2009年03月29日

奥武蔵レクロゲイニング

初めてのロゲイニングです。
初めての奥武蔵です。
奥武蔵は素晴らしいところです。
低いながらも見晴らしのいい山々。
多彩な登山道を堪能してきました。

寒い朝でした。
集合場所の小学校の校庭は風が強くてマップ飛ばされている人なんかもいて
とにかく早くスタートしたいといった感じ。
まずは近場を漁ってから電車の時間を調整していこうってところまでを
決めてその後は思考停止電車の中で考えよう作戦。
いやもう、寒くてあんまり考えられませんでした。
当然これが失敗で後々悲しい結果に。

私も相方も2〜3月は忙しくてほとんど練習できず
日常的にスポーツをしている相方ではないので
基本トレイルの下り以外は走らず早歩きを徹底しました。

なので最初の神社のポイント以降はあまり参加者に会わない展開。
走り続けている人たちの半分ぐらいだろうなと予想を立てつつ
素人なりにルートを決めて少しずつ拾っていきます。
運よく探し回らずに発見できたりして
ゲームに参加している感がでてきて一安心。

ただ、序盤のなんでもないところでショートカットをしようとして
筋をひとつ間違えて曲がってしまい道をロストして時間の無駄遣い。
そのせいと、電車の時間を10分間違えたことにより
20分近い電車待ちの時間ができてしまいました。
近場のポイントを取りに行くのにはちょっと時間が足りないということで
ちょっと早いけどホームでお昼にしました。
って、これまたミスで・・・
スタート地点の周りは1/15000の地図で駅もこの中にありました。
前半はこの地図を見ながらやっていたわけですが
その他の地域は1/30000なんですけど、それをみると駅の近くで
20分以内で戻ってこられるポイントが・・・・
13点を取り損ねるミス・・・
でも、どこかで昼食はとりますから最終的には点の違いは微々たるものだって
開き直って電車に乗り込みます。

この電車待ちと電車に乗ってからの時間を使ってルート設定。
CPが多くて時間内にゴールできる場所を狙っていきます。
参加者しか分からない話ですけども
東吾野駅で降りて天覚山の88pt.を取り駅に戻って
東の側の6箇所を取ってゴールに向かうコースを設定しました。
天覧山は単純往復になってしまうのであまりいいコース取りではないのですが
短時間で高得点のここを取らないのはないだろうという素人考え。
キツイ上りでしたが、思ったよりも早く山頂に着くことができて
この88点は効率がよかったと喜ぶ二人。
山頂では4チームほど一緒になりました。
みなさんここで休憩を入れているようでした。丁度お昼でしたし。
我々はそのまま折り返すように下って駅まで走ります。
トイレと水分補給をすませてだらだらとしたアスファルトの坂を
だらだらと進む感じで。
ここから先はなぜか反対方向から走ってくる人ばかり。
同じ方向に進んでいたのは3チームぐらいでしょうか。
他のチームのコース取りが気になるところです。

なかなか順調にCPをこなしていたのですが
距離と時間の把握が甘くてあと4つ取ったところで
制限時間ギリギリになりそうだと相方からの指摘をうけて
全てをあきらめゴール目指して一直線に変更。
戻るコース上にCPが3つ。見渡して発見できなかったらパスする方向で
ゴールに急ぎます。
さすがにちょっとオーバーペースで相方が無口になっていきました。
上りのすぐ後は下りも走れないとのことで
とにかく、時計をみつつ止まってしまうことだけはないように
ペースを落としていきます。
途中、2つCPを見つけることができ、無駄走りにならないで済んで
気持ちも切れずに済みました。
最後に山の上からゴール付近が見えたときは相方も気が楽になったようで
また元気になってきていました。
最後にゴール近くの5点を取って・・・
(ここでBBQの匂いがして殺意に目覚めたりとかしながら)
ちょっと余裕を残してゴールしました。

