2010年04月22日

サハラマラソン〜stage 1

さて、いよいよスタートの日。

s1.jpg

テントの画像を載せてなかったので前日のものですが
こんなテントで暗いうちに目を覚ましました。
風のおかげでちょっと寝不足。

s2.jpg

薪不足で沸騰しませんでしたがお湯にはなったので
景気づけに赤飯のアルファ米の朝ごはんを食べて準備を始めました。

s3.jpg

テントのなかでボヤボヤしていると山賊のように
ベルベル人が押し寄せて撤収していきます。
でも、布や木の柱が当たらないようにやさしく解体してくれるし
敷物は後で回収なのでそのまま座っていても大丈夫。

s4.jpg

この日の朝の水は1.5L
カードにパンチしてもらわないとペナルティーです。

s5.jpg

初日なので荷物はパンパンです。
重さはそれなりに軽くしたつもりでしたが大きさにはこだわらなかったので
最終日までJPNs中最大サイズでしたけどね。

roadbook1.jpg

この日のマップ。
29kmほど南下です。
山あり川あり砂丘ありと変化にとんだ景色が楽しめそうでした。
写真だとあまり変化ないようにみえるかもしれませんが・・・
そんなに変化なかったかも・・・?(笑)

s6.jpg

スタート位置に移動して始まるのを待ちました。
緊張してきてもいたし、うれしさもこみ上げてきていました。
スタートの予定の9時になっても集合もしてないし始まりもしません。
しかたのないことですが、まぁ、しかたないです・・・
スタート時間になってようやくオシムおじさんが登場し
挨拶、コースの説明、誕生日のお祝いとあってようやくスタート。

s7.jpg

最初ぐらいは走っておこうと流れにあわせて走り出してみました。
撮影用のヘリがかなり低いところを通過していって盛り上がります。
むぅ、荷物が重い・・・
ということで、2kmぐらいで走るのヤメ。
当初からの予定通りオーバーナイトステージが終わるまでは大人しく。
のんびり行こうと決め風景を楽しみつつ、JPNsの写真を撮りつつ
砂漠を味わおうじゃないかということでゆっくり進んでいきました。

「2.2kmまで南に進む(197°)。それほど険しくない」(ロードブックより)
s8.jpg

とりあえずは真っ直ぐ。
地平線の先まで真っ直ぐです。
どこまでも続く隊列。
石の多い大地をわだちなのか道なのか平らなところを見つけて歩いていきます。

「Mech Iedane山の小道。谷を左に曲がり、南東へ進む(135°)」
「3.9km ごつごつした小道を渡り次の道に到達するまで
東南東の方向へ進む(116°)」
s9.jpg

要所要所にスタッフがいて問題ないかと目を光らせてくれています。
目があったら手を振ります。声を掛けられたら挨拶します。
しないと体調不良かとあやしまれそうですから。

「5.1km 砂の小道」
s10.jpg

5kmきてやっと砂漠らしい砂地の登場。
ここまでも砂地はありましたけども砂漠というよりは荒野でした。
ちょと本格的で嬉しい感じです。

s11.jpg

レース中多かったのはこんな草の周りに砂が溜まっているところ。
どうもラクダ用の牧草地だというのですが・・・
牧草・・・

「7.3km小道の終り。やしの木々に到達するまで、南に進む(177°)」
s12.jpg

ヤシの木なんて目印になるのかねぇ〜なんて思いながら進んでいきます。
この画像でみえますか?先のほうにある小さいヤシの木が。

s13.jpg

ここまでくると分かります。確かにヤシの木。
しかも、それしかない。それしか目印になるものがないのです。
こうしてロードブックに書いてあること1つ1つが
信じられなくても実際にいってみると妙に納得な感じで
あえてロードブックだけで地図をみないで歩いて楽しかったです。
ちなみに手前の草の赤い印がコースを示しています。

