2008年11月30日

東海自然歩道−4−大滝橋〜平野

イベント続きな週末が終わったので行ってきました。
前回の離脱地点の大滝橋から再開です。

ootakihirano1.jpg

今回は畦ヶ丸、モロクボ沢の頭、大界木山、城ケ尾峠、菰釣山、高指山を
通る22.6kmのロングコースです。

ootakihirano2.jpg

武蔵小杉5時48分発−登戸6時3分着−6時5分発−新松田7時4分着
新松田7時10分発(増発バス)−大滝橋8時14分

新松田では晴れていて気持ちのいい1日になりそうだったのに
大滝橋では曇。この下り坂の天気が長い1日の始まりでした。

ootakihirano3.jpg

大滝橋で降りた人は結構いたのに同じ道を行くのは私を含め3人。
しばらくは沢沿いの道を歩いていきます。

ootakihirano4.jpg

さすがに紅葉は終わりですが、落ち着いた色合いの山もいいものです。

ootakihirano5.jpg

大滝橋から畦ヶ丸への道はとにかく急でした。
東海自然歩道にこだわらないのであれば西丹沢教室からをお奨めします。

ootakihirano6.jpg

沢からちょっと離れて坂がきつくなってきたあたりで雨がぽつぽつ。
もう少しガマンすると一軒避難小屋だったのでザックカバーだけして
先を急ぎました。もう汗だくです。

ootakihirano7.jpg

小屋に着くころには小ぶりになっていました。
暑くて仕方がないので着なさそうなダウンインナーを下のほうに押し込み
ハードシェルも一旦ザックの中へ。今回はウェアでかなり失敗しました。
寒くないようにとできる限りの装備をもっていきましたが
一番着込んでいたのは家を出るときでした。
歩いているとまったく寒くないんですよね。
休憩も小屋の中が多かったのでそこまで寒くなかったし・・・
この辺の反省はまた別に書きます。
で、少しオヤツを食べて出発。

ootakihirano9.jpg

途中で空が明るくなってきてどうにかなるかなぁと思っても
ちょっと高度が上がるとこの有様。

ootakihirano10.jpg

視界の悪い中、畦ヶ丸避難小屋に到着です。

ootakihirano11.jpg

そういえば前回も畦ヶ丸に来たときは雨でした。
今日は先を急ぐのでここでの休憩はナシ。
もともと視界の開けていない畦ヶ丸もパスします。
脇にはこんな看板が。

ootakihirano8.jpg

冬の間に西沢、畦ヶ丸間を整備工事をするそうです。
進んでみると確かに補修したほうがいい場所が何箇所かありました。

ootakihirano12.jpg
ootakihirano13.jpg
ootakihirano14.jpg

モロクボ沢の頭、大界木山、城ヶ尾峠を突き進みます。
このころは本当に視界が悪くて萎え気味でした。
似たような道が延々と続くだけですし・・・
最近の疲れのせいか足の進みも悪くて今日来たことに後悔をしていました。
たまに視界が開けるとこんな感じ。

ootakihirano15.jpg

南のほうは晴れているのに・・・
ハイキングに向いてないのかもなぁ〜なんて思いつつ。
ひたすら進んで菰釣山避難小屋に到着。お昼にします。

ootakihirano16.jpg

今日のメニューは、白米にフリーズドライのカレーに代替肉、
サバ味噌と味噌汁。(いつも似たような・・・(笑)

ootakihirano17.jpg

いつもなら盛り上がるはずのお昼もなんだかションボリぎみ。
一人なのでどんどんよくない方向に。
1時間休憩して菰釣山へ。

ootakihirano18.jpg

晴れていたら富士さんがキレイ

ootakihirano19.jpg

と、そこへパラパラと・・・

ootakihirano20.jpg

雹?とか思いましたが、雪といったほうがいいですねこれはたぶん。
なんかね、もう笑うしかないですわ。
こういうハイキングもいいんじゃないですかね。
もう大自然を満喫といいますかね。
モヤモヤ感も吹っ切れました。
これが山というものです。
幸いここから下り基調なのでつらいことも少なくなってくるし
さぁ、行きましょう!
とか、なんとか言ってたら・・・

ootakihirano21.jpg

おやおや?

ootakihirano22.jpg

あれれ?

ootakihirano23.jpg

晴れた!!
太陽がこんなに嬉しいものだなんて。
素晴らしいものだなんて。

ootakihirano24.jpg

もうこのあとはずっと笑いながら走っていました。
走る格好じゃないのに。嬉しくて。
緩やかに上下するこの道を走らないなんてもったいない。

ootakihirano25.jpg

なんだか、自分のスタイルが見えてきたような気がします。
やっぱり、走りたいのです。
ハイキングがいやとかではなくて、いいとこどりしたい。
初めからトレイルランだと走ることばかりで余裕がなく
ハイキングではじっとしていられない。
じゃ、Mixでいいじゃないですかね?
普通のトレイルランがそれなんだよと突っ込まれそうですが・・・
ちょっとこの方向で装備の見直しをしないと。

