2008年10月31日

増えた・・・

camel.jpg

増えとるがな・・・
posted by 書房 at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

心が折れそう?

今週末は森林浴トレイルランin精進湖本栖湖です。
前日入りでキャンプの予定です。

が、

先週末から急に気温が下がり現地では寒さ爆発の模様。
ココロが折れそうだよママン!

でもでもでもでも
冬用のウェアとか買っちゃう?
買うよねぇ〜普通〜
シュラフカバーとか買っちゃう?
買うよねぇ〜普通〜
買ったらキャンプするよねぇ〜普通〜

う゛ぅぅ〜
posted by 書房 at 23:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

第24回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン

4回目の参加になりました。

katsu081.jpg

天気は曇り。すこし肌寒い。
夜のうちは雨だったようでところどころ濡れているところも。
送迎バスで会場に到着して体育館で準備を終わったころには
薄日が差してマラソン日和となりました。

今日はゆっくり楽しんで走るつもりでウェストポーチにカメラを入れて準備。
コース案内でも作るかなぁ〜なんて・・・ちょっと待て。
そんな?そんななん?それでいいのん?
楽しみ方は人それぞれ。他の人の楽しみ方を否定する気なんてありません。
でも、今の自分の楽しみ方はそれじゃないんじゃない?
いやいやいや、それほどマジメに考えたわけではなくて
なんか違うなって思っただけです。
ってことで普段どおり全力で(笑)

トイレをすませて列にならんで5kmの部を送り出したらいよいよスタート。
前のほうに並んだつもりだったのに周りはのんびりペース。
中盤までは上りばっかりなので抑え気味の人が多いようです。
グニュグニュと蛇行しながら少しずつに抜いていきます。
これから4週連続レースなんて知ったこっちゃありません。
ダラダラ坂を進んでいって1kmぐらいから本格的な坂がスタートです。
4.5kmまでずっと上り。得意っちゃ得意ですけど楽なわけもなく。
チラッと時計をみると21分すぎてます。
スピートの必要なレースなんて新宿シティ以来です。
勝沼ぶどうの郷駅の前を過ぎて下りになるころには息も絶え絶え。
10kmって長いですよね・・・

最後は年上の女性とのデットヒートでどうにペースを落とすことなくゴール。
43分17秒で68位(!)
去年はグズグズ考えてしまいましたが、今回は大満足です。
全力で走って全力で楽しめたから。

走り終わったらお昼です。(お弁当つきレースなので)

katsu082.jpg

お昼を食べたらここからが本番。
まずは、ぶどう食べ放題。

katsu083.jpg

続いてワイン飲み放題

katsu084.jpg

ぶどうジュースも飲み放題

katsu085.jpg

ひとしきり味わったら・・・ここからが本番(さっきも言った)
ワインの試飲大会!

katsu086.jpg

カンパーイ!

katsu087.jpg

どんどんいきます。

katsu089.jpg

いや〜もう楽しいっすねぇ

katsu0810.jpg

ふははは

katsu0811.jpg

もうなにしにきたか分からなくなるぐらいエンジョイ中も
ハーフマラソンのランナーがつぎつぎにゴールしていきます。
おつかれさまでございます。

katsu0812.jpg


ワインを堪能したら駅まで歩いて酔い覚まし。
ハーフの最終ランナーを応援しながら駅までの坂を上がります。
途中でシャトー勝沼に寄ってクリームパンを購入。

katsu0813.jpg

買ってからクリームを入れてくれます。
バニラが効いてておいしゅうございました。

ってな感じで今年も無事に勝沼ぶどう郷マラソン終了です。
初めて参加したレースが本当にここでよかったと思います。

katsu0814.jpg
posted by 書房 at 21:10| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ハーフ未満イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

体調不良と来年の話

二日連続で通勤中に吐き気に襲われました。
会社にいてもだるくて仕事になりません。
風邪の予兆かハセツネの疲れがでているのか低気圧のせいなのか
もしくは全部か・・・

そんなわけで、ジョギングもスイムもお休みです。
週末の勝沼ぶどう郷マラソンはゆっくり楽しんできたいと思います。

で、来年のお話。
エントリー締め切りが早くなる傾向にあるのはご存知の通り。
今の時期から来年のレースの計画を立てていないと
なににもエントリーできそうにありません。

