうのはどうかということで
ここで休憩をとることになりました。

さてさてお待ちかねのSideBコンボの登場です。

st7.jpg

山の上なのでアルコールを多めにしてみましたが足りず。
沸騰前に消えてしまいました。
継ぎ足して温めチョコレートドリンクの素を入れて一息つきました。
歩いている距離も短いし、都民の森で買い食いもしているので
みなさんゆっくりする気配もなく・・・お待たせしてしまうことに。
すんませんでした。

グループ全員で記念撮影をしました。カメラマンはハリ天狗さん
Inoxのパックを背負っていたのであやしいなとは思っていましたが
有名人と同じグループだったなんて。うはー光栄であります。

休憩が終わったら下山して本日のゴール月夜見第2駐車場です。

st8.jpg

走ってゴールしたい気分でしたが普通に車が走っているので自粛。
ここに車を2台確保していたので2/3はそのままトン汁の待つ龍山荘事務所まで。
居残り5人は迎えを待ちます。

ここで、去年まで16時間台で今年は10時間半だったという青年から
速くなった理由を教わりました。
そのウルトラハイパーなスゴ技とはナントMUSASHIを飲むことだそうで・・・
どうやら本当のようですよ。
彼は1ヶ月に100kmしか走れないといってました。
もうね、早速明日MUSASHIを買ってきます。
これでもう来年のタイムは大丈夫。問題ありません。

それから1時間ほどして迎えの車が到着。
来るときに目の前でバイクがこけて救急車を呼んだりで遅くなったようです。
コワイコワイ。

下まで戻ってトン汁を2杯とプシュッと音のするものを胃に納め
ポカリスエット1.5Lペットをいただいて帰宅しました。

参加者の皆様おつかれさまでした。


posted by 書房 at 21:07| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清掃登山とは良い企画ですね。
毎年のハセツネと共同イベントなんですか?
このような清掃登山が全国に広まるといいですね。
ちょっと心に感じる記事でした。
Posted by hide at 2008年10月19日 23:49
>>hideさん

この清掃登山は毎年行われています。

普段から自分がゴミを落とさないように注意するだけでなく
人が落としたものも拾うようにしたいものです。
Posted by 書房 at 2008年10月20日 11:27
こんばんは。
私も清掃登山に参加したかったのですが脚の方がまだ本調子ではないのでやめました。
まったく自分の脚力のなさにうんざりしますが、来年に向けての課題がこれではっきりしました。
脚力強化!これにつきますね。
Posted by まこぞっき at 2008年10月20日 23:10
>>まこぞっきさん
どもどもいらっしゃいませ。
イベントとして清掃登山をしなくても普段からできることですから
脚の大事が最優先だと思います。

脚力強化は大きな課題です。急にどうにかなることではないですもんね。
地道な努力が最後に実を結ぶ感じ・・・私はそういうのが苦手で・・・
あと、下りで脚を浪費しない技術も身につけたいです。
上位の人のように踏ん張らずに下れたらと思います。

でも、そういうのよりのんびりハイキングしたくありませんか?(笑)
Posted by 書房 at 2008年10月20日 23:34
自分はAコースでした。
スタートから入山峠まで、レース当日は明るいですが、周りは見ていませんね。
あらためてゆっくり歩いてみると、身近でありながら結構山が深いのに気が付きます。
往復14kmですが、秋の一日気持の良い汗をかきました。
Posted by yoshio715 at 2008年10月21日 08:54
>>yoshio715さん

レース序盤は周りが見えてませんよね。
龍山荘事務所から帰りの橋はコースのはずなんですけど
どんな川なんだかまったく記憶にありませんでした。

私のグループのコースは短すぎて少し物足りない感じでした。
片道7kmはちょうどよい距離ですね。
次は三頭山か御前山を含むコースを希望してみようかと思います。
Posted by 書房 at 2008年10月21日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。