おっと、東海自然歩道のレポートになってませんね。
菰釣山以降の油沢ノ頭、西保土山は1300mぐらいなので
やっぱり上りはそれなりに上りがありますが
高度があまり下がらないままなので
畦ヶ丸、菰釣山に比べたらまったくたいしたことはありません。
(いいのかそんなレポートで・・・)

鉄塔が多くなってくると高指山までもう一息。
テンション上がりまくりで「鉄塔フォーッ!」とかやってたら
人とすれ違ってかなり恥ずかしい・・・

ootakihirano26.jpg

大棚の頭まできたら後は高指山のほんの少しの上りを残して下るだけ。
鉄塔!鉄塔!なんて騒いでいたら・・・ついにヤツが・・・

ootakihirano27.jpg

富士山キターッ!
もう大騒ぎ。(一人で・・・)
富士山「オレは最初からクライマックスだぜっ!」

ootakihirano28.jpg

こんな鉄塔の脇を通り過ぎると

ootakihirano29.jpg

今日の最後のピーク高指山です。や、やっと終わる・・・
ここからの眺めは

ootakihirano30.jpg
(大きくなります)

もうなんか、すげーな富士。
今日の疲れが全部吹き飛びます。
もう1枚。

ootakihirano31.jpg

この後、富士山は雲に包まれてしまいました。
待っててくれたんだと思いたい。

さてさて、ここで終わりじゃありません。
もう少し続きます。

ootakihirano32.jpg

ススキの中を下りてバス停まで行かなきゃいけません。
もう山は終わり。
テニスコートと体育館だらけの合宿が行われる別荘地帯です。

ootakihirano33.jpg
ootakihirano34.jpg

お約束のコーラを飲みながら舗装路をトボトボ歩いていきます。
このへん、RPMだとあまり山から下りてきたように見えなくていいかも(笑)
ちょっと距離的に不安になりますが指標もしっかりしているので
指標にあたるまで真っ直ぐ進めば間違いなくゴールできます。

ootakihirano35.jpg

16時44分到着。
今日のゴールの指標はテニスコートの看板のため外されていて
悲しい感じでした。

このあと時刻表の確認をとバス停まで行ったら
ちょうどバスが来ていたので予定していたお風呂をやめて乗りました。
富士吉田を17時56分の電車。
乗り継ぎも順調だったのに最後の最後で南武線が止まって歩いて帰りました。
最後まで歩きとおしの1日でした。

お疲れ様でした。
なんというか・・・まったく参考にならないレポートですねぇ(笑)
posted by 書房 at 13:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東海自然歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

Hiker's Party

軽い界の有名人土屋さんのお店Hiker's Depot主催Hiker's Partyに参加してきました。

会場は三鷹のCafe Hi famiglia。オシャレなお店なのでございます。

hp1.jpg

参加者は有名ULブロガーの集いといっても過言ではないような濃いメンツばかり。
さすがグラム単位で戦う戦士たち、オーラが違います。

ちょっと早めの到着で受付を済ませたあと土屋さんが実際に使っていた
道具を手にとってみたり、写真を撮ったり。

hp2.jpg
hp3.jpg

そのあとは座ってボーッとしていたんですがそこに
ゴミ袋にビニール傘を挿した怪しい風体の男が・・・
おっと、失礼しました。いろいろ形容の仕方を間違えているみたいです。
訂正。
噂のZpackBlastを背負った小粋なカップルがコチラに歩いてきます。
TUNELESS MELODYさんとaiaiさんでした。
チキンハートを振り絞って挨拶を交わします。
Z-packBlastは本当にネタとして文句ナシですね。
(イヤあの実用としても文句ないですケド(笑))
この手のイベントに参加すると一人ポツーンとなることが多いので
話し相手が見つかって助かりました。
軽く奥多摩の話やらハセツネの話をしました。
そのうち人が集まりだしてそこかしこで濃いいアイテム話が耳に入ってきます。
あーなんかネタを仕込んでいけばよかったと大後悔ですわ。
とくに目立っているのが、I'm Hikerの人。
人違いはないでしょってことでTUNELESSMELODYさんが特攻。
ここでもZpackBlastが大活躍。食いつく食いつく(笑)
少年の目をした気さくな方でした。
私もドサクサにまぎれてご挨拶。
緊張してなにを話していいかわからず・・・
たばでんでえろの話がすごくよかったとだけどうにか話すことができました。
正直もうちょっと濃いULの話がしたかったんですけどねぇ・・・

さてさて、お酒も料理も出回ったところで本編スタートです。

hp4.jpg

土屋さんが6月に歩いたジョン=ミューア=トレイルのお話です。
美しい風景の写真とUL装備の実際のところ、テントを張る場所やら
苦労した場所とか蚊が多い話などなど。
13日間トレイルの上とかタマランです。
固形燃料は人と一緒に行くときはサミシクなるので
やめたほうがいいらしいですよ?(笑)

そんなこれでもかと詰め込まれたJMTのお話は予定時間を大幅にオーバー。
まったく飽きることなく楽しめました。
終わった後は道具の前で大質問大会。
私の聞きたいことを全部聞いてくれる人がいて私はまったく質問することなく
終わってしまいましたけどね(笑)