でも、今から来年5月ぐらいまでの予定を入れるのって不安なんですよね。
年度を跨ぐので仕事がどうなっているかも分かりませんし・・・
今年を振り返ってみたりとかしてから来年どうしていくのか決めたいところですし・・・
ウルトラマラソンを詰め込みたい気もするしトレイルだけに絞りたい気もする。
う〜ん・・・
出たいレースをカレンダーに書き出して取捨選択していくしかなさそうです。
そのそきそのときの気分で決められれば楽なんですけどねぇ
来年の春の気分なんてねぇ
posted by 書房 at 00:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

GERBER SHORTCUT

ストレスで買い物が止まりません(嘘)

shortcut1.jpg
shortcut2.jpg

「もしものとき」に使う道具ほど買いにくいものはない気がします。
いままで運よく「もしものとき」に出くわしていないので
どんなことが起こるのかは想像するしかなく
適切な道具を選択しにくいのです。
私は不器用でナイフの扱いに自信がありません。
だから、今回は刃物としてハサミを選択しました。

実物を扱ってみての感想としては
ハサミ、ナイフのサイズは十分。(たぶん)
栓抜き兼マイナスドライバーと平型プラスドライバーが出しにくい。
動きが硬くてツメが割れそうです。
肉抜きがしてあるところがカッチョイイ。

非常時ではなくて実践で使える日が早く来るといいなぁ
posted by 書房 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

広がってゆく世界

大げさなタイトルですいません。

ロールプレイングゲーム(FFとかドラクエとか)では
ゲームを始めてすぐには遠出ができません。
最初の街の近くで戦います。
少しずつ経験値を上げていくと少しずつ遠くに行けるようになります。

山と高原地図を眺めていてそんなことを思いました。
これからも少しずつ増えていく予定です。
そのうち1/25000の地図とかも買うことになるんでしょうね。

map.jpg

むー奥多摩の地図が見当たらない・・・
posted by 書房 at 22:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

清掃登山

ハセツネの清掃登山は晴天に恵まれ楽しい1日となりました。

st1.jpg

9時に集合場所にいくと人がいっぱい。200人を超えていたそうです。
事前に登録していない人は受付で名前を記入しなくてはいけないので
受付の列が長蛇の列。
私は事前にメールで登録していたので名前に○をするだけで済みました。
地図とクジをもらい公園の奥へ。
高台から写真を撮っていたらクジの引き換えが始まったので交換に。
どうやら当りのようです。(ハズレなしで末等はモンベルのティッシュ)

st2.jpg

左がスポーツドリンクを入れて持参したボトル。
右がいただいたもの・・・増えた!!
むーしばらくはストックしておきますか。

代表者や有名選手の挨拶やらあり、ソイジョイ、アミノバリューの配布あり
それからしばらくしてグループ分けが始まりました。
せっかくなので奥のほうに行こうと鞘口峠から第2関門までのグループに参加です。
都民の森まで車で移動してそこからとなります。

st3.jpg

予想以上の参加者になっているらしくて車のやりくりも大変そうで
参加者の車も使って移動しました。それでも1度には運べなくて
待ち時間がかなりありました。
あまりにお腹が空いたので団子やらあんぱんやら買い食い。
全員が集まったのは11時近くだったと思います。
ぞろぞろと鞘口峠まで移動します。

st4.jpg

ここから三頭山に向かうグループと第2関門までのグループに分かれます。
どう考えてもこの2つのグループはつらさが違います。
三頭山に向かうほうにはイーストウインドの田中さんがいてなかなか人気なんですが
この暑い中を三頭山越えはたいへんそうです。
ここでフト思ったのは、鞘口峠から第2関門てやたら近くいんじゃないかということ。
しかも、盛り上がるところもない・・・
まぁ、のんびりいきましょう(笑)

st6.jpg

清掃登山なので当然あたりを見回しながらゴミを拾うことになってますが
このあたりはほとんどゴミが落ちていませんでした。
たぶん、関門までいってから補給しようとか思って急いで走るところなので
うっかりゴミを落とすようなことがないんでしょうね・・・

あまり記憶のないアップダウンを何度か繰り返したら舗装路です。

st5.jpg

そこから一旦山に戻るとこれまたすぐに月夜見山・・・
これを下るとゴール。すぐに終わってしまうのはどうかということで
ここで休憩をとることになりました。

さてさてお待ちかねのSideBコンボの登場です。

st7.jpg

山の上なのでアルコールを多めにしてみましたが足りず。
沸騰前に消えてしまいました。
継ぎ足して温めチョコレートドリンクの素を入れて一息つきました。
歩いている距離も短いし、都民の森で買い食いもしているので
みなさんゆっくりする気配もなく・・・お待たせしてしまうことに。
すんませんでした。

