2008年08月24日

道具と雑感―奥秩父編

今回持っていったものはこんな感じ(コレ一度やってみたかったっすよ)
goods.jpg

ザックは毎度おなじみBlackDiamond RPM 26L
中身は左上から
着替え(Tシャツ、パンツ、靴下等)
テント Shangri-La3 (本体を青いスタッフサックにポールとペグは元の袋)
マット UberLite
シュラフ ULSSダウンハガー#3
ウェストポーチ (地図、行動食、メモ帳、カメラ等)
下列左から
座布団 コンパクトバッド(モンベル)
メスティン、アルコールバナー、カップ、自作防風
500mlのボトル
ライター、スポーク、燃料ボトル等(黄色のスタッフサック)
ファストエイドっぽいもの(オレンジのスタッフサック)
トレットペーパー
レインウエア ストームクルーザー上下
スパッツ、(その上)どこでもベープっぽいなにか
そして下に敷いてあるのがタイベックのシート

写真には写ってませんが、ミレーのリギジャケットも入ってます。
これに食料とボトルに水を500ml加えて富士見平まで歩きました。
RPMはパンパン。限界でした。
これから衣類が増えるので大きいパックになりそうです。
軽さだけではなくて大きさも考慮しないといけませんね。

テントはもう完璧です。虫と仲良くなれる以外は(笑)
結露もまったくないですし、底がないので乾かさずに撤収できました。
夜になって風が強くなりましたがバタつきもしないし
地面との隙間を狭く張っていたので吹き込みも少なかったです。
Shangri-La3を山の上に持っていくのはないにしても、
底のあるドーム型のテントは面倒な気がしてなりません。
(実際自分で両方体験しないと本当のところはわかりませんけど)
次に買うのもやっぱり自立しない底なしテントになりそうです。

朝5時の気温は11〜12度ぐらいでした。
ULSSダウンハガー#3だと暑かったです。
でも肩を出してしまうと首が寒すぎで厳しいです。
#4だとよかったのかもしれません。
快適を求めると結局複数買うことになってしまうんですね。
お財布のこともありますが、収納スペースにも困りそう・・・
それと寝相が悪い私にはしっかりしたマットが必要です。

アルコールバーナーは扱いが楽でよいです。
が、1泊でご飯を炊くともなるとナルゲンのボトル2本になってしまうので
ガスのほうがコンパクトなんじゃないかと思い始めました。
このへんは物欲GOGOってことで買って比べてみます。
ジェットボイルもいいんですよねぇ〜かさばるけど

こうやって考えていくと全部買い直しそうな感じですが
季節、天気によって選択がしっかりできるのはいいことなんじゃないかと。
経験しないとわからないこともありますしね!
言い訳して終わりにしたいと思います。


posted by 書房 at 12:32| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけ持って行って26ℓのザックですか?
パンパンと言ってもいったいどうやって、
収納されているのでしょうか?
これがULって技ですかね。
私のテント泊の場合、
不必要な快適セットなども持参しますので、
cougar50-70でないと収納不可です…
それとも詰めようの問題ですかね?

今度、お時間があればアルコールバーナーに
ついても記事にしてください。興味があります。
Posted by hide at 2008年08月24日 19:44
>>hideさん

この写真でみると入らなさそうですが、
これのときは比較的ユルユルの状態で膨れています。
着替えは旅行用の圧縮袋で小さくなりますし、
シュラフも圧縮します。
メスティンとカップ類は黄緑のスタッフサックに収めています。
後は詰め込むときに圧縮がかかる感じでどうにか入ってしまいます。
ボトルと座布団はサイドポケットに入れます。
私がULなんていったら先達の方々に怒られてしまいますよ(笑)
先人たちのノウハウをマネさせてもらっているだけです。

テントを張ったりご飯炊いたりしているだけで楽しいので
最低限の道具で満足できているのもいいことなのかもしれません。

アルコールバーナーはこれといって特筆すべきこともないのですが
気づいたことがあったら書いてみますね。
Posted by 書房 at 2008年08月24日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。