ビリじゃないといいねぇ〜なんて話ながら体育館の中で一休み。
結果は意外なことに26位(男子6時間は39チーム)
おーなんかそれなりの順位になってる!
ブログネタ的にはイマイチですけども(笑)

この奥武蔵「レク」ロゲイニングはレクなだけに多彩な演出があって
CPで写真を撮ることが通過証明になっています。
ポーズも指定でして

s1.jpg

こんなポーズやら

s2.jpg

こんなのやら

s3.jpg

三点倒立なんてのも。(相方がやったので写真は載せませんです)
しかも、名所や眺めのいいところに設定されているので
ロゲイニングに参加すると奥武蔵のみどころが全部回れてしまうという
素晴らしいエリア設定です。

もうちょっとグダグダになるかと思っていたのですが
参加できていることが感じられて楽しい1日でした。
相方も来年の参加に積極的で体力作りをしっかりやるといってました。
当然、私もやる気マンマンです。

ちなみに、チーム名は「焼肉GOGO!」でしたが
帰りの立川で焼肉屋が見つからず寂しく中華を食べたのでした・・・
ダメじゃん・・・
posted by 書房 at 23:02| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ロゲイニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

コンパスと熊鈴

combel.jpg

どちらも持ってなかったわけではないんです。
でも、どちらもしっかりしたものを持っていなかったので
明日のロゲイニングをいい機会に買ってしまおうと。
というわけで、コンパスはシルバのNo3Gの75周年記念限定モデル。
リングのグリーンがいい感じなので。
ちゃんと使えるのかはヒミツですよ。

熊鈴はCOGHLAN'SのBEARBELL。
決め手は袋の中の磁石でしまうと音がしないところ。
でも音はもうちょっと違う感じがよかったなぁ・・・
また買いますかね(笑)

久しぶりの買い物でした。
posted by 書房 at 22:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

おーえん

過去2回は家に引きこもって呪詛を吐いていたわけですが
今年はトレイルで知り合った人たちの応援に行きました。
最初は7km地点の神保町の交差点。
トップから1時間ぐらいを応援しました。
うーん、やっぱりうらやましい。
事前の情報で確認の取れていた人たちを見送って
マクドナルドで朝食。ゆるゆる応援ですから。
それから御成門へ移動。
17kmぐらいだったかで、手をのばしてハイタッチを1時間ほど。
応援していて選手が答えてくるのが本当に嬉しいです。
そこから蔵前に移動してまたハイタッチ。
知り合いの前後にいる人たちはあまり変わらないので
同じ人となんどもハイタッチ。
最後は月島まで移動して豊洲方面へ歩きながら応援でした。

tokyo2009.jpg

残り3km地点まで移動して空いているところを見つけて応援。
このあたりはだいぶ心が折れている人が多くて
「がんばれ」と声をかけるのも酷な感じでした。
とにかく、ゆっくりでいいからゴールして欲しいと願いながら
ひたすら声をかけ続けました。

知り合いが全員通過したのを確認してから新橋に移動して打ち上げ。
今日も楽しい1日でございました。

でも、参加したい・・・
posted by 書房 at 21:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

クライミングシューズ

去年の秋にハセツネの打ち上げと称したどんちゃん騒ぎ大会会場の
川井キャンプ場での外岩体験会以降、踏み込みたくてしかたがなかった世界へ
ようやく一歩足を踏み出しました。

シューズを買っただけですけど・・・

mutant.jpg

いろいろアドバイスをもらってボリエールのミュータントか
5.10のモカシムカってところで目白のお店へ。
結構、混んでました。
ミュータントは中上級者向けと書いてあって少し怯みながらも
コレを買えと言われてきたと説明してお話開始。
足の形が合うとは限らないので同じサイズのものを
いくつか出してもらって試着。
そして本当にしっかりフィットしたのがミュータント。
お目当てのものを買うことができてよかった。
ただ、どうなんでしょうね、まったく痛くなく窮屈でもなく履けるので
1サイズ下のほうがよかったのかも・・・
店員さんはピッタリで大丈夫といっていたけど・・・

