2009年02月27日

まもなく

復帰予定です。
とにかく忙しかったです。

仕事で泣きそうな思いをしました。

その仕事の忙しい合間でハセツネコースに行ったこととか
GOLITEの新しいJAM2はウェストベルトにポケットがついてていいなぁ〜とか
隠岐の島ウルトラマラソンと乗鞍天空マラソンが同日でどうしようとか
道志は車がないとどうにもならないので野辺山かなぁとか
それよりなにより、もう2週間も走ってないよとか・・・

TUNELESS MELODYさんがなんやらULまっしぐらなだったり
MicroBite欲しかったのに気づいたときには売り切れだったり(笑)

ネタはそれなりにあるのですが、いまさらなので書く気にならなかったりですね。

来週はちょっと時間がありそうです。
posted by 書房 at 23:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

走りますよ。

例年この時期は忙しくて日記も滞りがち。
忙しいときは走れなくてもしかたがないと思いそうになったので
必死で帰宅ラン。
このままズルズルいったらまた青梅高水山で反省しなければならないところでした。
いや、あぶないあぶない。

去年までならそれでもまぁシーズン初めだからいいわけですが
今年は3月からスタートすることにしていますから
ここで走っていないとたいへんなことになります。
気持ちを入れなおして走っていきたいと思うわけであります。

と、そんなことで走って帰ってきたところ
フロストバイトの記録証が届いてました。

グロス:1:29:52
ネット:1:28:34
種目: 87/1056
総合:279/3752

ちょっと距離的に?な部分がないこともないですけども
多摩川のときよりも速く走れていた気もするので
うまいこと走れて自己ベストになったと思うことにします。
もう満足です。ハーフはこのくらいタイムなら納得できます。
あとはこのままどこまで楽しみながら走るかという感じでしょう。
次は山が待ってます。
posted by 書房 at 20:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

陣馬山−高尾山ハイキング

ロゲイニングの相方の体力を確認するためにハイキング行ってきました。

藤野からマレットゴルフ場に向かい陣馬山トレイルレースのコースを
辿って陣馬山までの予定が上り口は林野庁関係者以外立ち入り禁止。
最初から大失敗でした・・・
レースのときは特別に開放されていたんですね。
仕方がないのでレースコースの帰り道から上ることにしました。
でも、この道は山と高原地図には載ってないんですよね。
うろおぼえで不安になりながらもどうにか入り口を発見。
無事にハイキングをスタートすることができました。

普段あまり運動をしてない相方に合わせてゆっくり上っていきます。
(ロゲイニング参加は相方の提案なわけですが・・・(笑)
レースのときの感覚でハイキングしてはいけませんね。
1時間もかからずに辿り着く感覚なので
陣馬まで・・・いえ、明王峠までも長いこと長いこと
ハイキングとしては、とりたてゆっくりでもないですし
まったく問題ないのですけどね。

途中で人に会うことなく矢の音を通り明王峠に到着。
富士山をみながらベンチで休憩を取りました。
昨日までの雨の影響はあまりなくてドロもたいしたことがなく
空もきれいに晴れ上がり、富士山もキレイ。
もういうことなしです。

ウェアの調整もだいぶうまくいっていて脱ぎ着の回数が多くなるのが
面倒ですけど不快感はまったくありません。
ウェアを無理なく入れるためにRPMを背負っていていました。
ちょっと大げさにみえますけどこれもかなり正解。
20Lだとアウターしまうにはちょっと小さい感じがします。

明王峠からはさすがに人が多くなりました。
トレイルランの人もいっぱい。中には2往復している人も!
途中でMTBが走っていたのにはちょっとビックリでした。

そんなこんなでダラダラとダベリながら平行移動して陣馬山に到着。
天気のいい日の山頂は素晴らしいです。360度さえぎるものナシ。
jinbanuma.jpg

多少風があるもののおおむね快適。
お昼におにぎりを食べてサイドB Combでお湯を沸かしてコーヒーを飲みました。
なんでなんでしょうか?、
アルコールストーブでお湯を沸かすのって妙に楽しいです。
jinbafuji.jpg

のんびりしすぎてしまって時間押し気味。
すこしペースを上げて高尾山方面へ進みました。
ちょっと予定外すぎて後半はあまり楽しめてなかった感じで反省。
影信山でも城山でもザックをおろして休憩はしてみましたが
やっぱり気がせいているときはダメですね。

高尾山到着は15時53分。
もう高尾山口に到着している予定の時間でした。
日没まではまだ時間があるので問題はありません。
ただちょっとお腹が空き気味。
夜は焼肉のつもりだったので急いで下ります。
とかいいつつ、ケーブルカーを使うつもりはなくて稲荷山コースへ全力で。
記憶よりもだいぶ緩やかな下りをちょっと走ったりしながら高尾山口まで。
ふろっぴぃでお風呂に入ってから帰ろうとしたらもうすでに送迎バスの時間は終了。
最後はちょっと残念な感じでハイキング終了となりました。

王道的な場所にちょっと外した場所からのアプローチも面白いと感じました。
次に陣馬山に行くときは五日市のほうに抜けるのもいいな〜
なんて思っています。
posted by 書房 at 23:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。