グループ全員で記念撮影をしました。カメラマンはハリ天狗さん
Inoxのパックを背負っていたのであやしいなとは思っていましたが
有名人と同じグループだったなんて。うはー光栄であります。

休憩が終わったら下山して本日のゴール月夜見第2駐車場です。

st8.jpg

走ってゴールしたい気分でしたが普通に車が走っているので自粛。
ここに車を2台確保していたので2/3はそのままトン汁の待つ龍山荘事務所まで。
居残り5人は迎えを待ちます。

ここで、去年まで16時間台で今年は10時間半だったという青年から
速くなった理由を教わりました。
そのウルトラハイパーなスゴ技とはナントMUSASHIを飲むことだそうで・・・
どうやら本当のようですよ。
彼は1ヶ月に100kmしか走れないといってました。
もうね、早速明日MUSASHIを買ってきます。
これでもう来年のタイムは大丈夫。問題ありません。

それから1時間ほどして迎えの車が到着。
来るときに目の前でバイクがこけて救急車を呼んだりで遅くなったようです。
コワイコワイ。

下まで戻ってトン汁を2杯とプシュッと音のするものを胃に納め
ポカリスエット1.5Lペットをいただいて帰宅しました。

参加者の皆様おつかれさまでした。
posted by 書房 at 21:07| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ハイキング、登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

サイドB再び

T-z_stoveさんからアドバイスいただいたのでもう1度テストしてみました。
前回は火が安定するのを待ってしまったのがいけなかったようです。
コメントでいただいたように点火後10秒でマグを載せてみました。

sideb21.jpg
(手振れだぁ・・・)

今回はバッチリ。
マグを載せてから4分37秒でグラグラと。
おお、沸いた沸いたと眺めていたら4分53秒で火が消えました。

これはすごいです。ピッタリ沸くんですよ。
無駄がほとんどない。むー。すごいなぁ〜
そりゃぁ失敗するわけです。私が大雑把すぎました。

明日はハセツネコースの清掃登山なので
お昼の時間が長いようだったらこれを使って
アルファ米でも食べてみようと思います。
posted by 書房 at 19:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具:火器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

alcohol stove【極小】サイドB combo

軽量化第1弾としてT's stoveさんからサイドBcomboを購入。

sideb1.jpg

カタログスペック26.3g、袋込みで29〜30g(実測)でした。
ちなみにトランギアのアルコールストーブに十字ゴトク、自作防風で152g。
120gの減量です。小さな一歩ですがこれが大事だと先人達は言っています。

早速点火。
sideb3.jpg
sideb2.jpg

10ccで200ccの水を沸かしてみましたが、大きく沸き立つ前に消えてしまいました。
蓋をしていなかったのが失敗だったかな?
このへんシビアにできないようなら20cc入れてしまうのがいいのかも
でもそれだと燃料が多くなって計量化にならないか・・・
見極めるまでがんばります。

使ってみた感想はマグを載せるときに倒れやしないかと不安になるのと
やっぱりアルミなので粗雑に扱うとすぐに歪みそう。
どちらも承知で買ったんですが、ちょっと気をつけないといけないなと。
おっと、悪いことばっかりじゃありません。
軽さは当然のこと、小さくてシンプルなのがよいです。

あーはやく実践で使いたい。

その前に防風に穴をあけないと・・・
posted by 書房 at 22:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具:火器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

たまには自分を褒めてみたい。

パンがなければケーキを食べればいいじゃない。
走れなかったら泳げばいいじゃない。

足にダメージが残っていて走る気にはなれませんが
体力は大丈夫そうなので体をほぐしに泳いできました。
レースに出る度に凹んで帰ってくるわけですが
3日後に動けるようになっているなんて自分を褒めてあげたいところです。
動けないぐらいがんばって走ってこいよってな意見もありますけど
ぼーっとしているとあの時どうして走らなかったのかとか
反省が次から次へとできてキリがないので
よくがんばったと褒めて終わりにしたいと思うのです。
posted by 書房 at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後のレース