そんなこんなでションボリすることなくいろいろな情報を仕入れることもでき
出会いもあって大満足なイベントでした。
あとはこのチキンハートがどうにかなれば・・・・

今日の教訓:Zpackは買っとけ!(ニヤリ)
posted by 書房 at 00:05| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

LEDランタン

BBQのときになまさん作の世界最小ランタンを見せてもらい
子供のようにスゲースゲー欲しい欲しいと騒いでいたら
ご好意でいただけることに!感謝です。

lantern1.jpg
(左側のがそれです。右の筒状のものは・・・あははは・・・)

とにかくデザインがCoooooooooooooolだと思うわけです。
必要なものがあるべき姿でくっついている。素晴らしい。

lantern5.jpg

当然、重さだって

lantern6.jpg

最近ハヤリのアレと明るさを比較してみました。
カメラで修正が入ってしまうので正確に比較画像ではないですが
その修正の入り具合でみていただければと思います。

lantern3.jpg
lantern2.jpg

確かに明るくはありません。
でも、テント泊では18時で寝てしまう男にどれほどの明かりが必要か?
と、いう考えでいけば生活できるほど明るい光はいらないのです。
もうこれで十分。
いや、なんか理屈とかどうでもいいんです。惚れているのですから。
3780円のOrbitが無駄になりそうです・・・orz
(いや、必要なときはあるハズ!)

lantern4.jpg
posted by 書房 at 00:10| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

宴会BBQ

良い子はお酒の飲みすぎに注意!!

日曜、月曜と奥多摩に泊まり、トレイルを走る仲間と宴会でした。
お昼ごろから集まりだしてまずはフリークライミング体験会。
一番簡単なところはどうにか登れましたが、その次はまったくダメ。
参加者3人の中で一番登れてませんでした。
足がプルプルしちゃって、ミシンを踏むというらしいですが
かなりの布が縫えたような気がしました・・・orz

それからしばらくは上級者のボルダリングを見学。
なんか雰囲気がいいんです。
応援したりチャカしたり、ノンビリ順番を待ってアルコールも入ったりして。
あまりに楽しそうだったのでお願いして挑戦させてもらいました。
一番簡単なところなわけですけどまったくどうにもなりません。
ヘンな力が入っているので2〜3回挑戦したらもう手に力が入らなくなりました。
でも、最後にそれまで苦戦したいたところにスッと手が出ていって
なんかそれがすごいうれしかったです。
その次がうまくつかめなくて終わってしまいましたが
ちょっとの進歩でも達成感があります。
これからも挑戦したい気分です。
(さて、シューズとチョークを買うんでしょうか?(笑))

夕方になって人が増えてBBQの準備開始です。
働き手が多い集まりなのであまりすることもなく・・・
ま、とりあえず一杯。
準備も終わって最終集合時間までまた一杯。
食べ始めてもう一杯。
とりあえず食べて飲んでいたら、体が動かなくなっていて
見えているもの聞こえている音がなんだか人事みたいになっていって
気づいたらダウン。
よく分からないうちにバンガローに運ばれて布団で寝てました。

人が意識がないことをいいことにハッちゃけた集団が
顔にラクガキをするわ七味唐辛子をかけるわマヨネーズを塗りたくるわ・・・
いつか必ず復讐すると心に誓うのでした。

そんなこんなで目が覚めたのが午前2時。
大騒ぎはもちろんとっくに終わっていて静かに歓談中だったところに復帰。
もうなんかやっぱりイチイチなにを話したか覚えてませんけど
火を囲んで話をしたことがただただ楽しかったことだけ覚えています。

一夜明け。キャンプ場で迎えるにしては遅い朝。
ひとり、またひとり少しずつ起きてきてそれぞれ朝食の準備。
メスティンでご飯を炊いて玉子かけご飯を食べました。
ちょっと水の量が少なくて硬いご飯にだったのが残念・・・

メンバーの一人が完全にダウンしていて病院に運ぶ騒ぎにがあり
ちょっと遅くなって今日のイベントのトレイルランとボルダリング
私は時間の都合でトレイルランはパスして岩に貼りつきました。
何度やっても同じところで落ちてしまって情けない。
アドバイスもらっているのにまったくその通りにできなくて情けない。
そんでもってやっぱり4回やったら握力なくなって終了。
1つぐらいクリアしたかったなぁ・・・
密かに再挑戦を誓うのでした。

こんな感じでこの秋最後の連休を満喫しました。
(撮った写真がほぼ全部手ブレでいやーん・・・)
posted by 書房 at 22:28| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

日帰りでいいから

このブログにはアクセス解析がついていて
どこから来たのかが分かるようになっています。
検索で多いのは
・「black+diamond+RPM」
・「ロールアップスタジアムシート」
・「トランギア」
の3つで最近だとJAM2の検索が多いです。
で、最初のPRMを検索するとどうなっているのだろうと見てみたら・・・
RPMを背負ってどこかに行きたくなりました・・・