早く実践で履いてみたいなぁ〜
posted by 書房 at 23:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

自分を褒める。

房総丘陵トレイルラン&ハイクのリザルトがでてます。

正式タイムは2時間29分5秒、49歳以下35位。

ゴールした168人中なので分母が小さいですし、
20kmなのにトップと50分も差があったりしますし
たいしたことないのかもしれませんが
すごい嬉しいし、意外とやるな自分って思ったりしてます。
褒められて伸びる子なんです。
自分で褒めて伸ばします。

このまま富士まで勢いよくいけたらいいなと思ってます。
posted by 書房 at 23:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

走りながら考えていること

走っているときはどんなことを考えていますか?

走ることに気持ちが向いているときは今後のレースのこと、
こう走れたらいいなぁとかこんな目標はどうだろう〜とか
過去のレースの反省やらなんやらを考えています。
走っていることを忘れているときは好調です。

調子の悪いときは体に気持ちが向かいます。
どこが痛いとか足が動いてないなとか。
もっと悪いと仕事のことばかり考えていてちっとも楽しくない。

今日はまだ日曜日のダメージが残っていて足が重いまま。
練習不足は回復にも出るんだなぁ〜なんて思いながら走っていると
途中から今の自分の位置について考え始めていました。

ポヤンポヤンポヤン〜(回想に入る音)

どうやら、20km前後であれば自分で満足できるレースをすることが可能らしい。
これにはちょっと自信がある。
そしてもうちょっとタイムを上げることも難しくはないと感じている。
これは20km前後の大会で満足いく結果がでていたことと
ハーフマラソンも含めレースへの参加回数が多いので
経験上、自分があとどのくらいいけるのか
判断することができるようになっているようだ。

では、30kmではどうだろうか?
青梅高水山のレースは3回参加。
でも毎回納得できるレースにはならず、反省してばかり。
スタミナ不足もかなりの問題で自信がまったくない。
それ以上の距離ではどうなの?
もう心の構え方がまったく変わってしまう。
過剰気味に荷物を持って前半はずっと力をセーブ。
だからといって後半どうにかなるわけでもなく、なんとなくゴール。
まったくもってよろしくない。
20km前後のレースでは似たようなタイムの人にハセツネで5時間も
タイム差をつけられてしまうのはスタミナだけでなく
心の問題が大きいような気がする・・・

まずは、距離に自信・・・と、まではいかないまでも
あまり構えすぎず、あまりナメたりもせず
距離に対してはフラットな気持ちでレースに臨みたい。
それにはやっぱり経験だ。自分は大丈夫と思えるまで経験する。
この春はなかなかいい機会だ。青梅高水もハセツネ30Kも
ばっちり30kmじゃないかいな。赤城も20kmよりは長いぞ。
ここでひとつこの距離はマスターしてしまおうではないか。
そこから距離を伸ばせばいい。
ウルトラマラソンにも出るしね!

ぽやんぽやんぽやんぽやややや〜〜〜ん(回想終わり)

まぁ、こんなことを考えながら走れているというのは
たいへん幸せなことでございます。
posted by 書房 at 23:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然的なにか

・昨日の装備

房総トレイルは気温が高かったので半そでハーパンでした。
オニュー(古い)のMACPAC M's マウンテン バーサタイル T セロリ
下は相変わらずパタゴニャーの3年前のランパンです。
これにアンダーアーマーのキャップと
マーチンウィングに1リットルのMUSASHI リプレニッシュ。
ハイドレーションも異臭が染み付いてしまったので新型に買い替え。
チューブの取り付けに以前よりも楽になって万事解決。

ウェアにしてもパックにしても走っていてなんの感想も抱かなかったので
たぶん正解の選択だったのでしょう。
帽子は一考の余地アリですかね。
熱がこもってると感じことがあります。
真夏でなかったらサンバイザーもありなのかも。

・肩が凝るのです。

正確には筋肉痛に近い感じかもしれません。
パックを背負って走ると次の日は肩が痛いです。
無意識に力が入ってしまっているのでしょう。
力を抜くように努力はしてみていますが・・・