マラソンブーム、トレイルランブーム・・・
私が走り始めて3年と4ヶ月。
トレイルランのほうは見事に雑誌に乗せられています。
だから、現状を非難できる立場ではないのですが
この半年ぐらいはレースの締め切りが早すぎてうっかりしていると
まったくエントリーできない状態なのがつらすぎるのです。
ハセツネのときは気づいたタイミングがよくて助かりました。
新宿シティーハーフは泣きそうです。
今までは締切日の確認だけでしたがこれからは募集開始日を
しっかり覚えておくようにしないとダメですね。

ということで早速、来年分の申し込みを始めました。
エントリー、入金済みのレースは

10/26 第24回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン
11/02 森林浴トレイルラン in 精進湖、本栖湖
11/09 第8回陣馬トレイルレース
11/16 2008川崎国際多摩川マラソン
12/14 第9回みたけ山山岳マラソン
01/18 第28回フロストバイトロードレース
04/05 第11回 lafuma青梅高水山トレイルラン

新宿シティーハーフのかわりにフロストバイトでトレーナーもらってきます。
只今2,3月のレースを物色中
posted by 書房 at 12:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

またやってしまった

新宿シティーハーフが締め切られている・・・うあ〜〜〜〜
マラソンブームめっ!!
なにか探さなきゃだわ・・・・

by the way

審議があったのでなにがあったのかと思っていたら・・・
去年のハセツネDVDをみると最後に応援の人と一緒にゴールしている人が
本当にいなかったのですね。あまり意識していなかったんですけど。
今年違和感を感じたのはこういうことだったのかと。
私はあまり悪いことだとは思いませんが、大会の趣旨からしたらダメなんでしょうねぇ
posted by 書房 at 23:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハセツネ2008の装備と雑感

これを書いておくと来年の準備が楽です。

ウェア
PrimalWearのバイクジャージ
finetrackのノースリーブアンダーウェア
ワコールCW-X
アシックスの7分丈のジョギングパンツ
モンベルULウィンドジャケット、ライトシェルジャケット

前回はインナーで股ずれを起こしたので
CW-X直穿きの上にサポーターナシのランニングパンツにしてみました。
ワセリンも塗ってみましたが別の場所がスレて痛かったです。
もっと全体的にワセリン塗ればよかったです。
雨の心配がなかったので雨対策はULウィンドジャケットで。
ライトシェルジャケットも着ませんでした。
ULウィンドジャケットも気を失って体が冷えたときだけで
動き始めたらすぐに脱いでました。

装備
バックパック:リアクター(グレゴリー)
ライト:ICON(BlackDiamond)とコールマンのハンドライト
ハイドレーション:ハイドラパックリザーバー2リットル(旧モデル)
ファストエイドセット(自作)絆創膏、軟膏など
ロールペーパー(モンベルの分解されやすいヤツ)
速乾タオル、カメラ、地図、メモ帳、500mlボトル

前回のモクシーに変えてICONを使ってみました。
電池は最後まで問題なく持つし光量も十分でした。
ただ、やっぱり重いです。走っていると重さで跳ねてしまうので
ベルトをキツメにしていたら頭が痛くなってしまいました。
重いライトを1つよりも少し暗くても軽いライトを頭と腰につけるほうが
ストレスなく走れるのかなと思いました。まだまだ経験不足です。

水と食料
グリコCCD(2倍に薄めて2リットル)給水時用に1袋
濃い伊右衛門 500ml
おにぎりx2 ういろう1.5本(前日夜に9切れに分けてラップ巻き)
パワージェル梅x8 パーフェクトプラス SOYJOY(貰ったヤツ)
カロリーメイト(ブースで貰った) あとなんかカロリーメイトっぽいなにか
WGHProx5 アミノバリュー粉末(貰ったやつ) 塩飴をいくつか

ここのところメダリストを飲んでいましたが、魚のニオイがする気がして
CCDに戻しました。効果のほどはともかくとして味が好きです。
関門ごとにういろうとお茶。日本人でよかった!
前回は第2関門前に水が尽きましたが同じ量で大丈夫でした。
黒糖が食べづらかったのでやっぱりパワージェル。やっぱり下し気味。
アミノバリューの粉末は使ったもののWGHProは手をつけず。
固形物を口にすることが多くて粉末まで気が回らない。
必要なカロリーを摂取できていなかったのが反省点です。

