2008年11月30日

東海自然歩道−4−大滝橋〜平野

イベント続きな週末が終わったので行ってきました。
前回の離脱地点の大滝橋から再開です。

ootakihirano1.jpg

今回は畦ヶ丸、モロクボ沢の頭、大界木山、城ケ尾峠、菰釣山、高指山を
通る22.6kmのロングコースです。

ootakihirano2.jpg

武蔵小杉5時48分発−登戸6時3分着−6時5分発−新松田7時4分着
新松田7時10分発(増発バス)−大滝橋8時14分

新松田では晴れていて気持ちのいい1日になりそうだったのに
大滝橋では曇。この下り坂の天気が長い1日の始まりでした。

ootakihirano3.jpg

大滝橋で降りた人は結構いたのに同じ道を行くのは私を含め3人。
しばらくは沢沿いの道を歩いていきます。

ootakihirano4.jpg

さすがに紅葉は終わりですが、落ち着いた色合いの山もいいものです。

ootakihirano5.jpg

大滝橋から畦ヶ丸への道はとにかく急でした。
東海自然歩道にこだわらないのであれば西丹沢教室からをお奨めします。

ootakihirano6.jpg

沢からちょっと離れて坂がきつくなってきたあたりで雨がぽつぽつ。
もう少しガマンすると一軒避難小屋だったのでザックカバーだけして
先を急ぎました。もう汗だくです。

ootakihirano7.jpg

小屋に着くころには小ぶりになっていました。
暑くて仕方がないので着なさそうなダウンインナーを下のほうに押し込み
ハードシェルも一旦ザックの中へ。今回はウェアでかなり失敗しました。
寒くないようにとできる限りの装備をもっていきましたが
一番着込んでいたのは家を出るときでした。
歩いているとまったく寒くないんですよね。
休憩も小屋の中が多かったのでそこまで寒くなかったし・・・
この辺の反省はまた別に書きます。
で、少しオヤツを食べて出発。

ootakihirano9.jpg

途中で空が明るくなってきてどうにかなるかなぁと思っても
ちょっと高度が上がるとこの有様。

ootakihirano10.jpg

視界の悪い中、畦ヶ丸避難小屋に到着です。

ootakihirano11.jpg

そういえば前回も畦ヶ丸に来たときは雨でした。
今日は先を急ぐのでここでの休憩はナシ。
もともと視界の開けていない畦ヶ丸もパスします。
脇にはこんな看板が。

ootakihirano8.jpg

冬の間に西沢、畦ヶ丸間を整備工事をするそうです。
進んでみると確かに補修したほうがいい場所が何箇所かありました。

ootakihirano12.jpg
ootakihirano13.jpg
ootakihirano14.jpg

モロクボ沢の頭、大界木山、城ヶ尾峠を突き進みます。
このころは本当に視界が悪くて萎え気味でした。
似たような道が延々と続くだけですし・・・
最近の疲れのせいか足の進みも悪くて今日来たことに後悔をしていました。
たまに視界が開けるとこんな感じ。

ootakihirano15.jpg

南のほうは晴れているのに・・・
ハイキングに向いてないのかもなぁ〜なんて思いつつ。
ひたすら進んで菰釣山避難小屋に到着。お昼にします。

ootakihirano16.jpg

今日のメニューは、白米にフリーズドライのカレーに代替肉、
サバ味噌と味噌汁。(いつも似たような・・・(笑)

ootakihirano17.jpg

いつもなら盛り上がるはずのお昼もなんだかションボリぎみ。
一人なのでどんどんよくない方向に。
1時間休憩して菰釣山へ。

ootakihirano18.jpg

晴れていたら富士さんがキレイ

ootakihirano19.jpg

と、そこへパラパラと・・・

ootakihirano20.jpg

雹?とか思いましたが、雪といったほうがいいですねこれはたぶん。
なんかね、もう笑うしかないですわ。
こういうハイキングもいいんじゃないですかね。
もう大自然を満喫といいますかね。
モヤモヤ感も吹っ切れました。
これが山というものです。
幸いここから下り基調なのでつらいことも少なくなってくるし
さぁ、行きましょう!
とか、なんとか言ってたら・・・

ootakihirano21.jpg

おやおや?

ootakihirano22.jpg

あれれ?

ootakihirano23.jpg

晴れた!!
太陽がこんなに嬉しいものだなんて。
素晴らしいものだなんて。

ootakihirano24.jpg

もうこのあとはずっと笑いながら走っていました。
走る格好じゃないのに。嬉しくて。
緩やかに上下するこの道を走らないなんてもったいない。

ootakihirano25.jpg

なんだか、自分のスタイルが見えてきたような気がします。
やっぱり、走りたいのです。
ハイキングがいやとかではなくて、いいとこどりしたい。
初めからトレイルランだと走ることばかりで余裕がなく
ハイキングではじっとしていられない。
じゃ、Mixでいいじゃないですかね?
普通のトレイルランがそれなんだよと突っ込まれそうですが・・・
ちょっとこの方向で装備の見直しをしないと。

おっと、東海自然歩道のレポートになってませんね。
菰釣山以降の油沢ノ頭、西保土山は1300mぐらいなので
やっぱり上りはそれなりに上りがありますが
高度があまり下がらないままなので
畦ヶ丸、菰釣山に比べたらまったくたいしたことはありません。
(いいのかそんなレポートで・・・)

鉄塔が多くなってくると高指山までもう一息。
テンション上がりまくりで「鉄塔フォーッ!」とかやってたら
人とすれ違ってかなり恥ずかしい・・・

ootakihirano26.jpg

大棚の頭まできたら後は高指山のほんの少しの上りを残して下るだけ。
鉄塔!鉄塔!なんて騒いでいたら・・・ついにヤツが・・・

ootakihirano27.jpg

富士山キターッ!
もう大騒ぎ。(一人で・・・)
富士山「オレは最初からクライマックスだぜっ!」

ootakihirano28.jpg

こんな鉄塔の脇を通り過ぎると

ootakihirano29.jpg

今日の最後のピーク高指山です。や、やっと終わる・・・
ここからの眺めは

ootakihirano30.jpg
(大きくなります)

もうなんか、すげーな富士。
今日の疲れが全部吹き飛びます。
もう1枚。

ootakihirano31.jpg

この後、富士山は雲に包まれてしまいました。
待っててくれたんだと思いたい。

さてさて、ここで終わりじゃありません。
もう少し続きます。

ootakihirano32.jpg

ススキの中を下りてバス停まで行かなきゃいけません。
もう山は終わり。
テニスコートと体育館だらけの合宿が行われる別荘地帯です。

ootakihirano33.jpg
ootakihirano34.jpg

お約束のコーラを飲みながら舗装路をトボトボ歩いていきます。
このへん、RPMだとあまり山から下りてきたように見えなくていいかも(笑)
ちょっと距離的に不安になりますが指標もしっかりしているので
指標にあたるまで真っ直ぐ進めば間違いなくゴールできます。

ootakihirano35.jpg

16時44分到着。
今日のゴールの指標はテニスコートの看板のため外されていて
悲しい感じでした。

このあと時刻表の確認をとバス停まで行ったら
ちょうどバスが来ていたので予定していたお風呂をやめて乗りました。
富士吉田を17時56分の電車。
乗り継ぎも順調だったのに最後の最後で南武線が止まって歩いて帰りました。
最後まで歩きとおしの1日でした。

お疲れ様でした。
なんというか・・・まったく参考にならないレポートですねぇ(笑)


posted by 書房 at 13:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東海自然歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。