・サポートタイツについて

大山のときにサポートタイツが不快というか鬱陶しく感じました。
最後のほうがこれがなかったらもっと足を楽に上げることができるのにと。
最近はサポート機能というよりは寒さ対策で履くことがいのですが
窮屈だし足を曲げるのに力がいるしでどうも具合がよくありません。
今後はなるべく履かない方向で。

・スプーン

kiui2.jpg

どららさんからいただきました。
キウイフルーツ用だそうです。
耐久性を考えないならコンビニのプラスチックのスプーンで十分です。
余計なところにお金を使わないでも軽くていいこともあります。
でも、ちょいと見た目が・・・
今回いただいたスプーンなら見た目もバッチリ。
肉厚なので耐久性もちょっといいかもしれません。
重さもバッチリ

kiui1.jpg
posted by 書房 at 00:17| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

第1回房総丘陵トレイルラン&ハイク

小湊鉄道に乗って養老渓谷駅で降りるとそこが受付。
スタート時間もゆっくりめなので遠い場所にも関わらずあまり不便を感じません。
300人の大会なので混雑もなくて楽しい1日が期待できました。

競技説明が終わってあと10分後にスタート地点まで移動ですとアナウンス。
結果、スタート時間にスタート地点までたどり着けなくて
みんな小走りで移動するという異例の事態(笑)
なかなかいいアップになりましたけどね。

スタートしたら川沿いに進み渡渉を繰り返します。
私がエントリーしてきたレースではなかなかこういうコースを
走ることがないのでなんだか嬉しいです。
でも、速く進もうとすればやっぱりボシャッとなるわけで・・・
ウールの靴下でよかった。

川から離れるとグッと高度が上がっていきます。
でも、このコース上りっぱなしはここだけであとはユルユルと
アップダウンの繰り返しなのです。
ここだけは我慢して少しずつ進んでいきます。

上りきったら舗装路まじりの林道をひたすら走り続けます。
前半の1/3ぐらいは林道な感じです。
こういった足場の安定しているところでは抜かされることが多いです。
高低差のあるロードの練習が必要かもしれません。

林道が終わると真綿で首を絞められる感の強いシングルトラックです。
と、いうのも
ギリギリ走れてしまう上りが多いんです。これがつらい。
トレイルランなんだから走れるところは走るのが当たり前。
あと、もうちょっと角度があれば歩くところ。
ちょっとがんばって走ればすぐに下りがくるので走ってしまうわけです。

10kmを過ぎてからしばらくいったところでコースアウトしてしましました。
幸い係りの人がすぐに気づいて注意してくれましたが
このコースは分岐が多くてしかもメインとわき道のふみ跡の差があまりない。
テープでコース指示されていてもコースアウト続出だったみたいです。
係りの人の配置をもう少しずらしていれば、問題なかった場所もあり
第1回はしかたがないので第2回に期待したいところです。

そこから徐々に前後に人の気配がしなくなり
たまに疲れて歩いている人を抜かすほかは人に会いません。
ずっとずっとシングルトラックを一人で走り続けました。
私がこんなに走れるレースは珍しい。
ああ、なんかトレイルランナーっぽいなぁ〜なんて思ったりして。
ひたすら走り続けます。
景色がそんなにいいわけでもなく、足場は前日の雨でグチョグチョ。
細い道も多くて少しバランスを崩せば滑落してしまうところも少なくない。
条件がいいわけじゃないんです。
後半は下り基調だけども上り返しだって多いんです。
呼吸だって楽なわけじゃない。
でも、でも、楽しい。
ただただ山の中を走っているのが、走れているのが楽しい。