雑感
一人分の幅のところで渋滞気味のときに脇から抜いていく人が多かったです。
レースなのでそんなに行儀良く並んで走る必要はないわけですが
明らかに登山道を外れて抜いていくのはどうかと思います。
それと同時に渋滞の原因になっていることに気づかず道を譲らない人が
多かったことも事実。
マーシャルが渋滞の先頭だったのはどうかと思いました。

次は私のワガママな話。

クマ鈴のプレッシャーが怖い。
想像ですが、クマ鈴をつけている人は熊をよける効果以外に
自分の存在を他の参加者に教えることによってスムーズに
道を譲ったりとか譲られたりとかできると思っているんでしょうけども
(実際、前が詰まるっていると取り出して鳴らしている人を目撃しました。)
かなり遠くから聞こえてきて徐々に近づいてくるのがものすごいプレッシャーなんです。
早くどけと言われているようで怖いんですよ。
そんなことをしなくても足音で気づけるし、
一言声を掛け合えばスムーズにいくんじゃないかと思うのです。
じゃぁ、熊に遭遇したらどうするの?って言われそうですが
夜はともかく、早い時間帯で渋滞気味な人の多い場所では熊はでないんじゃないですかね?
熊にあって怪我をしたらどうしてくれると言われれば反論できないので
ただのワガママな意見なんですけどね。

70歳台の完走者のゴールはかっこいい。
でも70歳で完走しているからカッコイイというのではないです。
70歳以上でしかもみなさん颯爽とゴールされているのでカッコイイのです。
あこがれます。

このままだと際限なくダラダラ書きそうなので今回はこのへんで。
posted by 書房 at 12:35| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

第16回日本山岳耐久レース

無事にゴールして帰宅しました。
あっさりめのレポートというか私に起こったことを書きます。

更衣室の場所を確保するため前回よりも早めに到着したにもかかわらず
もうすでにフロアはいっぱい。仕方がないので2階の狭いところに寝床を設置。
リタイアしたときのことなんて考えなければどこでもいいわけだし
荷物も少なくていいんですけどねぇ・・・不安で一式持って行ってます。

大混雑の受付をすませ準備をしてからパラダイス企画の方々と合流。
まだ2回目ということで「誰?」って感じでした(笑)
写真をとったり雑談したりしながらスタートを待ちます。
どうも進行が遅れ気味のようでスタート10分前にエアロビとか(笑)

目標は日の出の前にゴールすること。
できれば16時間を切りたいと思ってスタートしました。
全力を出せるのは明るいうちだけと思い本気で走ります。
どのレースでも序盤だけで後半グダグダという話もありますが・・・

入山峠までの渋滞は仕方のないことですが、その先でも渋滞が何度か。
去年はなかった気がします。
後半ならいくらでも抜いてもらってかまわないので前半は抜かさせてね
なんてワガママで迷惑なことを考えつつ進んでいきます。
醍醐丸から藤生山向かう途中で暗くなってきました。
第一関門までライトなしでどうにかたどり着きましたが
途中でスピードが落ちた気もするのでちょっと後悔しました。

第1関門 5時間36分57秒
ここでういろうを3切れ。ライトを点けて出発。
なんでか解らない超ハイパー思考によりここからはゆっくりで大丈夫。
足を使い切らないが至上命題。歩くように上るを心がけました。
上るときはどうしても前傾して膝を高く上げてしまうので
基本に立ち返り歩幅を狭くして、膝を上げない。
当然、いつものスピードはでないわけですが、とても楽。
おかげさまで前回苦しかった三頭山、御前山の上りがまったく苦でなくなりました。
反射板が困った顔に見えることで有名な三頭山ですが上位版を発見しました。
帽子を後ろに被っていてその反射板が顔。ザックの反射板が体なのです。
hanshaban.jpg

ここで問題発生。お腹が空きました。(えっ?)
行動食やジェルを口にしていると空腹を感じることはなかったのに
今回はなにを食べてもすぐにお腹が空いてしまってダメでした。
でも、まだ気分よく進めていたし、食べることはしていたので
問題なかろうと第2関門で食事にすることにしました。