「7.3km やしの木々。山の裾野まで戻る(日本語訳原文のまま)」
英語では「Return to the foot of the jebel」
s14.jpg

確かにヤシの木々。もっとあるかと思っていたのに。
マップのイラスト通りの少なさ・・・

s15.jpg

ここにもスタッフが待機してくれています。
何人スタッフがいるんだってぐらい要所要所で待っていてくれてます。

「7.8km 山の小さな上り坂」
s16.jpg

こんなところでは抑えが効かなくなって走り出してました。
山になるととたんに元気になるのです。
平地だと一生懸命進んでいるのにダラダラ歩いている
フランス人に軽く抜かれるので悲しい感じ。
あと30cm足が長かったら・・・
平地なんて嫌いだぁ〜〜〜!(悲哀)

s17.jpg

山を越えて下りがまた楽しいこと。
川沿いの緑み向かって駆け下りていきます。

「8.5km Rheris橋。橋を抜けたところを右に曲がりCP1まで南に進む(172°)」
s18.jpg

橋?
水が上ですけど・・・
置石があって濡れないようにはしてもらえていました。
濡れると砂が固まって重くなりそうなのでここは慎重に。
脇で絵を描いている人がいました。
後で見たら公式ページで売ってるんですね。いい商売です。

「9.1km 波打つ地形 Rherisの干上がった川底に裂け目。
 9.7km 干上がった川を抜ける。注意して干上がった川岸にある
 深い断層を避けながらマーキングをたどる。
 11.3km裂け目」
s19.jpg

雨季にはこの裂け目に水が流れているんでしょうね。
ただただ平地を歩くよりもこういう刺激がると嬉しくなってきます。

「12.8km 小さな砂丘の始まり。」
s20.jpg

このころから装備の不備が出てきました。
足には大会オリジナル(raidlight製ぽい)のゲーターをしているのですが
もうすでに接着剤が剥がれそう。
そして剥がれていないのに靴の中が砂だらけ。
完全に防げないのは当然なんですけども選んだ靴がメッシュ多目だったので
ガスガス入ってきてしまっていました。
靴は撥水、防水のものが正解だと思います。
ゲーターのマジックテープを貼る位置も悪くて躓くと
つま先の布がボロボロになってしました。
生地が弱い。

s21.jpg

砂漠らしい風景の中を進んでいきます。
砂漠はこうでないとねぇ〜だとといいながらも
靴の中の砂が気になる感じ。

「13.4km CP1 南南西(198°)に進み、砂丘地帯を抜ける。」
s22.jpg

初めてのチェックポイントが見えてきました。
たぶん、このころは時速5kmぐらいの進行状況。
暑さと荷物を考えれば仕方ないのかもしれません。
でも、もうちょっと走れたよなぁと帰ってきてから後悔してます。

s23.jpg

風に吹かれながら1.5Lのペットボトルを受け取って給水。
水はあまり気味で手を洗ったりとか。
四角い白い袋がゴミ箱。
ペットボトルはCPかビバークで捨てないとペナルティになります。
ボトルに水を残したままゴミ箱の脇に置いておけば中身は
回収されてほかで役立つことになってました。
途中まで知らずに無駄にしてしまっていて反省しきり。
ボトルとプラティパスに水を足してアルファ米に水を注ぎ出発。

「15.1km 左手側に起伏。同じ方向(196°)に進み
 ラクダ用の砂山と牧草を通る。」
s24.jpg

画像は砂丘地帯の終わるところ。
この先はさっきの草に砂が溜まったような場所です。
アルファ米も膨れ上がりモリモリと食べながら歩きました。
やっぱりお米でないと力がでません。
ここでCP2まで日本人の若者といっしょに歩きました。
会話は暑いやら疲れたやら(笑)

「16.7km 小さな石の連なりを通る道。谷を渡り南へ進む(192°)」
「18km 小高い起伏。平野にたどり着くまで小道をたどる。」
s25.jpg

この山を越えれば平野が続くのだろう思って登っていきます。

s26.jpg

と、

「19.4km 平野の頂上。砂の小道まで南へ下降(174°)」
s265.jpg

もう「平野の頂上」てなんだよーって思いながら歩いていて
たどり着くとそこは「平野の頂上」でしかなくて
あまり下ることなくそのまま平地が続いていくわけです。
「頂上の平野」ということですかね。