RPMを初めに買ってよかったです。
26リットルっていうサイズが私にあってます。
どうにかこうにかテントで一泊できるあたりが最高です。
(寒い時期は無理ですが・・・)

最近3連休の最後の月曜日に出勤していることが多いので
代休取ってどこか日帰りで行ってこようと思います。
posted by 書房 at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

ハセツネ30km

春開催だそうです。→公式ホームページ
「ハセツネ」ってつく大会は1つにしてほしいなぁ。
奥多摩30Kとかでお願いしたいところ。
いろいろなカテゴリーのレースができるのは歓迎ですが
やっぱりすごい人数になっちゃうんでしょうね。
初心者向けレースにだってシリアスランナーは申し込むだろうし・・・
私?もちろん申し込みますよ。
posted by 書房 at 23:06| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

2008川崎国際多摩川マラソン

ようやく連続エントリーも最後になりました。

朝起きたらザーザー降り・・・
はいはいDNSDNSなんて思いながらノソノソと準備。
会場がいつものジョギングコースなので今日はゆっくりしてました。
これが完全に失敗。
まず、朝ごはんが遅い。2時間前に朝食とってるし・・・

さて、小降りになってきたので会場にむかいます。
2〜3人しか歩いていないのでちょっと心配になりましたが
等々力陸上競技場には大勢の人。
やっぱり、ロードレースはスゴイっすね。
受付にも長蛇の列です。来年は前日受付してくれないかしら。

todoroki20081.jpg

受付を無事済ませたら準備開始です。
家から全部着込んでいったので上着を脱いで番号をつけるだけ。
雨も上がってきました。う〜ん、しくじった感じです。
降り続けても寒くない格好でかなり重装備してました。
ロードのレースで初めてCW-Xを着たり、長袖でアンダーも着てたり。
気温もあまり低くなくて雨が降っていないなら半そでランパンでよかったのに・・・
予備は持ってきていないのでこのまま行くしかありません。
完全に失敗でした。

荷物をまとめて預けに行くと、ここも長蛇の列。
マイッタ・・・スタートまで20分ありません。
心の準備も体の準備もできないままトイレを済ませて
スタートに並んだのは2分前。当然最後尾。
それでなくても足の状態はあまりよくないのに。
今日はそれなりでいくしかありません。

スタートの合図からラインまで1分10秒
それからもうずーっと混雑の中。
CW-Xがまとわりついて足が速く動かないよ〜なんてことも・・・
コースは最初二子橋に向かって進みます。道路は完全規制で全面走れます。
広いはずなんですが・・・
橋の手前で折り返して土手の中に入って砂利道をガス橋まで走ります。
5kmのタイムは26分13秒。
23分ぐらいで走りたかったところですが混雑の中でどうにもならず。
タイムどうこういうより自分のペースで走れてなかったので気持ちが萎え気味。

混雑の中を蛇行を繰り返しているとペースいっしょの人がいました。
ずっと二人で並走して追い抜き続けました。
相手の人が意識していたかどうかは分かりませんけど私はすごい意識していました。
彼より遅れたらペースが落ちたということですから彼より遅くならないように必死で。

10km51分21秒。
ペースはあまりかわらず。ようやく人がばらけてきました。
丸子橋を過ぎてガス橋の手前で折り返してきた人とのすれ違いです。
100人ぐらいまで数えてみました。(意味不明)
ガス橋で折り返しと思っていたのにガス橋から折り返しまでがちょっと長い。
折り返してからちょっとペースが落ちてきたのか並走していた彼が前に出ました。
振り切られたら終わってしまうと必死でついていきます。
このころは抜くのも楽になっていてただ彼の姿を追っていけばよかったので
疲れてきてはいましたが、気持ち的には楽でした。
17km付近でその彼のペースが落ちてきたので前に出ました。
心の中で今度は自分がひっぱるぜぐらいの気持ち。
どうもちぎってしまったようですけど・・・

第三京浜の手前で折り返して舗装路に戻ったら後は野となれ山となれ。
腕時計のどこかのボタンを押していたらしくて途中のタイムも確認できない状態。
ストップウォッチに戻してみたらギリギリ自己記録に間に合わないペース。
でも、せっかくここまで走ってきたのだからと粘って走ります。
競技場の外周を半分回って中に入りトラックを半周してゴールしました。

todoroki20082.jpg

グロスで1時間38分58秒。記録証は即日ではないのでネットは不明。
グダグダのわりには速く走れてました。
足の状態もよくて服装も間違えず、並ぶのが早かったら記録更新できたかもしれません。
走ることに関してはそれなり満足できているので
準備段階での失敗が悔やまれるとこです。

ということで4週続いたレースもこれで終わり。
おつかれさまでした。
posted by 書房 at 16:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーフマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

鏑木毅凱旋報告会

会場が会社から歩いて10分のところなので仕事終わりに
鏑木さんの凱旋報告会にいってきました。
入り口ではゴールドウィンの取り扱いメーカーの安売り。
Tevaのシューズ1足5000円、3足10000円って破格すぎ(笑)