ということで第2関門に到着。10時24分15秒
ここでおにぎり2個とういろう3切れ。
いや、これが出し失敗で食べすぎ・・・
このあと2時間ぐらい満腹感を感じ、それがこなれてきたら今度は眠いという・・・
前回は初めてということもあってまったく眠くならなかったので
気にしてなかったんですけど、とにかく眠い。
このままでは危険と判断して大岳山の手前で5分ほど座ってウトウト。
完全に気を失ったのは1分もなかったと思いますが
眠気も去って動けるようになりました。
どうにも記憶と違う大岳山を越えてお待ちかねの水場へ。
ここで顔を洗うのが好きなのです。
サッパリしたら第3関門。3時21分31秒。
さて、ここで何を勘違いしたんだか日の出まで2時間半あると思い
余裕じゃないっすかって思う俺ガイル。
そして、日の出山までガマンしてそこから勝負と・・・
日の出山ではゆっくり写真撮ったりして・・・
そこで横にいた人の会話が
「ここで日の出を見ようと思ってたけど時間が・・・」云々・・・
ん?なんかおかしい。どこにあわせてゴールをするのか?
時計をストップウォッチに戻す。
ヴぇ?!
15時間?うぇ〜っ!
なぜ?いつから日の出が6時40分ごろになったのか?
誰が一体そんなバカなことを思ったのか。(自分)
あわてて走り出すバカ1名。
まぁ、16時間に間に合うわけがありっこないわけですが・・・
4時57分で残り5km地点に到着。終了のお知らせ。
日の出前に標準を合わせるもモチベーション低下により睡魔襲来。
どうにも目を開けていることができず、座り込んで気絶x2
辺りはどんどん明るくなっていきます。
さすがに2回目の気絶で睡魔とおさらばし、走り続けます。
5kmの下りをただひたすら。
舗装された急坂をあれほど走ったのは初めてかもしれません。
例え日の出が無理でも前回より30分は早くと。
(ハードルさげまくり・・・)

ゴール時間:5時47分23秒
日の出時間:5時46分

燃え尽きちまったよ・・・真っ白にな・・・
posted by 書房 at 17:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイルラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

行ってきます。

参加者のみなさん、現地でお会いしましょう。
posted by 書房 at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

バッサリでサッパリでデコッパチ

ひたいの面積が尋常じゃないです。
のっぺらぼうかと思いましたよ。
deko.jpg

そんなわけで、ざっくり短くしてきました。額でテニスできます。
前回の日記を読み返したらかなりネガティブ入ってきていたので気分転換です。

床屋で切ってもらっているときにオデコが広いという話をしていたら
額が狭いのもそれはそれで悩みとのこと。顔が暗く見えるのだとか。
人それぞれなのですね、こういうことは。
いや、別にオデコが広いのを悩んでいるわけではないです。
どちらかというと頭がデカくて長いってほうが問題かな。

それはともかく、さっぱりして気合十分なのであります。
posted by 書房 at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

走ってしまいました&銚子リザルト

9月後半から足に張りがあって膝に軽い痛みを感じることがあったので
ハセツネの1週間前から休むことにして万全の状態で臨むつもりが
どうにも練習不足なのが不安で。
いまさら走ったところで速く走れるようになるわけでもないのに・・・
ココロが弱いです。ホント。

銚子トライアスロンのリザルトが出ていてスイム32分53秒でした。
私個人としてはベストなんですけどもやっぱり30分は切らなくちゃって感じです。
練習のバランス考えないといけません。
今のままだと全部が全部練習不足なんですよね。
posted by 書房 at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

エントリー追加

銚子の別れ際に「ではまた、みたけで」ということになったので
みたけ山山岳マラソンにエントリーしました。
年内のトレイルのレースはハセツネ、陣馬、みたけの3つです。

自分ではトレイルランがメインのつもりなんですけど
ちょっと練習に行く回数が少なすぎですよねぇ・・・
青梅、奥多摩の山を夜を含めてほぼ毎日走っている
inoxさんがとても羨ましくて引っ越してしまいたいぐらいです。
でも、猫を連れての引越しはツライことが多ので踏み切れません。
前回の引越しから1年しか経ってませんしね。

ハセツネを前にこんなこと書いててどうするのか・・・
posted by 書房 at 23:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

銚子マリーナ国際トライスロン大会

chousi1.jpg

前日入りで参加してきました。写真は前日夕方の会場です。
リレーの部でスイム担当。
後のことを考えずに全力で泳げるのは楽でいいですね。
会場は奥まったところにあるのでベタ凪でブイも見やすいです。
10月なので寒かったらイヤだなーなんて思っていたら
キレイに晴れ上がって気温も上昇。
冷たい海が心地よい感じでした。

chousi2.jpg

今回は知り合い3チームで参加。
1チームは入賞狙いで残りは楽しく行きましょうチーム。
私は当然楽しくいきます。
楽しくのもう1チームのスイム担当はオープンウォーターデビューということで
スタート前に緊張しすぎて老人のような顔になってました。
泳ぎ始めてからもうまく泳げなくて1度最後尾まで落ちた模様。
そんなにナーバスになるようなことでもないハズなんですけど
まぁ人それぞれですから、なんとも言えませんが・・・