「22.2km 砂丘の前にCP2。砂丘地帯を渡る(194°)
s28.jpg

少し砂地を歩いてたらCP2が見えてきました。

s29.jpg

また水を補給して前後しているJPNsと軽く話して最後の砂丘に向かいます。

「24.3km Aitoulhetanの砂丘の終り」
s30.jpg

「26km 砂の小道。やや波打つ地形の起伏。南に進む(176°)
s31.jpg

もう終りのつもりで歩いているのになかなかゴールが見えないわけです。
コースディレクターはSに違いありません。
ギリギリまでCPやゴールを見せてくれないのです。

「29km干上がった川底の後、B2に到着」
s32.jpg


一山登ったところでようやくゴールが見えてきました。
そこから50分。
全力で走り出したい衝動を抑えながら、明日以降にダメージを残さないように
ゆっくりペースでゴールしました。
ゴールは嬉しくて写真撮り忘れちゃうんですよね・・・

862 463 MATSUMOTO Takuya JPN 05H59'40 03H48'32

無事ケガもなく1日目終了です。
ほっと一息。
posted by 書房 at 18:12| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | サハラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

サハラマラソン〜前日編

まだだ。まだスタートしませんよ。

さてさて、無事にテントの中にもぐりこみ穏やかな夜を過して
テクニカルおよびメディカルチェックの日となりました。
テント順に時間指定があるわけですけども
笑っちゃうほど参加者が無頓着で運営もあまり気にしていない様子。
私は今回無謀にもbushbuddyと少量のエスビットを用意したきましたが
直前で買えると聞いてShop付近をウロウロ。
ちょっと不安になっちゃったりしてたんです。
スタート地点のテントの周りの薪になるようなものが少なかったからでした。
でも、予約してない人はかなりあとにならないと買えないようす。
テクニカルチェックが遅れるはイヤだったのでここは諦めました。
(結果からいうと最後までどうにかなりました。)
チェックの行列に並びます。

zenjitsu1.jpg

まずは、いらない荷物を奪い取られて。
いきなり取り上げられました。
チェックにひっかかったらどうするのかと
うっかり間違えて預けるほうに必要なものが入っていたらとドキドキです。
この後の順番うろおぼえですけども
ナンバーカードと水チェック、メディカルチェックカードと
計測チップ、発光弾、ロードブックの受け取り。
(塩もこのときだったか、メディカルのときだったか・・・)
そして装備チェックの紙を渡して重量チェック。
でも、全部自己申告。
ムービーで見ると重量チェックされてた人もいたみたいですが
あきらかに荷物が小さい人だけなのかも。
私はJAM2で見た目が大きいので聞かれただけでした。
全体10kgで食料6kgだと答えた記憶アリ。(テキトウ)

それからメディカルチェック。
健康診断書と負荷心電図を渡してみてもらいます。
たぶんですが、心電図の但し書きが日本語でわからないって笑ってました。
ざっと目と通されたあとで塩をちゃんと摂取することと
なんかあったらメディカルに来いといい含められて終りました。
パリのホテルに心電図置いてきちゃった人がいてたいへんそうでした。
結局、保証金の4万を諦めてその場チェックしてもらったみたいでした。

zenjitsu2.jpg

荷物はトラックに乗せられ最終日まであのままみたいでした。
それから昼食。

zenjitsu3.jpg

なんか質素になってる気がしなくもなく。

zenjitsu4.jpg

テント村の入口にはinfoが張り出されます。
変更になったこととか、注意など。
このときは黄色い紙でテクニカルチェックの呼び出しでした。
あとペットボトルは潰して捨てるようにと。