会場に入るとレース中の鏑木さんの装備とモンブラン周辺地図が展示されてました。

kabu1.jpg

現地入りしてからレース終わりまでを写真でみながらのお話会。
最初から最後まで鏑木さんのつらそうな顔のオンパレード
他の選手は笑っているところとか真剣な顔とかあるのに
鏑木さんだけは、弱りきった顔ばかり。
(ご本人も自覚されているようでした。)
そりゃあの距離走ったら憔悴もしますわな。

やっぱり参加選手の装備に目が行きますね。
ちょっとBIOTEX買っちゃおうかなとか
ストックはどこのだ?とか
バックパックはサロモンのを見てみたいなとか
鏑木さんはミズノのランシューズなんだ・・・とかとか

最後の質問コーナーがなかなか面白くて
ツールドモンブランのことというよりアドバイスを聞きたい人ばかり(笑)
強度を高める練習として富士山のお鉢巡りを20周(40km)したらしいっすよ・・・
素人には無理っすね。

いや〜もう〜写真をみて、話を聞いてしまうともうダメですね。
CCCに出たくてしょうがない。
もちろん、すぐに出られるわけもないし
今出たところで走力が足りないのは明らかなんですけども・・・
出たいなぁ〜

でですね・・・

acon.jpg

アコンカグアジャケットなんですけどね・・・
定価31000円なんですけどね・・・
最後のジャンケン大会で勝っちゃいました!
うひょ〜っ!手が震えたよ!鏑木さんと握手もしちゃったyp!
もう一生の運を使ってしまった感じ。
つーか、ダウンジャケット2着目でどうするよ・・・

最後は今日の戦利品
TARZANとトートバッグ(全員にプレゼント)
macpacのシャツ。
これは精進湖のときに間瀬さんが着ていたのと同じ色だと思う。
欲しいと思っていたところだったので、うっかり買ってしまいまいした。

macpac.jpg

私の人生オワッタな・・・
posted by 書房 at 21:38| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

物欲主義

よかろう、ならば戦争だ!(意味不明)

ボケ〜ッと人様のブログを読んでいるとロクなことにならないわけです。
今日も欲しいものが増えてしまいました。

MSR E-WING

軽くてコンパクト。
これの下に蚊帳吊って寝てみたい。
歩き屋・DEGA−MONブログのDEGA-MONさんのこの組み合わせがかなりイケテルと思うのです。
欲しいなぁ〜欲しいなぁ〜
でも、これ使うとしたら来年の春以降だよなぁ・・・

グラナイトギアのフローゼンパイント

リンク先の一番小さいヤツ。
アイスクリームを入れて運ぶためのエアセルです。
本当に溶けないで持ち運びできるのか試したいです。
でも、使うとしたら来年の夏・・・

でもでもでもですよ?
今買わないと買えなくなっちゃうかもしれませんよ?
ね?ね?
買うべきだと思いませんか? ねっ?
posted by 書房 at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

第8回陣馬山トレイルレース

4連戦の第3ラウンドです。

jinba.jpg

藤野着7時16分。
送迎バスで会場近くまで。
とにかく寒い。この秋一番の冷え込みだそうですね。
昨日の雨もあってマレットゴルフ場の地面が湿っていて寒さに花を添えています。
今回は天の啓示でエマージェンシーブランケットとモンベルザブトンを
持っていったので快適でしたが、テントを張っている人もいてうらやましい・・・

ウェアを全部着込んでいったので番号をつけるだけで他にすることもなく。
唯一知り合いで参加されているkojikenさんに挨拶に行った後は
ただボーッと・・・ひたすらボーッと。寒くて動きたくないし・・・
荷物を預けるのもギリギリまで待って上着を脱いでスタートの列に並びました。

めずらしく「パンッ!」という音でスタートをきります。
会場出口で軽く渋滞したあと車道に出て広い道を気持ちよく走って上ります。
舗装路が終わった後もしばらく広い場所なのでゆっくりになることはあっても
止まってしまうことがなくて好いコース設定だと思いました。

さて、今回の目標は渋滞以外で歩かないこと。
とにかくどんな坂でもどんなに遅くても走り続けて行こうと決めました。
ゴールの予想時間というか希望時間は2時間半。

いつものように最初に突っ込んでそこからペースを落さないように粘るのではなく
自分が気持ちよく走れるスピードで真顔にならないように努力しました。
陣馬山山頂までの上りでは前がつまって歩くことがありましたがおおむね順調。
山頂にはメイドさん。メイドさん?????
すごい応援だなぁなんて思っていたら、たーこさんじゃないですか!
パラダイス企画の集まりのときに挨拶しただけなので
私の顔は認識されていないようでしたが、
知っている人が山頂でコスプレしていてかなり驚きました・・・
山頂(7km地点)到着は56分26秒。

さてさて、衝撃の山頂から下りです。
今回は怯まずに重力まかせで落ちていきます。
なんと下りで人を抜くという快挙(笑)
急なところはなくて走っていて気持ちのいい下りでした。
今度一人で走りに行こうと思います。