16.5km地点の給水を過ぎると上り基調の林道。
ゴールはお寺。お寺は山の上。
そして、この林道も微妙に走れてしまって最後まで苦しい。
途中、ブラッキー、いや、きゃらぶき、いや、K様が逆走で
出迎えてくれてちょっと力が出ました。
一山越えて山門を抜けてゴールに飛び込みます。
2時間29分7秒(ちなみにトップは1時間40分ぐらい)
楽しい時間が終わりになりました。

bousou.jpg

ゴールするとすぐに荷物が出てきます。
すぐにお汁粉もらえます。ウマイです。
境内のわきにお風呂が用意されてます。
集団でゴールしていないのでお風呂もすぐに入れます。
気分がいいです。

その後、一緒に参加したどららさんの帰りを待ちつつ山門手前で応援。
みんないい顔してます。
どららさんがコースアウトして戻るところで滑落というすごい展開で
かなりゆっくりのゴールを待っていたら、ジャンケン大会が始まって
小湊鉄道1日フリーチケットと飴をゲット。ちょっと嬉しい。
それからシャトルバスに乗ってスタート地点まで。
至れり尽くせりに感じました。

第1回なので運営の細かいところを気にしたらキリがありませんが
かなり満足度の高いレースだったと思います。
posted by 書房 at 21:48| ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

やってしまった・・・

チャレンジ富士五湖なんですが・・・
申し込みした時間が13日23時59分でした。
ひとまず申し込みは間に合ったし支払いは明日ってことにして明けて今日。
ファミマで支払いをすませて出社。
受付メールをみていたら・・・3/13までにお支払いくださいと・・・
あちゃー(笑)

どうなるんだろコレ・・・

それと、100kmのつもりが112kmになってました。
あちゃー(笑)
posted by 書房 at 11:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんてことを・・・

富士五湖チャレンジの100km逝きます。

3/15 房総丘陵トレイルラン&ハイク(20km)
3/28 奥武蔵レクロゲイニング
4/5 青梅高水トレイルラン(30km)
4/19 ハセツネ30K(30km)
4/26 チャレンジ富士五湖(100km)
5/24 赤城トレイルランニング(34km)
7/5 北丹沢12時間耐久(43km)

なんだこれ・・・
posted by 書房 at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

めぐる季節の中で

毎年似たようなことをしているなと感じるこの頃なのです。
(ここ3年ぐらいの話ですけども・・・)

年明け    気持ち新たに今年の目標をなんとなく決める。
2〜3月   仕事が忙しくてなにもできない。(あと花粉ふん)
4月     シーズン始まりで思うように走れなくてヘコむ。
連休〜初夏  ノッテキタッ!
7月     1回目のピークで北丹沢GO!あと富士山
8月     地味に練習
9月     夏バテ
10〜11月 2回目のピーク 毎週レースとか。ハセツネ含む
12月    1年の反省から走りこみ。

1年の気持ちの流れです。

と、書いてみたら書き始めの趣旨と違うことを書きたくなりました。

これをみると、なんだか幸せな生活ですね。
この生活に不満を言っていたら怒られますね。
また今年もこんな楽しい1年を過せますように。(年始かっ!)
posted by 書房 at 11:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

第24回大山登山マラソン

練習不足といえどもエントリーしたレースに参加しないという選択肢はありません。

8時前に受付を済ませて着替えをして荷物を預けて8時20分ぐらい。
さて、ここから11時まで耐久レースの始まり。
スタート時間をよく確認していなかったので暇つぶしを持ってきていません。
微妙に寒いのを我慢しながらスタートを待ちました。

20分前に校庭に集合してスタート地点の駅前までゾロゾロ歩きます。
歩く時間もあったので並んでから走り出すまでは早く感じました。
年代別のスタートなので500人ぐらいでしょうか。
道幅も広いのでスタート直後からまったく渋滞はなくて快適に走れます。
距離表示が1kmごとなのでペースもつかみやすかったです。

最初の1kmを4分36秒で入りました。
数字だけみるとちょっと突っ込みすぎかなと思いつつも
そんなに無理して走っているわけではなくて
快適なペースなのでしばらく様子見で走ることにしました。

沿道の応援も多くてとってもいいレースです。
通行止めは片側だけですが、同時に走る人数が少ないので
まったく問題なく走れます。
そんなこんなで気分良く走り続けられました。