この日の午後はなにもすることがなかったので近くの小山まで
軽くジョギング。
日本を出発してから4日。まったく運動してないですから。

zenjitsu5.jpg

とりあえず上まで登ってみました。

zenjitsu6.jpg

振り返るとスタート地点のテント

zenjitsu7.jpg

町にサーカスがやってきた的ななにかです。

帰りに隣の山をみると・・・

zenjitsu8.jpg

そこ登るのはやりすぎですから!(って、かなりの人が登ってました。)

さてさて、散歩から帰ってくるとテント内の話題は重量のことばかり。
重量のチェックや食料のチェックがあんなにてきとうなのだったら
必須装備は別としてもうちょっと減らせていたという感じの会話から
じゃ、いまから捨てるか的なところで。
軽い人はどこを切り捨てているのかという話など。

そんでもってボチボチ夕方になりまして
ブリーフィングといいますか、開会式といいますか。

zenjitsu9.jpg

オシムこと主催者のピーターおじさんが登場。
挨拶が始まるといよいよなのだと身が引き締まる思いでした。
ついに来たんだとちょっと感動してたかなぁ。

zenjitsu10.jpg

ゼッケンの位置やらルールの確認と発光弾の撃ち方の説明などもありました。
その後、この日誕生日だった人にみんなでハッピーバースデーなどありまして。
夕食のお時間。

zenjitsu11.jpg

この日は順番待ちの列の間に生演奏が入ってなかなか粋な計らい。
で・す・が・・・

zenjitsu12.jpg

なんか画像にチラチラ光るもの写ってませんか?
日が暮れたところから風が強くなってきてまして。
砂が舞ってます。嵐というほどではないですがどこもかしこも砂だらけ。
食事をもらってテーブルに着くまでに砂だらけ。
砂はしかたないし、なかったことにする。
砂は汚くないと思うことにしました。
だって、これ食べるしかないんです。

zenjitsu13.jpg

砂が細かいからか口の中でジャリジャリもしませんでしたし
埃っぽくもなかったので、まぁ美味しく食べることができました。
スパゲッティーとパンでカードローディングです。

そして、寝ているうちに砂を吸わないように口にbuffを巻いて
すっぽりシュラフに包まって寝ました。
夜中に風が弱くなってからはゆっくり寝られましたが、
今年は夜も気温が高めだったようでモンベルのダウンハガー#3では
暑くてしかたなかったです。
口、鼻さえ隠れていれば、顔に砂がかかってきてもとりあえずは
寝ることができるというのが疲れる前に確認できてよかったかもしれません。

そうして、次回はいよいよスタートなのです。
posted by 書房 at 05:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サハラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

サハラマラソン〜移動編〜

さて、そろそろ書きますかね。

それは3月31日の朝から始まります。
11時の飛行機なので朝もユルユル。
なんだか2年ぶり?あれ?4年ぶり?
まぁ、とにかくホノルルマラソン以来の海外旅行。
レースでしか海外行かないのか的になってきてますけども。

チェックインカウンターで他の参加者の人とうまく合流できまして。
ライターの持ち込みは1個までということなので1つ捨ててもらったり。
もう、予備のない火種に不安を感じたりしまして。

パリまではお尻の痛さに耐えつつ12〜13時間ぐらいです。
シャルルドゴール空港からは3人でタクシー。
着いたのはそりゃもう豪華なホテル。

paris1.jpg

パリに2泊します。
エントリーフィーに含まれているので強制です。
こんないいホテルじゃなかったらもうちょっと安くできるんじゃ?
事務局様、ご一行を。

paris2.jpg

夕方に到着したのでその日は凱旋門をひとまず観るだけ見て
ホテル近くのレストランで軽く夕食をとってすぐに就寝。
時差でぐったりです。

朝起きて朝食をとったら現地のMさんから全体ブリーフィング。
Mさんは係員でもなくガイドさんでもなく
事務局から世話係をお願いされた感じの人でした。
しかも、あまりサハラマラソンのことを知らない。
詳しいことは経験者に聞いてくれとのこと。
参加者、全員の顔合わせが主目的だったようです。
ひとまず、モロッコへ出発するまでの段取りの説明を受けました。
ホテル〜オルリー空港のバスの手配もしていただけたようです。
(別料金行き18E 帰り20E)