テンポよく下りきると給水所。14km地点です。
到着は1時間21分。
元気のよい中学生が水を渡してくれます。
ここからが正念場。
去年の参加者のブログを読むと悲鳴というかグチというか
とにかくヒドイとしか書かれないロードの長い上りがスタート。
トレイルレースと銘打たれているレースでこの長さのロードは
確かにきついかもしれません。ココロが折れます。
私は初参加なので終わりがどこなのか見当もつかず厳しい戦いになりました。
いつもならロードなんてやってられっか!とばかりに即歩きな場所。
走り続けるなんて誓ったばっかりに・・・
がんばりましたよ。ゆっくりではありますが走り続けました。
先が分かっていれば緩やかな場所でスピードを上げられるのに
いつまで続くか分からないので微妙に我慢。
お腹が空いてきたけど我慢。
トイレに行きたいけど我慢。
我慢我慢でした。
マイペースを貫き続けてトレイルへの入り口である給水所に到着。
2時間05分42秒。残り4.2km。

ようやくトレイルです。
最初は同じような上りなのにあきらかにペースアップしている自分ガイル。
トレイルを走れるのがめちゃめちゃうれしい。
最後の下りに入ったらもう止まらない。
正確にはもう踏ん張りが効かない・・・
ブレーキが壊れました。もう突っ込んで行くしかありません。
カーブで減速するにはしますがはみ出そうなぐらい。
って、自分では限界までいっているのにさらに速くて抜き去っていく人が
いるのですから、まだまだ修行が足りませんね。

いいペースで下っていっていましたが、なぜかここで前がスピードダウン。
さっきまでのスピードの9割ぐらいでしょうか。
遅いってほど遅くなっていないけど、なんだかテンポが悪い。
ながーい列車の誕生です。何人つながっているやら・・・
抜かれるのがヘタな人っていますよね。仕方ないです。
私は抜かれることに関してはベテランです(エヘン)

そんな調子で舗装路に突入。
みんな溜まったストレスを発散するかのように飛び出していきます。
私はといえば・・・渋滞の元の人に追いつけない・・・
ロードでのスピードがないなぁ・・・

ま、そんなこんなで自分なりに全力で走って無事にゴールしました。
ゴールタイムは2時間27分02秒。総合176位、種目別104位
エントリー数1326人だったかな?
めちゃめちゃ上位じゃないっすか!
素晴らしい。かなり満足です。
順位ではなくて最後まで走れたこと、目標タイムをクリアできたこと。
まったく後悔しないでいい形でゴールできたこと。
レースを楽しめたこと。
こういうことがあるから止められない。
先週、今週と満足のいくレースが続いて嬉しいです。

さて、ゴール後のお楽しみはすいとんです。
栃谷林道の途中からお腹が空いてしかたがなかったので
一番具が多そうなのを選んでガツガツ食べました。
うあー生き返る〜! アンケート書いてポカリスウェットもゲト。
体を冷やさないようにささと着替えてコンニャク玉も購入。
やっと胃が満たされました。
最後にここのところの好調を支えてくれているであろう
MUSASHIのレプレニッシュを半額で購入して帰路につきました。
(あやうくGOLITE製品を買いそうになったのはナイショね)

会場から駅まではバスに乗る距離でもなかろうと判断して
トボトボ歩いていると、後ろから呼ぶ声が。
振り返るとkojikenさんでした。
kojikenさんはロードで萎えて順位を落したとか。
確かにあのロードは長すぎです。5〜6kmぐらいでしょうか。
kojikenさんはロードレースには出ない真のトレイルランナーなので
それこそやってられるか状態だったみたいです。

kojikenさんの所属するXCESSのケロ野さん(仮名)と3人で立川まで。
ケロ野さん(仮名)とはかなり近い順位でゴールしていたようで
最後の渋滞の話なんかもしたりして。
また、みたけでという話をして別れたのでした。

楽しいレースでした。
posted by 書房 at 16:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

軽量スプーン

午後になって雨が止んだのでHiker's Depotにいってきました。
お店主催のHiker'sPartyに参加申し込みをしたのですが、
1度もお店にいってないのは失礼だろうということで・・・
と、いうのは言い訳で単純にいいものあったら買いたいなと。

広いお店ではないのですが、厳選されたアイテムが盛りだくさん。
それでいて窮屈な感じがしない不思議なお店です。
本当はじっくりバックパックを触りたいところ。
でも、いくらなんでもGOLITE好き過ぎだろう状態なのでグッと我慢。
(懐具合にも問題ありますし、またバックパックかと・・・)

今回は大豆ミートとチタンスモールスプーンを購入しました。
(ええ、いろいろ我慢しましたともさ。)

spo1.jpg

今まではLIGHT MY FIREのスポークを使っていました。
軽いのは軽いのですが少し大きいのとちょっと持ちにくい。
全体がS字なので収納しにくいという不満点がありました。
実際に軽量してみると

spo3.jpg

乗せたときは10gで写真を撮ろうとセッティングしていたら11gに。
カタログスペックでは7g・・・ははは・・・
んで、ほぼ一目ぼれで重さのことなんか考えずに買ったミニスプーン。

spo4.jpg

ほぼ12gの11gです。UL的にはスポークのほうを選択するのが正解そうです。

が、

spo2.jpg

私は軽さとともに小ささも求めたいのです。
パッキングのしやすさにもこだわりたい。
ティースプーンの大きさで食事に向いてないんだとしても
収納しやすいスモールスプーンもいいんじゃないかと。

