2008年10月01日

ドライサック

泳ぎ終わったあとで水着を入れるものが欲しくて
検索してみたら防水の袋を使うのだそうで。
水から守るだけではなくて水を出さないという使い方をするとは・・・
ビニール袋で済んでしまう話なんですけどね。
まぁ、いいじゃないですか(笑)

買ってきたのはSea To Summit Ultra-sil(TM) Dry Sack の2リットル
drysack.jpg

水着とフェイスタオルを入れるのにちょうどいい大きさです。
スポーツタオルやセームのタオルまで入れるなら4リットルがよさそう。
(ビニール袋でいいんですよ、ビニール袋で!!)
なんか専用のものが欲しかったんです。

プールに行くときや走るときにそれぞれ専用のバッグが欲しいじゃないですか。
洗濯が終わったらそれに入れて壁に吊るすとかしたいのです。
出かけるときはそのバッグを手に取れば忘れ物しないというのが理想。
出し入れを繰り返しているといろいろ無くしてしまいますから・・・
常に同じバッグに入れておけばなくしようもないわけで・・・

パッキングしておくことで片付けられない大人から脱却を!!
(壁や窓がすごい状態になっちゃってるワケですが・・・)


posted by 書房 at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具:袋系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。