さてさて、サハラのことしか頭にないものですから
パリのことなんてちっともまったくこれっぽっちも知りはしません。
しかたなくMさんのアウトドアショップの場所を聞いて特攻しました。
が、うまく発見することができずに大失敗。

しかたがないのでたまたま近くにあったルーブル美術館へ。

paris3.jpg

有名どころをザ〜ッと観てさっさと退散。人大杉です。
しっかり鑑賞できる心と時間があるときにもう1度来たいです。
と、いうかですね、
すごい気合を入れて緊張感を持って日本を出てきたわけですよ。
もうそれがグンニャリ。
なにしにきたんだ?ってぐらいなんだか解りません。
パリ観光ってなんでしょう?
と、力の抜きどころいれどころを見失いつつ就寝なのでした。

そして、モロッコへの移動の朝。

paris4.jpg

まだ暗い中、一行はバスに乗ってオルリー空港に向かいました。

paris5.jpg

空港にはRaidLightのザックをもった人が溢れ返っていました。
本当に装備義務にRaidLightって書いてあるんじゃないかってぐらい。
(後に選ばれている理由を少し知ることになるのです。)

paris6.jpg

そして、我らが翼 Transavia.com。オランダの低料金航空会社。
大会貸切の便(2便)でモロッコに向かいます。
たぶん一人5000円とかのはず。

そんなこんなで、フランスを離れ地中海を跨いでモロッコへ。

paris7.jpg
(↑下のほうはワルザザードのあるデカイ湖です。)

雪あるよアフリカッ!ってな感じで興奮しつつ。


paris8.jpg

目的地ワルザザードに到着しました。
ほんとに平らで回りになにもない。
滑走路とそれ以外の違いは舗装の有無ぐらいでしょうか。

入国を済ませて建物を出ると大会のバスが所狭しと並んでいます。
ゾロゾロと乗り込んで、いざキャンプ地へと出発!!
なんですが・・・
え〜キャンプ地まではバスで7時間。
ここからがもうたいへん。

moro1.jpg
2時間ごとにトイレ休憩がありますが、そりゃもうなにもないところなので
全て開放的に済ませます。男女平等です。

moro2.jpg

お昼はパンとサラミやらクスクスの缶詰やらスナックやら。
これからずっとお世話になる1.5Lの水のペットはこのときがお初。

と、食事をしたりウトウトしたりしなががらたどり着いたのは

moro3.jpg

荒野でした。遠くにキャンプ地が見えてますがそこまでは2〜3km。
普通のスーツケースを片手に佇む参加者。
そこへ現れたのは軍のトラックでした。

moro4.jpg

みんな我先にと乗りこみました。
かなり協力的に荷物を運び込んでましたけどね。
そこから10分ほど。ガタガタを荒野を進んで
ようやくキャンプ村に到着しました。
総移動時間は24時間。成田から1日かけてスタート地点にこれました。
長かった〜〜〜〜。

って、JAPON用のテントがありません。
なかなかの出だしです。
ひとまずスタッフにお願いして夕飯の列に並ぶしかありません。
荷物はそのへんに。

moro5.jpg

参加者1000人分の夕食はそりゃもう大混雑。

moro6.jpg

手振れでよくわかりませんが、鶏肉のカレー風味とパンでした。
ここまで、移動と食事だけを繰り返していました。
かなり肥えてきてしまったような気がしていました。
翌日もテクニカル、メディカルチェックだけで運動はまったくない予定。
もうプクプクです。

食事を済ませて荷物の戻るとテントが出来上がっていたので
荷物を運び入れて着るものとりあえず寝袋だして就寝となりました。
テントの様子などはまた次回。
前日編に続く。
posted by 書房 at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サハラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

帰ってきました。

無事乾燥完走しました。
ゴール直後の映像が公式に!
1分32秒あたり。主催者と抱き合ってます。



詳しくはそのうち
posted by 書房 at 17:48| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | サハラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。