単純に自分の買い物を正当化したいだけの本日のエントリーでした。
大豆ミートの話はいずれ。(調理法を模索中)
posted by 書房 at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ロードレースなんて〜!!(泣)

東京のアレは当然落選。
ロードなんてどうでもいいんだけど・・・
なんて書くと負け惜しみにしかならないですよねぇ・・・
引くに引けません。来年も応募します。
posted by 書房 at 22:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

必要なモノが多すぐる!

最近買ったモノ
Skinsロングタイツ
モンベル U.L.ダウンジップジャケット
モンベル スーパーメリノウールM.W.タイツ
NITEIZE S-BINERx3
MUSASHI REPLENISH(笑)

今年はアウトドア用品にお幾ら万円使っているのか思い出したくない感じ。
なのに・・・JAM2PACKの背負い心地がいまひとつなのです。
ウェストのベルトの効きがあまりよくなくて肩にすごい負担がかかりました。
詰め込みすぎが原因なんだとは思いますけど・・・
ULを目指してシビアに装備を整えるなら問題はないハズ。
でも今回みたいに快適な道具を多めにもっていく場合に使用するパックじゃないですよね。
パックのコンセプト通りに使わなきゃ意味がありません。
と、いうことで、そんな快適キャンプ用のパックが必要になりました(笑)

それからそれから、あんなのやらこんなのやら・・・
バカっていわれるから書けないものが沢山あります。
諸先輩方のブログでなんとなく読んでいた道具のインプレッションも
だんだん意味が分かるようになってきてまして
必要だと思うモノがまたちょっと変わってきたりして
欲しいものが増えてきている現在です。
困ったものです。
posted by 書房 at 16:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

森林浴トレイルラン in 精進湖・本栖湖

そんなわけで続きです。

夜明け前に釣りの人と富士山を撮影する人の車で目が覚めて
もう一度努力して寝て6時起床。

fujis4.jpg

食事を済ませて会場まで徒歩20分。
精進湖を1/3周して小学校へ
荷物の大きさに驚かれつつ受付を済ませると
旅行モードからレースモードに変わってなんだか妙な感じ。
更衣室に荷物を置いて着替えを済ませて
1時間前からいるというどららさんと合流。
バスの時間に合わせたゆっくり進行だったので
のんびり茶飲み話をして過ごします。
晴れて温かくなってきました。

プレ大会ということで番号もなくて時間もセルフ計測。
スポンサーの幟もなければ出店もありません。
参加費1000円で草の根大会というところが魅力です。
開会式と競技説明、それからゲストの間瀬さんの紹介がありました。
間瀬さんはゴール後に逆走するとのこと。
会ったらハイタッチでもしたいなとこのときは思っていました。
それから10分あけていよいよスタートです。
校庭に足で描いたスタートライン。参加者もなんとなく並んでいます。
ゆるい感じがよいのです。

パフ〜の音で走り出します。
校庭から飛び出しちょっとだけ舗装路を走ったら樹海の中へ。
精進湖登山口、青木ヶ原の樹海をひた走ります。
落ち葉が多くて岩がわからずちょっとズッコケたりもしましたが
舗装されているところもアリで走りやすいコースだと思いました。
急坂がないので走り続けなくてはいけないのがツライところ。
私ぐらいの実力で終始走るトレイルランのレースには
参加したことがないので新鮮でした。
最初だけでも先頭について行こうとがんばったのですが
登山道に入ってすぐにちぎられました・・・まぁ、当然ですケド・・・

前半は、上り下りを繰り返して全体的には上り。
カーブも多くていかにもトレイルという感じ。
広めのシングルトラックで走りやすいです。
精進湖登山道を外れ本栖林道に入ると給水所。半分の7km地点です。
林道は緩やかな下りになっていて道幅も広く色づいた木々の中を
気持ちよく走れます。
ここで私を抜いていく人はほとんどランニングシューズ。
全体を通してもトレランシューズである必要性は感じられなかったので
来年参加するならランニングシューズを選択すると思います。
軽くて楽そう。