2km 9分16秒(4分39秒)
3km 13分59秒(4分42秒)
4km 18分38秒(4分39秒)
5km 23分42秒(5分03秒)
6km 28分38秒(4分56秒
7km 34分49秒(6分00秒)

途中から坂道をどうにか6kmまではペースを維持して頑張ってみたんですけど
さすがに6〜7kmでは遅くなりました。
7kmからは階段です。

大山には行ったことがなかったのでなんとなく整備された階段なのかなと
想像していたら、しっかり登山道の石階段でした。
このあたりから先発の女性に追いついてきていて
周りも歩いている人が多く、なんかペースを合わせてしまっていました。
いつものことなのですが、影響されやすいというかなんというか
我慢して先に進むとかができなくて、前の人が歩くと歩いてしまう。
よくないクセ・・・いえ、もともと根性がないってことですね・・・

8km42分28秒(7分49秒)
そろそろトップがゴールしているころかぁ〜なんて考えながら走っていると
ものすごく息を乱した人が迫ってくる。
でも抜いたあとでペースが落ちて後ろにいったり前にいったり。
しかも足が上がらなくなってきているようで、両手を突いて上がっている。
う〜ん。周りに影響されやすいんですってば・・・
なんだか息苦しくなってきてしまいましたよ。

あと605段って表示があったので数え始めても2〜30あたりで
集中力を切らし数があやふやに・・・
そしてそんなにいってないハズなのにもう400段とか・・・
その次は150段とか・・・
私の感覚がヘンだったのか、テキトウに数えられているのか。
ゴールが近いのかまだまだなのか分かりません。

と、角を曲がったら知った顔の応援が。
友達が3人応援に来てくれているのでした。
しかも、ゴールが目の前。
イッパイイッパイで上がってきたのに遅いよ〜なんていわれたりして(笑)
いや、でもおかげで笑顔でゴールすることができました。

ゴールタイム 57分27秒年代別93位

かなり満足のいく結果になりました。
1時間を切ることができて順位も2ケタ。
練習不足にしてはいい感じです。

ゴール後にはミカンとお汁粉をいただきました。
味噌汁だか雑炊だかもありましたがそのころは日も差していて
暑かったのでもらわずに、着替えに行きました。
靴を脱いだ瞬間に足を攣ったりとか。
練習不足がこんなところにも・・・
着替えたら途中までコースを逆にたどって男坂にわかれて
急斜面を延々降りてバスに乗って会場まで戻りました。

スタートから混雑もなく運営もスムーズ、給水所も適切で
ゴール後の荷物の受け渡しも早い
お楽しみもほとんど並ぶことなく食べられて
会場に戻って出店の焼ソバも安い。
もちろん完走証の受け渡しも一切待ち時間ナシ。

素晴らしいレースでした。

と、いつもならここで終わるわけですが・・・・

応援団に拉致されてググッと1杯。
ダラダラと雪山装備の話をしたりして2時間ほど。
その後、鎌倉トレラン組と合流するべく大船へ行きさらに1杯
ランの話で盛り上がるのでした。
まぁ、なんといいますか
最近どこにも行けなかったのでよい気分転換になりました。
posted by 書房 at 22:16| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ハーフ未満イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

復帰ですかね。

2週間ぶりにジョギングしました。
やっぱり走るのはいいですね。
これからのレースのことだけを考えながら走れることが幸せです。

仕事のさなか
赤城トレイルランニング(5/24)
北丹沢12時間耐久レース(7/5)
に、エントリーしました。

赤城の1週前の道志がどうにも車がないとダメなので
野辺山も選択肢に入ってきました。
なんて、勢いだけでエントリーしてますが
ほんとうに全部参加できるのか否か

7日は大山登山マラソンです。
さすがに練習不足はどうにもなりませんが
いまできるところで精一杯走ってみたいと思います。
お腹の肉が・・・
posted by 書房 at 00:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。