私はといえば、相変わらずのテキトウさ。
いや、開きなおりといいますか・・・だって速く泳げないすから!
密度の高いところでは周りが気になって進めないのは毎度のこと。
3ウェーブ制の最後だったのでバラけるのが早かったのが救いでした。
1周目の後半で1ウェーブスタート選手に抜かされ始めました。
もう進み方がまったく違うんですよね。
どっかにモーター付いてるんじゃないかと疑うほど。
1周目が終わり1度浜に上がってブイを周ります。
そこでわざわざチームメイトのところに駆け寄り他のチームの様子を聞いて2周目に。
このころは周りに人も少なくて自分の泳ぎに集中できます。
釜石では抜かされるばかりでしたが、今回は後半に順位を上げていけたので
かなり満足できる内容でした。タイムはたいしたことないですけどね。

浜にあがったらトランジットゾーンまで100mぐらい走ります。
ここが一番つらいですね。周囲の目があるのであまり手抜きできませんし。
水からあがった直後なので体が思いし。
どうにかこうにか走りきってバトンタッチ。
チームメイトを送りだします。

バイクコースは会場から少し離れたところでの周回。
そこまで応援しにいく元気はありませんでした。
着替えて、水分補給をし、バナナを食べたりショップをみたりしながら
バイクの帰りを待ちます。
1時間30分ぐらいかかる予定なのでのんびりもいいところ。
バイクフィニッシュ地点で速い選手を応援しつつ
さっき泳いでいたことを徐々に忘れつつ、
白戸太朗さんの実況で盛り上がるなか午前中を過ごします。

バイクからランへのバトンタッチが終わったところで
つみれ汁をいただきました。おかわり自由。
天気もいいし、お腹も満足。もう本来の目的を忘れそう。
ランは2周回なので20分待って応援を2回。
気温がグングン上がってランの選手は大変そうでした。

最後は3人で手をつないでフィニッシュ。
一人で参加して寂しくゴールすることが多いので嬉しかったです。
3時間チョイでのゴールでした。(詳細は不明)

3チームでは最後でしたけど、楽しかったので大満足です。
また、来年もみんなで参加できるといいな。
posted by 書房 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

悩んでいるような、いないような?

明後日は銚子トライアスロンのリレーにスイムで参加します。
ここのところの疲れがとれてなかったので、昨日今日と練習はお休み。
火曜日に軽く走って本番ということになりそうです。

さて、何を悩んでいるのかというと、これから来年の5月ぐらいまでの
ハイキングで着るものや使う道具について。
買わなければいけないものが多すぎてたいへんです。

まず寝るときに着るもの。
値段を考えるとモンベルのダウンインナーが妥当なところ。
でも、でもですよ、またモンベル?的なものがありまして・・・
ダウンでこの値段は他にはないんですよね。最低でも倍はします。
ちょっと悩んでしまいます。

続きましてトレッキングポール。これまではナシできました。
走っていることの延長で山に入ったのでそういう発想がなかったんです。
でも、これから、雪山に入ることは少なかったとしても
凍っていて危ないところを歩くことは結構あるんじゃないかと思います。
アイゼンは当然としてトレッキングポールもあれば
無駄にケガをすることを避けられるはず。
ただ、これ買ってしまうとポールを使う軽量シェルターを買ってしまいそうで・・・
無間地獄に落ちてしまうんじゃないかと心配です。
(あえて突っ込んで行きたい気がしなくもなく・・・)

そして、靴。
今はトレラン用のシューズで歩き回っていますが
雪の中を歩くことになるならそれなりにしっかりしたモノが必要になります。(きっと)
これがまた・・・本当に雪の中を歩くとこになるのかなぁ・・・
山に行くならそういった可能性があるのは分かってます。
でも根本的に行くのかなぁ?あたりが問題でして・・・

そのほかにも細々あるわけですが、キリがないのでこんなところにしておきます。
とりあえず買ってしまって、物欲満足とかいうぐらい
余裕がある生活ならよかったんですけどね・・・
posted by 書房 at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。