もう5kmぐらいからペースを落すかどうか迷いながら
走れてしまっているのでキツイながらも全力疾走を続けます。

林道が終わると本栖湖です。
本栖湖沿いにさらに下っていきます。
観光の人に応援されたりして、さっきまでの樹海とのギャップが楽しめます。
もうちょっとゆっくり本栖湖を見ていたいななんて思いつつ
道路を横断してまた樹海の中へ。もうひとふんばりです。
コースは平坦、やや上り気味に変化。
先ほどまでは自動的に進めていたのにまたふんばって進んでいかなければなりません。
このあたりで後ろから女性の呼吸が聞こえてきます。
抜かれるタイミングを計っていたらちょうど慎重に下りなければならない
地下道についたのでゆっくり脇に避けたらなんと間瀬さん。
滑り止めに設置してある細い板の上を楽しそうに走ってます。
全力で走っているわけではないでしょうし、ゴール後も走ることを
考えているでしょうから私が前にいたところで威張れる話ではないですが
なんかそんな位置にいる自分が嬉しかったりして力が湧いてきました。
その直後の上りで抜き返してそのままの勢いでゴールまで。
大人気なく間瀬さんに勝った勝ったと大ハシャギしているのでありました。
タイムは1時間12分23秒。満足のいくレースになりました。
楽しかったなぁ。

一番辛かったのはその後。
ゴール直後にまだ汗がでていて呼吸も落ち着いてない状況で
アンケートを書くのはシンドイです。
描かないと完走証もらえないし・・・(笑)

それからゴールちょっと手前に座って戻ってくる人の応援。
一人で参加していることが多いと見ず知らずの人から応援されるのが
本当に嬉しいと実感します。すごい力になりますし。
なので、お返しに自分が終わったらゴール前で応援しようと思うこの頃。
しっかり着替えてからやればよかったのに汗ビショのままいたら
すっかり風邪を引いてしまいました。鼻グズグズです。

あまりに寒かったので着替えてグラウンドシートを出して
日当でお楽しみの鹿カレーをいただきました。
カレー美味しかったです。鹿の肉?よく分からなかったかな(笑)

タイム計測はないものの男女3位までは賞品贈呈式がありました。
その最中に最終ランナーがゴール。
体育館に移動して六花先生と間瀬さんトークショーとランナーズミーティング。
間瀬さんのトークはすごい。すさまじい破壊力!
トレーニングやツールドモンブラン、TJARの話など楽しく参考になることばかり。
間瀬さんは練習時間を作らないそうです。
どっか行くついでにちょっと遠回りをして走っていくとか
(ろうきんに記帳に行くついでに1時間走るそうですよ)
家族で遊びに行くのが富士山9合目でそこからスキーで下りてくるとかとか
生活全てがトレーニングのようです。

ランナーズミーティグではせっかく富士山の近くなのだから
富士山が見えるポイントを作って欲しかったとか意見がでていました。
私は森の中を走っているだけで満足だったので思いもしませんでしたが
言われてみれば確かに富士山みえたらいいですね。
富士山麓トレイルレースのときに折り返し地点で樹海を上からみたら
テンションが上がったのを思い出しました。

それから六花先生のライブを聞いてゆっくりした時間をすごして
解散となりました。

帰りはどららさんの車に乗せてもらい渋滞の中を河口湖まで戻って
お風呂に入りサッパリしてちょっと早い食事を済ませてから
道志道をのんびり帰りました。

気づいたら写真がひとつもないのでしたよ・・・
posted by 書房 at 19:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精進湖でキャンプ

森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖へ参加するために
前日入りでキャンプしてきました。
天気がよく気温も穏やか富士山もはっきり見えて気分のよいキャンプになりました。

10時04分  武蔵小杉発 立川行き
10時45分  立川着
10時57分  立川発 高尾行き       1280円
11時14分  高尾着
11時20分  高尾発 小淵沢行き
11時57分  大月着
12時08分  大月発 富士急 河口湖行き  990円
12時57分  富士吉田着

富士吉田からバス(13時30分)に乗って精進湖キャンプ場まで。(1200円)

受付で800円払ってナンバーカード受け取りサイトへ。
もうどこに設営しようと富士山が目の前にばばーんと

fujis2.jpg

ホテルとかも近くて家族連れが多いところなので
トイレもキレイだし、水道も多めです。
この季節なら夜大騒ぎする人もいないようなです。
今回は本当にキャンプのためのキャンプ。
しかも寒さ対策を過剰にしているため荷物がパンパンです。

fujis0.jpg

そして、Utopia1をニヤニヤしながら設営。

fujis1.jpg

セッティングが終わったらHexaLiteに座ってボーッと富士山を眺めていました。
お菓子をかじりながらボーッと。
お米を水に漬けてまたボーッと。
7月のことを思い出しつつ・・・

今日も今日とてトランギアのアルコールストーブで白米を炊きます。
この日の夜はカレー、生卵、ソーセージ、ふりかけ、お味噌汁と甘酒。

fujis5.jpg
fujis3.jpg

食事中もずっと富士山を眺め続けていました。
後片付けを終えて暗くなっていく富士山を見ていたら眠くなってきたので
18時で寝ることに。
風があってテントがバタついていましたが、あっというまに寝落ち。
20時に起きてちょっと本を読んでから本気就寝。
最低気温は0度前後。
シュラフはULSSダウンハガー#3、
マットはリッジレストのショート(これで荷物がパンパンでした)
これにフリースとダウンインナージャケット、
内側が起毛しているパンツにウールももひきでポカポカでした。
まだもうちょっといけそうです。

本当にただただ富士山を眺めていたので書くことがありません。
翌日に続く!
posted by 書房 at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。